Apple Watch

Apple Watchのストップウォッチはアナログとデジタルがある!

投稿日:2018年8月4日 更新日:

日常のいろいろな場面で時間を計測したいことがあります。そんな時にApple Watchのストップウォッチは便利です。シンプルなただのストップウォッチと思われるかもしれませんが、アナログ版、デジタル版、グラフ版など、いくつかの表示モードを選ぶことができます。以下に紹介します。

スポンサードリンク

Apple Watchのストップウォッチのアナログ版

Apple Watchのストップウォッチを使用するには、まずデジタルクラウンを押してホーム画面を表示し、オレンジ色のストップウォッチアプリのアイコンをタップします。

するとデフォルトでは以下のアナログ版ストップウォッチの画面が表示されます。

緑色のボタンをタップすると計測がスタートします。

この状態で赤いボタンを押すとストップします。赤いボタンではなく白いボタンを押すと、ラップ時間の計測が始まり、青い針が表示されます。

最後に赤いボタンをタップして計測を終了します。

これだけならば非常にシンプルなアナログストップウォッチなのですが、画面を押し込むと以下のメニュー画面が表示され、ストップウォッチの表示形式を選べます。

Apple Watchのストップウォッチのデジタル版

メニュー画面から[デジタル]を選んでタップすると、以下のデジタル版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップするとラップ時間の計測が始まります。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。


スポンサードリンク

Apple Watchのストップウォッチのグラフ版

メニュー画面から[グラフ]ボタンをタップすると、以下のグラフ版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップすると、ラップ時間の計測が始まり、グラフが表示されます。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。

Apple Watchのストップウォッチの混合版

メニュー画面から[混合]ボタンをタップすると、以下の混合版の表示になります。

緑の開始ボタンをタップすると計測を開始します。

[ラップ]ボタンをタップすると、ラップ時間の計測が始まり、グラフが表示されます。

[停止]ボタンをタップすると計測を停止します。

まとめ

Apple Watchのストップウォッチの多彩な表示モードについて紹介しました。好みの表示にしてApple Watchを楽しみましょう!

Apple Watchを使いこなすためにこちらの記事「Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ」もご覧ください。

スポンサードリンク


-Apple Watch
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Apple Watchのアイコンのレイアウトを変更する方法

スポンサードリンク Apple Watchは多機能なスマートウォッチですので、その小さなボディに多くのアプリがインストールできます。そのためすべてのAppのアイコンを表示する画面では、多くの使用し …

Apple Watchでかぶれる?金属アレルギーは?

スポンサードリンク Apple Watchは睡眠時間や安静時心拍数などを計測することができますので、フルに活用しようとすると睡眠時にも手首に装着することになります。日中の平常時だけでなく、スポーツ …

Apple Watchのバンドとケースの組み合わせはどれが良い?

スポンサードリンク Apple Watchをスポーツやヘルスケアのための記録を取るために使い始めた人は多いのではないかと思います。実際、私もそうです。非常に便利で気に入っています。Apple Wa …

Apple WatchのSiriを活用してできることは?

スポンサードリンク Apple Watchを手首に巻いて、画面をタッチしたり、スワイプしたりして色々な操作ができます。このようにして必要な操作をして使いこなせれば、Apple Watchは本当に便 …

Apple WatchとiPhoneのリマインダーの使い方!繰り返しや買い物メモなど

スポンサードリンク iPhoneにはリマインダーというアプリがあります。これはシンプルですが、使いこなせれば便利にアプリで、日々の生活のクオリティが向上できます。Apple Watch、iPad、 …

最近のコメント