Apple Watchのアラームの目覚ましを振動のみで使う!

Apple Watch

Apple Watchにはアラーム機能が付いています。一般的なアラームと同様に設定した時刻になると音で知らせてくれます。

これだけならごく普通のことなのですが、アラームの音を出さず、振動(バイブレーション)だけで知らせてくれるように設定することもできます。

これが使ってみると案外便利です。手首に装着するApple Watchならではの使い方ですね。以下に紹介します!

スポンサードリンク
▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

Apple Watchのアラームの目覚ましを振動だけで使うと便利

朝の起床時に目覚まし時計やスマホなどのアラームを使っている人も多いでしょう。これは一般的な方法ですが、音で知らせる方法の欠点は、他の人にも音が聞こえて迷惑がかかる点です。特に音が鳴ってもすぐに起きないような人の場合、長時間音が鳴り続けます。

自分が他の人よりも早く起きる場合には、ちょっと困りますよね。

Apple Watchのアラームは、音を出さずに振動だけで起床時間を知らせてくれる設定ができます。手首にApple Watchを取り付け、振動を感じると、熟睡していてもすんなり目が覚めます。これはやってみるとちょっと驚くほどの効果があります。それなのに音がほとんどしませんので、同じ部屋に寝ている家族を起こしてしまうことがありません。

家族の起床時間がかなり異なる方々や、目覚まし時計などのアラームで起きるのが苦手な方におすすめします。

Apple Watchのアラームを消音して振動のみにする設定方法

Apple Watchのアラームを消音し、振動のみにする設定方法は以下のように非常に簡単です。

まずデジタルクラウンを押し込んで、ホーム画面を表示します。次に目覚まし時計のアプリアイコンをタップします。

アラームアプリが起動したら、表示されるアラーム設定メニューのいずれかを選択してタップします。

時刻を変更したければ、時刻を変更をタップして変更します。「繰り返し」「スヌーズ」なども好みに合わせて設定します。設定できたら「編集」をタップして戻ります。最後にメニュー右側のボタンをタップして、緑色になったら設定完了です。

初めて使用する時には、正しく設定できているかどうかを確認するために、2〜3分後に設定してテストしてみた方が安全です。

Apple Watchのアラームを毎日同じ時刻に使う場合は、上の画面の「繰り返し」をタップして以下の画面に移り、設定します。

アラーム繰り返し
「毎日」の他に「平日」、「週末」、日曜日から土曜日までの曜日指定が選べます。

眠る時に忘れないようにしたいのは、文字盤を上にスワイプし、コントロールセンターを開いて、三日月マークをタップして「お休みモード」にし、さらにベルのマークをタップして「消音モード」にします。

「お休みモード」では、電話やメールの着信・受信などの通知時の画面の点灯、着信音/通知音、振動をオフになります。しかし、おやすみモードでもアラームは有効で音が鳴ってしまうので、「消音モード」も組み合わせます。

さらにApple Watchの設定アプリを起動し、「サウンドと触覚」メニューを開き、下へスクロールすると「触覚による通知」メニューがあります。これがオンになっていることを確認しましょう。

サウンド触覚
振動の強さは、最初は「デフォルト」になっています。振動を強めにしたい場合は、「はっきり」に設定しましょう。

Apple Watchのアラームの振動だけの設定で起きれない場合は、バイブレーションの強さを「はっきり」にすると良いでしょう。

スポンサードリンク

Apple Watchのアラームを振動のみにすれば目覚まし以外にも使える

短時間の仮眠やうっかり防止に活用

忙しくて疲れが溜まっている時は、数分から15分ぐらいだけでも居眠りできると、頭の中がスッキリします。職場などでもアラーム音がなってしまうと目立ちますが、音を出さずに手首の振動だけで起こしてくれれば、休憩もしやすいですね。そんな時にも活用できます。

さらに眠っていない時でも使い所はありそうです。例えば、会議中などで集中して話を聞かないといけないような場面では、うっかりするとある時刻にやらないといけない重要なアクションを忘れてしまいそうになります。そんな場合でも、Apple Watchのアラームの振動を使えば、目立たずに知らせてくれます。

電車の中で寝過ごし防止

現代では、多くの人が睡眠不足でに陥りやすいです。それだけに電車の乗車中など、仮眠をしても良い時などは少しでも寝たいですね。

電車で仮眠する時に注意したいのは、降りなくてはいけない駅を寝過ごして通過してしまうことです。これも降車駅に到着する少し前の時間にアラームをセットしておけば、振動で起こしてもらえます。

シンプルな機能ですが、それだけに工夫次第で使い所は色々とありそうですね。

Apple Watchのアラームが鳴らない・振動しない!?

Apple Watchのアラームをセットしたのに、その時刻になってもアラームが鳴らず、振動しないということがあるようです。

Apple Watchの動作が不安定

Apple Watchも基本的にはパソコンと同じような仕組みですので、動作が不安定になることがあります。その原因ははっきりしないことが多いのですが、パソコンと同様に再起動すると正常に動くようになることがほとんどです。

困るのは目覚ましのアラームとして使用したのに、設定した時刻になっても鳴らず、振動しないということになった場合です。通勤・通学に遅刻してしまう結果になると困りますね。

これを防ぐためには、iPhoneのアラームをApple Watchのアラームの少し後の時刻にセットしておくと良いでしょう。また寝る前にApple Watchの動作が不安定になっていないか確認するだけでも、かなりリスクを抑えられます。

Apple Watchの振動がオフになっている

前述のApple Watchの「サウンドと触覚」メニューで、「触覚による通知」メニューがオフになってしまっていると振動しない状況になります。もし振動しなければ、この設定を確認してみましょう。

まとめ

Apple Watchのアラーム機能について紹介しました。ウェアラブルデバイスならでは使い方ができます。早速活用して見ましょう!

▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました