ライフ

喪服を即日でコナカやアオキで購入できる?女性用は?

投稿日:

人間には寿命があります。いつかは家族の葬儀を行わなければならない時が来ます。残念ながらその日が突然訪れることもあります。家族が亡くなった場合は、いろいろとやることがあり、とにかく忙しいです。特に喪服が無いと困ります。即日で喪服を購入することはできるのでしょうか?

スポンサードリンク

喪服を即日でコナカやアオキで購入できる?

スーツを作る場合に、お店でスーツを選び、試着し、裾の長さやウエストなどを調整し、さらにネームを入れたりすると、通常はスーツは後日引き渡しとなります。急に喪服が必要となった時に、できれば即日で購入して持ち帰りたい場合があります。そんなことが可能なのでしょうか?

私も実際にそのようなことがあり、以下で紹介しますように近所にあるコナカで購入しました。コナカは、ある程度大きな店舗で、商品数も多いので、通常は対応できます。アオキなどの他の紳士服の量販店では同様に対応できるようです。

親族ではなく、友人や知り合いなどのお通夜に、急に弔問することになった場合は、ダークスーツの参列でも許容されます。しかし、親族側で、特に葬儀を執り行う側の立場ならば、喪服を着用すべきでしょう。

コナカで喪服を即日で購入:紳士服

コナカで即日で喪服を購入した時の状況についてお話します。まず近所のコナカの店舗に電話し、喪服を即日で購入して持ち歩きたい旨を伝えましたところ、対応可能とのことでしたのですぐに行きました。16:00頃に店舗に行きましたが、裾直しなどの時間を考えると、あまりに閉店間際では無理があるでしょう。

その時は職場から店舗に行きましたので、スーツを着ており、そのスーツのサイズを見ていただくことで、すぐに自分のサイズを確認できました。そして、喪服の候補を価格帯別に3つ見せていただきました。「何が違うんですか?」と尋ねると、「黒さが違います」とのことでした。喪服というものは、とにかく黒く見えることが大切なようで、3つ並べてみると価格帯が高いものほど黒く見えます。安いものほど生地の反射率が高いようで、グレーに近くなります。そうは言っても、3つ並べてよく見ると違いがわかるレベルです。私は迷う時はいつも真ん中の価格帯を選ぶのですが、この時もそうしました。

試着して、採寸し、裾直しをしてもらいました。所要時間は15〜20分ぐらいでした。裾直しなどの混雑状況で多少所要時間は変わるでしょう。またウエストはアジャスター付きで、直す必要がありませんでした。これも即日での持ち帰りを可能にしているポイントです。喪服の場合は、一度着て、次に着るのが10年後ということも珍しくありません。その間に体型が変わってしまうことの方が普通で、ウエストのアジャスターはそのようなことも想定しているようです。

ちなみにスーツにネームを入れるのは、さすがにすぐにはできません。それでも、後日、購入したスーツを持ち込めば有料でネームを入れてもらえますので、希望される場合も心配要りません。

その後、お通夜と告別式ように白のワイシャツと黒の靴下を2個ずつ、黒のネクタイ、黒のハンカチを買いました。喪服の時のハンカチは白色と思っていたのですが、白色だけでなく、最近は黒色も良いそうです。これらのものも、コナカでは種類も数も豊富にありましたので、短時間で選んで買い揃えることができました。

葬儀の準備などで本当に忙しく、精神的にも辛い時に、短時間で喪服等の準備ができるということは本当に助かります。


スポンサードリンク

コナカで喪服を即日で購入:女性の場合

前述のコナカで喪服を購入した時に、私の喪服だけでなく、家内の喪服も購入しました。最初は、夫婦で自宅のクローゼットの中を探し回り、20年ぐらい前に作った喪服を見つけ、着用してみたのですが、二人ともウエストがまったく入りませんでした・・・。約20年間で10cm以上ウエストが太くなっていました。それで「すぐに喪服を買わなければ!」ということになり、私はコナカに問い合わせました。家内はすぐにどこへ行けば喪服が買えるのか思いつかず、その他にもやることがあったので、私だけまずコナカに行きました。そうしたら店内で婦人用の喪服のコーナーがあってビックリ!コナカと言えば紳士服のイメージがあったので、婦人用の喪服は売っていないと私も家内も思い込んでいました。それですぐに家内にも連絡し、家内もコナカに来て喪服を買いました。

サイズは豊富にありますし、特に大きめのサイズもありますので、通常はすぐに自分に合うものを見つけられます。フォーマルバッグやパンプス、パール調ネックレスなども手頃な価格のものがありますので、必要なものはすぐに買い揃えられるでしょう。やはり量販店は頼りになります。

まとめ

コナカなどの紳士服量販店であれば、通常は即日で喪服を購入し、持ち帰ることができます。シャツ、ネクタイ、ハンカチなどのアイテムも一通り揃えられますので、本当に便利です。紳士服店というイメージが強いですが、婦人用の喪服もありますので、女性の場合も安心です。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

マイカーローンは残価設定型?通常型? ディーラー?銀行?

スポンサードリンク 欲しい車があって、ディーラーに見に行って、購入を決め、カタログを見ながらグレード、色、オプションなどを決めるのは楽しいですね。そんなに頻繁に買うものではないので、奮発していろん …

テニスのストロークを安定させるには?中級からの必須技術

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルのクラスでは、フォアハンドストロークとバックハンドストロークのトップスピンやスライスの打ち方を練習し、レベルアップして上級を目指します。フラットドライ …

窓の結露による問題 防止方法は?賃貸でもできる対策は?

スポンサードリンク 寒い季節になると気になるのが窓の結露。家の窓などに結露が発生し、量が多くなるとその周辺まで結露による水が広がってしまいます。この結露に悩んでいる人も多いようです。 結露対策につ …

自動車の任意保険の内容は?安くする方法と条件変更は?

スポンサードリンク 自動車を運転する人は誰でも事故に遭う可能性があります。何年も無事故で来たからと言って、事故に絶対遭わないとは言えません。 万が一事故に遭った時に任意保険に加入していなければ大変 …

住宅ローンで破綻する原因は?家を売却して残債を返せる?

スポンサードリンク 日本では社会人になってある程度働くと、長期の住宅ローンを組んで家を購入する人が多数派です。終身雇用制度と年功序列の賃金体系が続いていれば良いのですが、現代の日本社会では、すでに …

最近のコメント