テクノロジー

Apple Watchのストップウォッチはアナログとデジタルがある!

投稿日:2018年8月4日 更新日:

日常のいろいろな場面で時間を計測したいことがあります。そんな時にApple Watchのストップウォッチは便利です。シンプルなただのストップウォッチと思われるかもしれませんが、アナログ版、デジタル版、グラフ版など、いくつかの表示モードを選ぶことができます。以下に紹介します。

スポンサードリンク

Apple Watchのストップウォッチのアナログ版

Apple Watchのストップウォッチを使用するには、まずデジタルクラウンを押してホーム画面を表示し、オレンジ色のストップウォッチアプリのアイコンをタップします。

するとデフォルトでは以下のアナログ版ストップウォッチの画面が表示されます。

緑色のボタンをタップすると計測がスタートします。

この状態で赤いボタンを押すとストップします。赤いボタンではなく白いボタンを押すと、ラップ時間の計測が始まり、青い針が表示されます。

最後に赤いボタンをタップして計測を終了します。

これだけならば非常にシンプルなアナログストップウォッチなのですが、画面を押し込むと以下のメニュー画面が表示され、ストップウォッチの表示形式を選べます。

Apple Watchのストップウォッチのデジタル版

メニュー画面から[デジタル]を選んでタップすると、以下のデジタル版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップするとラップ時間の計測が始まります。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。


スポンサードリンク

Apple Watchのストップウォッチのグラフ版

メニュー画面から[グラフ]ボタンをタップすると、以下のグラフ版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップすると、ラップ時間の計測が始まり、グラフが表示されます。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。

Apple Watchのストップウォッチの混合版

メニュー画面から[混合]ボタンをタップすると、以下の混合版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップすると、ラップ時間の計測が始まり、グラフが表示されます。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。

まとめ

Apple Watchのストップウォッチの多彩な表示モードについて紹介しました。好みの表示にしてApple Watchを楽しみましょう!

Apple Watchを使いこなすためにこちらの記事「Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ」もご覧ください。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

AirDropの使い方でiPhoneとiPadとMacBook間の送受信の方法

スポンサードリンク AppleのiPhone、iPad、MacBookは連携する機能が素晴らしく、使えば使うほど便利さに感動してしまいます。特に秀逸なのがAirDrop。自分のiPhone、iPa …

車にデジタルミラーが搭載されていく!電子化が進む!

スポンサードリンク 自動車を安全に運転するためには視界を確保することが重要で、できるだけ死角を少なくするためにルームミラーやドアミラー、フェンダーミラーなどの鏡が使用されています。いよいよこれらが …

有機ELのディスプレイと照明の違い!LED照明との比較

スポンサードリンク 有機ELがiPhone Xに搭載され、注目を集めました。また有機ELの大型テレビがソニー、パナソニック、東芝から発売され、その高いコントラストが話題となりました。 ところで有機 …

501エラーの原因と解決方法!WordPressで表示されたらこれ!

スポンサードリンク WordPressでブログを買いたり、サイトを構築したりする人は多いです。本業ではなく、副業や趣味でこれらをやっている方々は、限られた時間で作業をしています。それだけに困るのエ …

8Kテレビのシャープ、ソニー、LG、サムスンの動向は?

スポンサードリンク 日本では2018年12月1日から4K/8K放送がスタートしましたが、今のところ4K放送でさえ視聴者があまり多くないようですので、8K放送はさらに視聴者が少ないでしょう。それでも …

最近のコメント