Apple Watch

Apple Watchのアクティビティのスタンドの意味をご存知ですか?

投稿日:

Apple Watchの最も基本となるアプリにアクティビティがあります。日々の消費カロリーやエクササイズの時間、歩数などを記録してくれます。Apple Watchを購入する人は、ヘルスケアやエキササイズに関心が高い人が多く、アクティビティを利用することを目的としていることも多いでしょう。そんなアクティビティにスタンドというものがありますが、その意味・価値をご存知でしょうか?以下に解説します。

スポンサードリンク

Apple Watchのアクティビティのスタンドの意味をご存知ですか?

Apple Watchのアクティビティアプリのスタンドについては、Appleのサイトで以下のように説明されています。

「「スタンド」のリングには、立ち上がって 1 分以上体を動かした時間の合計が、1 時間単位で表示されます。毎日のスタンドゴールは、1 日 12 時間、1 時間あたり 1 分以上立ち上がって少し体を動かせば達成です。一日中立っている場合でも、体を動かす必要があります。」

実際、Apple Watchを装着して、デスクワークなどで1時間以上座っていると、以下のような通知が軽い振動とともに表示されます。

つまり、1時間ごとに立ち上がって、1分間運動するように促す機能があるわけです。それはすぐに理解できるのですが、それが何の役に立つのでしょうか?Apple Watchを使い始めた頃は、振動によって画面を見てみるとスタンドからの通知で、「あっそう」的な受け止め方をしていました。場合によってはこのスタンドからの通知をなしにしてしまった方が良いのではないかと思うこともありました。

ところが、長時間座り続けることが健康へのリスクを高めることが最近の研究で明らかになり、そのことが分かりやすくいろいろなメディアで報道されるようになり、私もこのスタンドの価値を再認識しました。直接的な疾患に比べると、このような生活習慣と健康リスクとの関係性を立証するのは非常に難しいのですが、世界各国での数十万人規模での追跡調査により強い関係性が示されています。例えば、NHKのクローズアップ現代の放送では、オーストラリアでの45歳以上の男女22万人を3年近くにわたって追跡した調査から長く座り続けることへの健康リスクについて紹介されています。

Apple Watchのスタンドも、もちろんこのような医学界の研究成果に基づいて導入された機能です。長時間座り続けることの健康リスクは、短期的にはエコノミー症候群などでも知られています。座っていることで同じ姿勢を取り続けることになり、血栓などができやすくなることが知られています。睡眠中も、何度が寝返りを打つことが知られていますが、いわゆる寝たきりの状態で自分で寝返りが打てない方は、介護者が定期的に姿勢を変えてあげないと床ずれを起こすなどの健康リスクがあることも知られています。長時間同じ姿勢で座り続けることが健康リスクがあることは間違いないでしょう。

また立っている状態と比べると、脚の筋肉が休んでいる状態となります。立っている状態では、筋肉の細胞内で血液中から糖や中性脂肪が取り込まれ、エネルギーとして消費される「代謝」が盛んに行われます。これが座り続けることで機能しなくなり、血液中の糖や中性脂肪が増えてしまうことが、長期的には狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、さらに糖尿病などのリスクを高めるとされています。これは仕事後に運動するようにしても取り戻せないようです。1日の中の長時間座り続けると、脚にある大きな筋肉が活動を止めた状態が続き、種々の重要な機能が働かなくなってしまうことが原因とのことです。

このようなスタンドの意味を知ると、この機能の有り難さが分かります。もしかしたら、真面目に活用すれば、自分の健康寿命を伸ばすこととなり、ものすごく価値があるのかもしれません。

Apple Watchのアクティビティのスタンドを活用する

Apple Watchのスタンドの通知が表示されたらどうしたら良いのでしょうか?可能であれば、立ち上がって、1分間以上歩くと良いでしょう。脚を動かすことで、下半身の血液の循環が良くなります。歩くことで、全身のコリも取れるでしょう。

職場によっては、立った状態で作業ができるような机を導入しているところも増えています。会社としても、社員の健康が増進され、医療費を減らすことができれば大きな価値があります。また立ち上がって、血液の循環を良くすることで、脳の活性化にもつながる可能性があります(*これも科学的に立証するのは難しいかもしれません)。いろいろ机に向かって思い悩んで良い考えが浮かばなかった時に、少し散歩をするとアイデアが思い浮かぶなどということは体験したことがある方も少なくないでしょう。

積極的にスタンドの機能を活用してみましょう!


スポンサードリンク

Apple Watchのスタンドで通知されても立てない時は?

職場によっては1時間に1回立ち上がって、歩き回ることをし難い場合もあるでしょう。前述のようにすでに多くの職場で立ち作業ができるような環境が導入され始めていますので、職場の理解が得られるようになるのがもっとも望ましいです。

そうは言っても、それもそう簡単ではないかもしれません。どうしても1時間に1回立ち上がれないようでしたら、椅子に座ったままで脚を伸ばしたり、身体を捻ったり、ストレッチをして、身体の血液の循環を促進しましょう。最近は飛行機に搭乗した際にも、エコノミー症候群の予防のためにストレッチのやり方のインストラクションなどを印刷したものが席に置かれていることがあります。

実際に立ち上がる方が望ましいですが、座ったままでもできる限りの努力をして血液の循環を促進しましょう。身体のコリも取れれば、仕事の能率も上がるでしょう。

まとめ

Apple Watchのスタンドの意味について解説しました。非常にシンプルな機能ですが、長い目で見れば非常に価値が高い機能です。

スポンサードリンク


-Apple Watch
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Apple Watchの防水ロックとは?解除して排水

スポンサードリンク Apple Watch Series 2および3は、耐水性能を備えており、プールや海などの水深の浅いところで泳ぐ時に装着することもできます。そのため「防水ロック」という仕組みが …

Apple Watchのアクティビティでバッジを獲得できる条件

スポンサードリンク Apple Watchのアクティビティは、標準でインストールされている基本的なアプリですが、1日の消費カロリーなどを計測できるメインのアプリです。実際、私はこのアクティビティと …

Apple Watchのスクリーンショットの撮り方と活用方法

スポンサードリンク iPhoneを使っていると、画面を保存しておきたいと思うことがあり、とりあえずスクリーンショットで撮影します。Apple Watchも同様で、後でいつでも画面に表示できるような …

Apple Watchのストップウォッチはアナログとデジタルがある!

スポンサードリンク 日常のいろいろな場面で時間を計測したいことがあります。そんな時にApple Watchのストップウォッチは便利です。シンプルなただのストップウォッチと思われるかもしれませんが、 …

Apple Watch 4の違いを3と比べると?買うならどっち?

スポンサードリンク Apple Watch 4が発表されました。1年前に発売されたApple Watch 3と比べていろいろな点でバージョンアップしています。実際のところ、Apple Watch …

最近のコメント