テクノロジー

ノートパソコンが熱くなる原因と対策は?究極はこれ!

投稿日:2018年7月18日 更新日:

数年前からデスクトップパソコンよりもノートパソコンの普及率の方が高くなったと言われています。私もノートパソコンを使っています。狭い日本の住宅事情では、コンパクトなノートパソコンは便利ですので、ノートパソコンが好まれるのも納得です。ところでノートパソコンは、そのコンパクトなボディに多くの電子部品を実装していますので、発熱し、非常に熱くなるケースがあります。ノートパソコンの熱くなる原因と対策について紹介します。

スポンサードリンク

ノートパソコンが熱くなる原因は?

ノートパソコンにはCPUやストレージ(HDD、SSD)、メモリー、バッテリーなどの多くの電子部品が組み込まれています。電子部品は、基本的には電力を使うと発熱します。エネルギー効率が100%ということはなく、ロスになるエネルギーが熱になるからです。バッテリーについては、充電して電気を蓄えたり、電気を放出するものですが、同様に充放電の効率が100%ということはなく、ロスになるエネルギーが熱になります。

いくつかの電子部品の中でも発熱量がもっとも大きく、ノートパソコンを熱くする最大の原因となるのがCPUです。特に処理速度が速い高性能なCPUをフルに使うゲームなどを使った場合などは、発熱量が非常に大きくなります。

ノートパソコンでは、ボディ内部で発生した熱を外部へ排出するためのファンが装備されています。しかし、最近のノートパソコンは薄く、スタイリッシュになっているため、内部の空間も狭く、ファンで送風して排熱することも難易度が高くなっているようです。また排気をするということは、どこかから吸気をしなければならず、ホコリ等が少しずつ内部に蓄積していきます。溜まったホコリ等によって内部の空気の流れが悪くなると、冷却効率が低下し、さらにノートパソコンを熱くする原因となります。

またノートパソコンのデザインよっては、ボディの底面に排気口があるものもあります。そのようなタイプのノートパソコンの場合、排気口が塞がれたり、風の流れが妨げられたりすると、同様に冷却効率が下がり、熱くなります。よくあるのは、椅子に座り、ノートパソコンを足の上において使う時などに排気口を塞いでしまうパターンです。ひどい時にはノートパソコンの内部温度が高くなり、止まってしまうこともあります。

ノートパソコンが熱くなる場合の対策は?

ノートパソコンが熱くなると、ファンの音がうるさくなったり、動作が遅くなったりするだけではなく、内部の電子部品に少しずつダメージを与え、寿命を縮めます。ノートパソコンに負荷の大きい使い方をして、頻繁に熱くなる場合には、外部から冷却すると良いでしょう。

外部から冷却する方式もいくつかありますが、以下のようにノートパソコン底面側から送風するタイプがシンプルで確実です。ファンの静音性にも配慮されたものが比較的安価に購入できますので、これでノートパソコンの発熱によるダメージを減らせるのであれば、十分に投資する価値があるでしょう。以下のバナーは人気の冷却台です。


スポンサードリンク

ノートパソコンが熱くなる場合の究極の対策は?

ノートパソコンは長く使っていると、どうしても徐々に部品が劣化してきますし、内部にホコリ等が溜まってきます。またOS等のアップデートにより、普通に使っていてもCPUへの負荷が高くなり、発熱しやすくなる傾向があります。

以前、私が使っていたノートパソコンも年々発熱がひどくなりました。インターネットでその機種を検索してみると、同じように発熱で困っているユーザーの記事が多数ヒットしました。そもそもCPUの発熱量とノートパソコンの排熱能力から考えて、「設計ミス」との意見も多数ありました。真偽のほどは分かりませんが、普通に使っていてもファンの音がうるさくて、頻繁に動作が遅くなるほどの発熱に悩まされていたことは事実です。

これらのことからノートパソコンが熱くなって困っている方で、以下のような点に該当する方は「新しいノートパソコンに買い替える」という究極の方法を検討した方が良い場合もあります。

1.5年以上使用し、新品の頃よりも年々発熱量が増えている場合。内部の部品が劣化していたり、ホコリが溜まるなどして冷却効率が落ちている可能性があります。有料で内部のホコリをクリーニングするサービスもありますが、部品が劣化しているならばいつ使えなくなっても不思議ではありません。

2.自分のノートパソコンの機種をインターネットで検索して、発熱で困っているユーザーの記事が多数ヒットする場合。その機種の設計に問題がある可能性があります。使い続けて長期間悩まされるよりは、少しでも下取りの条件が良い時に売って、新しいものに買い替えた方が無難な可能性が高いです。

まとめ

ノートパソコンが熱くなって困っているという話は案外よく聞きます。どれぐらい負荷の高いタスクをパソコンで行うかにも依りますので一概には言えませんが、発売後数ヶ月が経過している機種であれば、インターネットで該当する機種の発熱について検索してみると、発熱しやすい機種に関しては関連記事が出てくる可能性があります。特にこれから購入を考えている方は検索してみると良いでしょう。

最近のノートパソコンはHDDとSSDをそれぞれ搭載したものがあります。購入するならばどちらが良いのでしょうか?こちらの記事「ノートパソコン買うならばSSDとHDDのどちらを選ぶべきか?」をご覧ください。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

CDから音楽をパソコンへ取り込む方法!MacBook Proの場合

スポンサードリンク 最近は音楽をインターネット経由で簡単にダウンロードできるようになりました。そのためCDの売り上げが年々減少していますが、ある程度以上の年齢の方々はこれまで購入したCDが家にある …

トヨタ自動車はなぜHVだけでなくEVとFCVの開発を続けるのか?

スポンサードリンク トヨタ自動車は、日本最大であるだけでなく、世界でもフォルクスワーゲングループなどと首位を争う自動車メーカーです。ハイブリッドカーでは世界トップですが、電気自動車や燃料電池車の研 …

太陽光発電と蓄電池の価格が下る!風力発電と合わせて普及する!

スポンサードリンク 太陽の光を利用して発電する太陽光発電は、クリーンで静かで魅力的な発電です。東日本大震災以降は、電力の需給が逼迫したこともあり、多くの太陽光発電設備が作られました。しかし、それで …

電気自動車は環境にいいのか?デメリットは?普及の課題は?

スポンサードリンク フランスとイギリスが2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する見通しです。いくつかの自動車メーカーでは、電気自動車(EV)の生産・販売に力を入れて行くことを表明し …

WiFiのスピードが遅い場合の原因と対策!

スポンサードリンク 自宅でインターネットを存分に楽しむためには、光ファイバー回線などのブロードバンド回線を引き込み、最新のWiFiルーターを接続して使用する方法がおすすめです。スマホなどのデータ通 …

最近のコメント