Apple Watchのコンパスがおかしい?調整・設定方法は?コンパスがない場合は?

Apple Watch

Apple Watch Series 5が2019年9月20日から発売開始となりました。これまでのApple Watchには無かった新しい機能がいくつか追加されています。

その中の1つがコンパスです。コンパスは誰もが知っている道具と思いますが、自分の腕時計の中に組み込まれていると案外便利ですね。以下に紹介します。

スポンサーリンク

Apple Watchでコンパスアプリが使える!

Apple Watchのコンパスがない?

Apple Watchのコンパスを使おうとしたのに、見つからないという方もいらっしゃいます。

現時点では、Apple Watch Series 5とそれ以降に登場したApple Watch SEおよびApple Watch Series 6のみApple公式のにコンパスアプリが搭載されています。残念ながらそれ以外のApple Watchには公式のコンパスアプリは搭載されていませんので、探しても「見つからない」ということになってしまいます。

Apple Watchのコンパスを起動する

Appleの公式サイトのApple Watch Series 5のページに、コンパスが搭載されたことが大きくアピールされています。使い方は、まずデジタルクラウンを押します。

Appsのアイコンが表示されたら、コンパスアプリのアイコンをタップすると起動し、以下のような画面が表示され、コンパスを使うことができます。

デザインもカッコ良くて気に入っています。Apple Watchの上部が向いている方角を指し、画面左上にその方角がデジタルで表示されます。

また内側にあるオレンジ色の帯の部分に、緯度・軽度、高度、傾斜が表示されます。コンパスでできるだけ正確に測定したい場合は、Apple Watchを水平にします。「傾斜」がゼロになるようにApple Watchを調整するのですが、その時に中心付近の表示される円形のグレーの線を磁石の針の中心に合わせるように調整するとやりやすいです。ちょうど水平になると円形のグレーの線が白く光りますのでわかりやすいです。

コンパスアプリは、Wi-Fiやモバイルデータ通信に接続されていなくても使えます。アウトドアで便利ですね。ただし、近くに磁石があるとコンパスのセンサーに悪影響があり、精度が落ちますのでご注意ください。

私は、アウトドアでハイキングなどをすることはほとんどありませんが、買ってすぐにこのコンパスを自宅で使って感動しました。現在住んでいる場所に引っ越してきてから18年以上経ちますが、実は方角を正確に把握していなかったのです・・・。普段生活する上で、おおよその方角が分かっていれば特に困ることはありませんでしたが、それでも東西南北が正確に分かっていないとなんとなく気持ち悪い気がします。長年感じていた気持ち悪さが解消したので、スッキリしました!

スポンサーリンク

Apple Watchのコンパスがおかしい?設定は?

Apple Watchのコンパスがおかしい?方向が少しずれている?

Apple Watchのコンパスを使ってみたら、コンパスが指す北の方角が少しずれていることがあるかもしれません。

まずコンパスの指す方向が真北ではないということをご存知でしょうか?

真北は地球の北極の方向です。地球儀の経度線に沿った方向と考えればよいでしょう。コンパスのN極が指す方向は、「磁北(じほく)」と言い、真北とはずれています。ずれの大きさは、日本国内でも異なっており、3〜9度です。案外大きいですね。

ほとんどの場合、方角を確認するには真北の方向が分かった方が便利です。地図も一般に真北が上になるように描かれています(*カーナビの地図のように進行方向に合わせて表示することもありますし、ローカルな案内図もそれを見る位置から分かりやすいように描かれることがあります)。

したがって、Apple Watch 5のコンパスも真北を指すように設定しておくと便利です。以下の手順で設定できます。

1.デジタルクラウンを押し、「設定」をタップします。

2.表示画面で下にスクロールし、「コンパス」をタップします。

3.表示画面で「真北を使用」をオンにします。

これでコンパスは真北を指してくれます。

Apple Watchのコンパスがおかしい?方向が大きくずれている?

Apple Watchのコンパスは、通常のコンパスと同様に、地球の磁気を感知して北を指します。しかし、身の回りには強い磁気を帯びたもの、磁石などがいろいろなところにあります。それらが非常に近いところにあると、Apple Watchのコンパスも影響を受けて狂ってしまうことがあります。

コンパスが全然違う方向を指している場合は、コンパスアプリを終了し、再起動しましょう。その時点で強い磁気の影響が除去されていれば正常な状態に戻ることが多いです。


スポンサーリンク

Apple Watchのコンパスの調整

Apple Watchを使っていると、ある条件下ではコンパスがズレてしまうことがあります。Appleの公式サイトには以下のように記載されています。

磁石があると、コンパスのセンサーの精度に影響する場合があります。Apple 製のレザーリンク、レザーループ、ミラネーゼループ、従来のスポーツループの Apple Watch バンドは磁石または磁気を帯びた素材を使っているため、Apple Watch のコンパスに干渉する可能性があります。2019 年 9 月以降に発売されたスポーツループバンド、全バージョンのスポーツバンドはコンパスに影響しません。

コンパスがズレてしまったら、まずは上記のようにコンパスに悪影響を与えるものを取り除き、コンパスが正常に動作する環境にします。その上でコンパスアプリを再起動すれば、Apple Watchのコンパスが再調整されます。

Apple WatchだけでなくiPhoneにもコンパスがある

Apple Watch 5にコンパスが搭載されて喜んでいたのですが、実はiPhoneにはすでにコンパスが搭載されていたことに今更ながら気が付きました。

iPhoneの場合も前述のApple Watch 5の設定と同様に、磁北と真北を選択できます。デフォルトでは磁北になっていることが多いので、真北にしたい場合は忘れずに設定しましょう。手順は、[設定]>[コンパス]>[真北を使用]をタップします。

iPhoneに比べるとApple Watchは手首にはめているので、素早くチェックできるのが便利です。特にアウトドアで方角を確認する時などは活躍するでしょう。iPhoneのコンパスは、Apple Watchよりも表示画面が大きいので見やすいです。いずれにしても表示時間が長くなるほどバッテリーを消耗するので、両方で使えるようにしておくと便利でしょう。

まとめ

Apple Watch 5から搭載された新機能のコンパスについて紹介しました。アウトドアの時はもちろん便利ですし、日常のいろいろな場面でも、方角が確認できると便利なことが多いでしょう。活用しましょう!

Apple Watchのノイズアプリの使い方についてこちらの記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました