エクセルで取り消しを引く!二重線にする・ショートカットも紹介

Excel パソコン

エクセル(Excel)はものすごく多機能な表計算ソフトですので、使いこなせれば本当に便利です。それだけに「できる」とわかっている機能でも使い方がよくわからなくて困ることがあります。

その代表的な機能であるのが「エクセルで取り消し線を引く」機能です。以下にその使い方を紹介します。

またショートカットについても紹介しますが、ショートカットとはWindowsとMacで異なりますので、それぞれについて紹介します。

スポンサードリンク

エクセルで取り消しを引く方法

ワード(Word)の場合は画面上部のリボンの「フォント」のボタンが並んでいるところの中に「取り消し線」のボタンがありますので、これをクリックするだけで文字に取り消し線を引くことができます。

ところがエクセル(Excel)の場合は、デフォルトではリボンのところに「取り消し線」のボタンがありませんので、どのような操作でセルの中の文字に取り消し線を引けるのかわかりにくいです。

まず「取り消し線」を引きたいセルに文字を入力し、そのセルを右クリックし、以下のようなメニューを開きます。メニューの中から「セルの書式設定」を選択します。

Excel

そうすると以下の「セルの書式設定」ウインドウが開きますので、左中央辺りにある「文字飾り」の中の「取り消し線」のチェックボックスにチェックを入れます。

Excel

これで以下のようにセル内の文字に取り消し線を引くことができます。

Excel

複数のセル内の文字に一度に取り消し線を引く

取り消し線を引きたいセルが複数ある場合は、それらのセルをすべて指定し、同様の操作をすることで一度に取り消し線を引くことができます。

Excel

各セルを1つずつ操作する必要はありませんので、簡単ですね。また取り消し線はセル内の文字の上に引かれますので、セルを跨いで引かれることはありません。

エクセルで取り引き線を引くショートカットキー

前述の手順でエクセルのセル中の文字に取り消し線を引くことができます。しかし、この操作もショートカットキーを使えばもっとスピーディにできます。

セルを選択し、ショートカットキーを押します。

Windowsの場合は、[Ctrl]+[5]です。
Macの場合は、[command]+[shift]+[x]です。

ショートカットキーを使う場合でも、同様に複数のセルを指定して一度の操作で取り消し線を引くことができます。


スポンサードリンク

「取り消し線」ボタンをリボンに追加する

ショートカットキーは非常に便利なのですが、人によっては「取り消し線」を使う頻度がそれほどではない場合もあります。あまり頻繁に使わないとショートカットキーを忘れてしまうことも少なくありません。

それほど頻繁に使わない操作ならば、ショートカットキーよりもリボンなどにボタンが設置されている方が便利でしょう。そこで「取り消し線」のボタンをリボンに追加する方法を以下に紹介します。

まずリボンの適当な場所を右クリックします。そうすると以下のようなメニューが開きますので、「リボンのユーザー設定」を選択します。

Excel

「Excelのオプション」ウインドウが開きます。次に右側の「メインタブ」の中から「フォント」を選び、下部にある「新しいグループ」をクリックします。ここでは「取り消し線」を設定する場所として「フォント」の中が適当と考えたために「フォント」を選択しています。他の場所を選びたい場合は、好みの場所を選んで構いません。

Excel

次に追加された「新しいグループ(ユーザー設定)」を選択し、下部の「名前の変更」をクリックします。

Excel

そうすると以下のウインドウが開きますので、「表示名」に「取り消し線」と入力し、「OK」をクリックします。

Excel

再度「Excelのオプション」ウインドウに戻りますので、「コマンドの選択」から「リボンにないコマンド」を選び、表示されるメニューの中から「取り消し線」を選び、「追加」をクリックします。

Excel

右側に「取り消し線」が追加されたのを確認した後に、「OK」をクリックします。

ExcelのSheetが表示される画面の「ホーム」タブのリボンを見ると、「フォント」の横に「取り消し線」のボタンが表示されているのを確認しましょう。

Excel

「取り消し線」ボタンをリボンに追加できないこともある

使用しているExcelのバージョンと契約状況によっては、前述の方法で「取り消し線」ボタンをリボンに追加できないこともあります。実際、私のMacBookにインストールしているのは「Microsoft Excel for Mac バージョン 16.16.27」で、買取のソフトウェアなのですが、以下のように表示されました。

Excel

Office 365 Subscriptionの契約をしないとリボンをカスタマイズする機能が使えないとのことです。

このような場合は、「クイックアクセスツールバー」には「取り消し線」ボタンを追加できますので、そちらを利用すると良いでしょう。次項で説明します。

「取り消し線」ボタンをクイックアクセスツールバーに追加する

以下のような手順でクイックアクセスツールバーに「取り消し線」ボタンを追加します。

まず「Excel」をクリックしてメニューを開き、「環境設定」を選択します。

Excel

「Excel環境設定」のウインドウが開きますので、その中から「リボンとツールバー」を選択します。

Excel

すると「リボンとツールバー」のウインドウが開きますので、「クイックアクセスツールバー」をクリックします。さらに「コマンドの選択」から「リボンにないコマンド」を選び、表示されるコマンドの中から「取り消し線」を選択し、追加の「>」ボタンをクリックします。最後に右下の「保存」をクリックします。

Excel

そうすると非常にわかりにくいのですが、エクセルのSheetのウインドウの一番上のところにあるクイックアクセスツールバーに「取り消し線」のボタンが追加されます。

Excel

以降はこのボタンをクリックすれば、すぐに取り消し線を引くことができますので便利です!

取り消し線を二重線にする方法

上記で紹介したエクセルの取り消し線を引く方法では、残念ながら二重線を引くことができません。その代わりに以下の2つの方法で、エクセルのSheet上の文字の上に取り消し線の二重線を引くことができます。いずれの方法も長所短所がありますので、慎重に利用しましょう。

セルの上に二重線を描く方法

まず図形ボタンをクリックし、「直線」を選択します。

Excel

取り消し線を引きたい文字の上に直線を描きます。

Excel

直線を右クリックし、メニューから「図形の書式設定」を選びます。開いた「図形の書式設定」ウインドウの中から「一重線/多重線」をクリックし、二重線を選択します。

Excel

これに二重線になっているのですが、実は線の幅が「0.5pt」になっていると、細すぎて二重線に見えません。焦らずに再度「図形の書式設定」に戻り、線の「幅」を選択して、好みの幅にしましょう。私は「3pt」程度を選んでいます。

Excel

これで以下のように二重線が描けます。

Excel

この方法の長所は、セルに入力された数字・文字の上に直接二重線を描けることです。短所は、エクセルファイルを他の人とやり取りしたりすると、ファイルを開くパソコンの環境によっては文字と二重線がずれる可能性があること。さらに印刷した時にも文字と二重線がずれる可能性があることです。

テキストボックスで二重線を描く方法

エクセルのSheet上の任意の場所にテキストボックスを配置し、その中に文字を入力し、文字を選択します。

Excel

選択した文字を右クリックし、開いたメニューから「フォント」を選択します。

Excel

次に開いた「フォント」のウインドウから「二重取り消し線」のチェックボックスにチェックを入れ、右下の「OK」をクリックします。

Excel

以下のようにテキストボックス内の文字の上に二重線を引くことができます。

Excel

この方法では、一部の文字だけを選択すれば、選択した文字だけに取り消し線を引くことができます。

Excel

この方法の長所は、テキストボックス内に文字と取り消し線を描いているので、これらがズレることは基本的には無いことです。短所は、セルに入力した文字の上に取り消し線を引いているわけではありませんので、いろいろな書式等を設定したSheetに新たにテキストボックスを挿入しなければならず、その文字列にはエクセルのその他の機能は連動しないということです。

まとめ

エクセルの取り消し線の引き方について紹介しました。「取り消し線」だけでもいろいろとあることがわかります。自分がよく利用する使い方に合わせて、必要な機能だけ選びましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました