Apple Watchのアラームは振動で起こしてくれる!

Apple Watch

Apple Watchはやはり便利です。購入した頃は、正直何に役立つのか、どの程度使いこなせるのかよくわからず、「とりあえず消費カロリーと歩数・心拍数が計測できれば良いかな」という考えでした。Apple Watchがカッコ良く見えたので、最悪は腕時計として使えれば良いと割り切っていましたが、徐々に使いこなせて来ると本当に便利です。

基本的な機能ですが、案外見落とされていそうな「アラーム」について紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

Apple Watchのアラームは振動で起こしてくれるので便利

朝の起床時に目覚まし時計やスマホなどのアラームを使っている人も多いでしょう。これは一般的な方法ですが、音で知らせる方法の欠点は、他の人にも音が聞こえて迷惑がかかる点です。特に音が鳴ってもすぐに起きないような人の場合、長時間音が鳴り続けます。

Apple Watchのアラームは、音を出さずに振動で起床時間を知らせてくれます。手首にApple Watchを取り付け、振動を感じると、熟睡していてもすんなり目が覚めます。これはやってみるとちょっと驚くほどの効果があります。それなのに音がほとんどしませんので、同じ部屋に寝ている家族を起こしてしまうことがありません。

家族の起床時間がかなり異なる方々や、目覚まし時計などのアラームで起きるのが苦手な方におすすめします。

Apple Watchのアラームの設定方法

Apple Watchのアラームの設定方法は以下のように非常に簡単です。

まずデジタルクラウンを押し込んで、ホーム画面を表示します。次に目覚まし時計のアプリアイコンをタップします。

アラームアプリが起動したら、表示されるアラーム設定メニューのいずれかを選択してタップします。

時刻を変更したければ、時刻を変更をタップして変更します。「繰り返し」「スヌーズ」なども好みに合わせて設定します。設定できたら「編集」をタップして戻ります。最後にメニュー右側のボタンをタップして、緑色になったら設定完了です。初めて使用する時には、正しく設定できているかどうかを確認するために、2〜3分後に設定してテストしてみた方が安全です。

眠る時に忘れないようにしたいのは、文字盤を上にスワイプし、コントロールセンターを開いて、三日月マークをタップして「お休みモード」にし、さらにベルのマークをタップして「消音モード」にします。「お休みモード」では、電話やメールの着信・受信などの通知時の画面の点灯、着信音/通知音、振動をオフになります。しかし、おやすみモードでもアラームは有効なので、「消音モード」も組み合わせます。


スポンサードリンク

Apple Watchのアラームで振動により知らせてもらう

忙しくて疲れが溜まっている時は、数分から15分ぐらいだけでも居眠りできると、頭の中がスッキリします。職場などでもアラーム音がなってしまうと目立ちますが、音を出さずに手首の振動だけで起こしてくれれば、休憩もしやすいですね。そんな時にも活用できます。

さらに眠っていない時でも使い所はありそうです。例えば、会議中などで集中して話を聞かないといけないような場面では、うっかりするとある時刻にやらないといけない重要なアクションを忘れてしまいそうになります。そんな場合でも、Apple Watchのアラームの振動を使えば、目立たずに知らせてくれます。

シンプルな機能ですが、それだけに工夫次第で使い所は色々とありそうですね。

Apple Watchでは基本的な使い方を知っておかないと、変なタイミングで音が鳴ったりして困ることがあります。恥をかかないための基本的な使い方については、こちらの記事「Apple Watch 3で恥をかかない使い方の基本!消音など」をご覧ください。

まとめ

Apple Watchのアラーム機能について紹介しました。ウェアラブルデバイスならでは使い方ができます。早速活用して見ましょう!

▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました