Apple Watchのアイコンのレイアウトを変更・削除する方法!おすすめは?

アイコンレイアウト Apple Watch

Apple Watchは多機能なスマートウォッチですので、その小さなボディに多くのアプリがインストールできます。

そのためすべてのAppのアイコンを表示するホーム画面では、多くの使用しないアプリのアイコンまで表示されて、少々使い難いかもしれません。

Apple Watchのホーム画面のアイコンのレイアウトを変更する・減らす方法について紹介します。

スポンサードリンク
▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

Apple Watchのアイコンのレイアウトを変更する方法

Apple Watchのホーム画面の出し方はシンプルで、デジタルクラウンを押すだけです。これにより、以下のようなすべてのアイコンを表示する画面になります。

アイコンの数が多いと、すべてのアイコンを一度に画面内に表示することができなくなり、画面をゆっくりスワイプすることにより、アイコンのメニュー画面そのものを動かして、目的のアイコンを探すことになります。

したがって、使用する頻度の高いアイコンを中央付近に配置しておけば、アイコンを探すために画面をスワイプする必要がなくなり、すばやくApple Watchを操作できます。

アイコンのレイアウトを変更するには、目的のアイコンの上に指を置き、数秒待つと、アイコンが揺れ始め、動かせる状態になります。そのまま指をドラッグして、好きな場所に置き、デジタルクラウンを押せば移動できます。

これはこれで便利なのですが、Apple Watchの画面は小さいので、以下で紹介するようにiPhoneの画面で操作する方が見やすくて簡単です。

Apple WatchのアイコンのレイアウトはiPhoneから変更できる

Apple Watchのアイコンのメニュー画面のレイアウトは、iPhoneのWatchアプリから変更できます。Watchアプリを起動し、[Appのレイアウト]をタップします。すると以下のように、Appのアイコンがすべて表示されますので、見やすいです。

アイコンの移動の操作も簡単です。目的のアイコンに指を置き、アイコンが大きくなったら好きな場所までドラッグし、指を離すだけです。

Apple Watchのレイアウトでアイコンを削除する方法

前述のように、Appのアイコンのレイアウトを変更すると使いやすくなります。しかし、通常は表示されるアイコンが多すぎて使い難いので、使用しないAppのアイコンは削除してしまう方が良いでしょう。

Apple Watchのデジタルクラウンを押して、アイコンのレイアウト表示にします。この画面で削除したいアイコンに指を置き、数秒待つとアイコンが揺れ始め、以下の画面のようにアイコンの左上にバツ印が表示されます。

AppleWatchアイコン
 このバツ印をタップすると、そのアイコンを削除し、そのアプリをアンインストールすることができます。削除できないアイコンもありますのでご注意下さい。

スポンサードリンク

Apple WatchのアイコンをiPhoneから削除する

iPhoneのWatchアプリの「マイウォッチ」画面で、下にスクロールして行くと、インストール済みのAppが表示されます。Apple Watchでは使用しないAppがあれば、アイコンをそのAppのメニューをタップし、[AppをApple Watchで表示]のボタンをオフにします。

するとアインインストールが始まり、アイコンが消えます。このように不要なアイコンを削除し、実際に使用するアイコンのみすれば格段に見やすくなるでしょう。ただし、削除できないアイコンもありますので、それらはそのまま使うしかないようです。

Apple Watchのレイアウトのおすすめは?

Apple Watchのアイコンのレイアウトはどうすれば良いのでしょうか?

アイコンを何らかの形になるようにレイアウトして楽しむという例もいろいろとありますが、Apple Watch画面で見るとその一部しか見ることができないので、ここではあくまでも「便利なレイアウト」という視点で紹介します。

以下は私が使用しているレイアウトです。

アイコンレイアウト
このようにiPhoneの画面で見ると、アイコンのレイアウト全体を一目で確認できるのですが、これをApple Watchで見ると以下のように一部しか見ることができません。

アイコンレイアウト
このことを理解した上で、よく使うアプリのアイコンを中央付近に配置しましょう。ちなみに中央には白い時計のアイコンが固定されています。これをタップすると通常の文字盤の画面に移りますので、これは重要でよく使うアイコンです。

私の場合、その外周部によく使うワークアウト、タイマー、電話、アクティビティ、世界時計、アラームのアイコンを配置しています。

その次の外周部には、カレンダー、ボイスレコーダー、リマインダー、ストップウォッチ、ノイズ、Yahoo天気、設定、Autosleep、心拍数、マップ、呼吸、天気アプリが配置されています。

普段はほとんどこれらのアプリで大丈夫です。ほぼApple Watchの画面内に収まります。

それ以外のアプリを使うことが多くなったら、場所を変更するようにしています。

まとめ

Apple WatchのAppのアイコンのレイアウト変更と整理について紹介しました。自分が使いやすいようにカスタマイズしていきましょう。

▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました