Apple Watch

Apple Watchのストップウォッチはアナログとデジタルがある!

投稿日:2018年8月4日 更新日:

日常のいろいろな場面で時間を計測したいことがあります。そんな時にApple Watchのストップウォッチは便利です。シンプルなただのストップウォッチと思われるかもしれませんが、アナログ版、デジタル版、グラフ版など、いくつかの表示モードを選ぶことができます。以下に紹介します。

スポンサードリンク

Apple Watchのストップウォッチのアナログ版

Apple Watchのストップウォッチを使用するには、まずデジタルクラウンを押してホーム画面を表示し、オレンジ色のストップウォッチアプリのアイコンをタップします。

するとデフォルトでは以下のアナログ版ストップウォッチの画面が表示されます。

緑色のボタンをタップすると計測がスタートします。

この状態で赤いボタンを押すとストップします。赤いボタンではなく白いボタンを押すと、ラップ時間の計測が始まり、青い針が表示されます。

最後に赤いボタンをタップして計測を終了します。

これだけならば非常にシンプルなアナログストップウォッチなのですが、画面を押し込むと以下のメニュー画面が表示され、ストップウォッチの表示形式を選べます。

Apple Watchのストップウォッチのデジタル版

メニュー画面から[デジタル]を選んでタップすると、以下のデジタル版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップするとラップ時間の計測が始まります。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。


スポンサードリンク

Apple Watchのストップウォッチのグラフ版

メニュー画面から[グラフ]ボタンをタップすると、以下のグラフ版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップすると、ラップ時間の計測が始まり、グラフが表示されます。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。

Apple Watchのストップウォッチの混合版

メニュー画面から[混合]ボタンをタップすると、以下の混合版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップすると、ラップ時間の計測が始まり、グラフが表示されます。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。

まとめ

Apple Watchのストップウォッチの多彩な表示モードについて紹介しました。好みの表示にしてApple Watchを楽しみましょう!

Apple Watchを使いこなすためにこちらの記事「Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ」もご覧ください。

スポンサードリンク


-Apple Watch
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Apple Watch 3で恥をかかない使い方の基本!消音など

スポンサードリンク Apple Watch 3を買って、腕に付けて外出すると、何だか気分が良いですね。しかし、Apple Watch 3の使い方を把握していないと、困ってしまうことがあります。最低 …

Apple Watch 3の防水性能は?充電方式と耐水性能について

スポンサードリンク Apple Watch 3でワークアウトの記録などを取れるので、楽しくて運動中も装着する人も多いでしょう。身体を動かしていると汗を書きますので、気になるのがApple Watc …

Apple Watchでヘルスケア 消費カロリー・心拍数の計測

スポンサードリンク 以前は某日本メーカーのリストバンド型活動量計を使っていたのですが、時計機能がないタイプを選んでしまったので、時刻がわからなくて時計タイプのものに買い換えました。いくつか比較して …

Apple Watchの海外旅行での時計の調整方法は?

スポンサードリンク Apple Watchを使い人はかなり増えたような感じがします。使いこなせれば魅力的なスマートウォッチですね。Apple Watchをかなり使いこなしている人でも、まだ海外に持 …

Apple Watch 3 GPSでできること 使いこなす!買ってみた!

最近、Apple Watch 3 GPSモデル買いました。もしかしたらApple Watch 3を買いたいと思いながらも、「上手く使いこなせるかな?」と不安を感じて買うのを躊躇している方もいらっしゃる …

最近のコメント