Apple Watch

Apple Watchにカレンダーの通知を表示させる方法

投稿日:2018年7月21日 更新日:

Apple Watchには、カレンダーアプリの予定・イベントを、設定したタイミングで通知し、表示できます。カレンダーアプリは、iPhone、iPad、MacBookに標準でインストールされており、これらの機器間でCloudを介して同期させることができますので非常に便利です。特にApple Watchに通知できれば、これらの機器を取り出さずとも、予定を忘れないで済むでしょう。以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

Apple Watchにカレンダーの通知を表示させる方法

Apple Watchでカレンダーアプリの予定・イベントの通知を表示させるには、iPhone側で以下のように設定する必要があります。

1.iPhoneの[設定]>[カレンダー]>[デフォルトの通知の時間]>[イベント]と進むと、以下のような画面が表示されますので、イベントの予定時刻に対してどのようなタイミングで通知を表示させたいのか、好みに合わせて選択します。ここが[なし]になっていると通知を受けられません。

2.iPhoneのWatchアプリを起動し、[カレンダー]をタップすると以下のような画面が表示されますので、[iPhoneを反映]を選びます。

以上で設定は終了です。これで設定したタイミングでApple Watchに予定・イベントが通知され、表示されます。

Apple Watchにカレンダーの通知が表示されない?

iPhoneなどでカレンダーに入力した予定・イベントが、Apple Watchに通知が来ない場合があります。私も、当初はそのようなことがあり、Apple Watchへのカレンダーアプリからの通知を使いこなせませんでした。予定を知らせてくれると思っていて通知が来ない場合は、予定を忘れてしまう可能性が高くなってしまいますので。

そのようなミスを減らすため、以下の点を確認しましょう。

1.前述のiPhoneの設定が正しくできていることを確認する。

2.通知が来る時刻にApple Watchを腕に装着している。

3.通知が来る時刻にApple Watchのロックが解除されている。

4.通知が来る時刻にiPhoneがロックしている。

これらをすべて満たしていないと、Apple Watchに通知が来ません。よくあるパターンは、通知が来る時刻にiPhoneを使用していて、Apple Watchには通知が来ないというものです。この場合は、iPhoneには通知が来るのですが、Webを見ていたり、Lineやメールを書いていたり、ゲームをやっていたりすると、通知が表示されているにもかかわらず、あまり意識せずにそれを消してしまうことがあります。特にApple Watchが知らせてくれると思っていて、iPhoneの表示を消してしまうと、予定の時刻を過ぎてしまうことがありますので、注意が必要です。


スポンサードリンク

Apple Watchでカレンダーの予定を確認

Apple Watchが予定・イベントを以下のように表示してくれた時に、それ以降の予定やその月のカレンダーを確認したくなることがあります。

このままデジタルクラウンを回すと、当日から一週間分の予定が確認できます。

次に画面を強く押し込んでみましょう。次のような表示方法の切り替えメニューが表示されます。

[リスト]をタップすると、予定・イベントのみがリスト表示されます。

画面左上の[今日]をタップすると、今月のカレンダーが表示されます。

今月のカレンダー表示画面をタップすると、[リスト]画面に戻ります。そこで再度画面を強く押し込むと、表示方法切替画面が表示されます。今度は[日]をタップすると、次のような時間軸に沿って、予定・イベントが表示されます。デジタルクラウンを回せば、予定が確認できます。

ここでも同様に画面左上の[今日]をタップすると今月のカレンダーが表示されます。Apple Watchだけでスケジュールが確認できるなんて便利ですね。

*Apple Watchでは上記のように標準で今月のカレンダーを表示することはできますが、先月や来月のカレンダーを表示することはできません。これらを表示させたい場合はアプリをインストーるする必要があります。こちらの記事「Apple Watchのカレンダーアプリで月表示する方法は?」で紹介しています。

Apple Watchにはリマインダーもあります。毎日繰り返すようなことについてはリマインダーの方が便利なこともあります。詳しくはこちらの記事「Apple WatchとiPhoneのリマインダーの使い方!繰り返しや買い物メモなど」をご覧ください。

まとめ

Apple Watchにカレンダーアプリに入力した予定・イベントを、予定時刻に対し15分前などの好みのタイミングで通知する方法を紹介しました。慣れてくると非常に便利ですので、使いこなしてしまいましょう!

▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

スポンサードリンク


-Apple Watch
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Apple Watch 5または4の心電図機能は日本では使えない?裏技は?

スポンサードリンク 2018年に発売されたApple Watch Series 4の最大の注目機能は、心電図機能です。これを最初に聞いた時は、「欲しい!心電図機能を使ってみたい!」と思いましたが、 …

Apple Watch 3 CellularモデルとGPSモデルの違いは?

スポンサードリンク Apple Watchには、第3世代の「Series 3」になって初めて、セルラー通信に対応したApple Watch 3 Cellularモデルが登場しました。セルラー通信機 …

Apple Watchのコンプリケーションと文字盤のおすすめは?

スポンサードリンク Apple Watchは多機能で魅力的なスマートウォッチですが、単体としての操作は文字盤上の特定の部分をタップして行うことになりますので、どの文字盤を選びどのようにカスタマイズ …

Apple Watchのボイスレコーダーの無料アプリはこれ!

スポンサードリンク Apple Watchはいつも手首に装着しているので、iPhoneを取り出さずにApple Watchでいろいろなことができると便利です。日常のいろいろな場面で、音声を録音して …

Apple Watchのアイコンのレイアウトを変更する方法

スポンサードリンク Apple Watchは多機能なスマートウォッチですので、その小さなボディに多くのアプリがインストールできます。そのためすべてのAppのアイコンを表示する画面では、多くの使用し …

最近のコメント