エアコンの室外機カバーはすだれがいい?夏と冬では?

エアコン

日本の夏は猛暑で厳しく、エアコンは必需品です。エアコンを使用すれば電気代がかかりますが、エアコン無しでは熱中症になる危険もありますので、適切にエアコンを使用したいものです。できるだけエアコンの効率を高める使い方ができれば節電になりますので、エアコンの室外機カバーなどについて紹介します。

また最近はいろいろな暖房器具がありますが、エアコンは効率の高い暖房器具でもありますので、冬に利用する人も多いです。冬には室外機カバーはどうすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

注目!!
▼▼エアコンについて役立つ情報はこちら▼▼
エアコンの購入・節電・クリーニングなどの上手な方法がわかるガイド

エアコンの室外機カバーは夏は効果があるの?

エアコンは、ヒートポンプという仕組みにより熱を移動させ、冷房を行うことができます。夏の猛暑日のお昼過ぎには電力消費がピークに達しますが、それでもヒートポンプによるエアコンは非常に効率が高い冷房器具です。しかし、冷房を行うために、室外温度よりも高い温度の排気をしますので、周辺環境を暖め、さらに気温を上昇させてしまうというデメリットもあります。

エアコンの室外機では外気との熱交換が行われますので、室外機の温度が効率に影響を与えます。冷房の場合は、外気温度よりも排気の温度を高くするほど効率が向上します。

夏の冷房が必要な時期には、日差しが強くなります。そのため直射日光の当たる場所と日陰では、その場所に置かれた物の温度が数℃は差ができ、もちろん日陰の方が温度が低くなります。

したがって、エアコンの室外機を日陰に置いておくだけで、直射日光が当たる場所に置いた場合に比べてかなり節電効果があります。市販の室外機カバーを取り付けて、室外機を直射日光から遮る方法がもっとも簡単です。すでに室外機が日陰に設置されているようであれば、さらにカバーを取り付ける必要は無いでしょう。

エアコンの室外機カバーの夏のベストは?すだれ?

前述のように室外機カバーに求められる機能は、室外機に当たる直射日光を遮ることです。時間帯によっては斜め方向から日光が当たることもありますので、できるだけ日差しを遮ろうとすると、室外機全体を上だけでなく、全面および側面から覆うタイプのものを選んでしまうことがあります。

しかし、効率を高めるためにもう一つ注意しないといけないのが、室外機からの排気を妨げないことです。室外機の排気口の前にものを置くと空気の流れが悪くなりますので、前面側はある程度空間を開けておいた方が良いですし、室外機もルーバー状の構造で前面側を覆わないタイプの方が望ましいでしょう。

以下のバナーのような、簡易なものが価格も安く、取り付けも簡単でおすすめです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】伊勢藤 (イセトー)エアコン室外機カバー
価格:2850円(税込、送料無料) (2019/5/1時点)

楽天で購入

 

 

 

室外機は、設置場所によっては台風の際などに何らかのものが飛んできたり、倒れてきたりしてぶつかることがあります。実際、私の家の室外機も、2階のバルコニーからの落下物がぶつかって破損してしまいました。そんなときにも室外機カバーを設置しておくと、プロテクターになってくれるという効果もあります。その他、風雨・黄砂・PM2.5などに直接さらされるよりも、カバーで守った方が室外機にとっては優しいことは間違いありません。

前述のように室外機で熱交換をしますので、室外機の周囲にはできるだけものを置かない方が良いとされています。そのためエアコンメーカーも室外機カバーを使用しない方が良いとしているところもあります。

しかし、直射日光が当たらないようにした方が良いことはまちがいありませんので、すだれやシェードなどを使って、室外機の周囲の風の流れを妨げず、日光を遮る方法がベストと言えるかもしれません。もっとも室外機の設置場所によってはできる場合とできない場合があります。


スポンサードリンク

エアコンの室外機カバーは冬も効果がある?

エアコンに当たる日光をカバーで遮ると、実は冬場のエアコンの暖房を使用する際には逆効果です。暖房使用時には、冷房使用時とは逆に、外気温度よりも排気温度を低くしなければ上手く熱交換ができないためです。直射日光が室外機に当たり、温度が高くなれば、暖房使用時の効率が向上します。

前述のような簡単に付け外しができるようなカバーであれば、暖房を使用する時期にはカバーを取り外してしまうという対処方法はありでしょう。

雪が数十cm以上積もる地域の場合は、室外機が雪に埋もれないような場所・高さに設置するようにしましょう。室外機の排気口を雪で塞がれてしまうと、エアコンが停止・破損する可能性が高いからです。

困るのは、例年はそれほど雪が積もらないのに、急に降雪量が増えた場合です。そんな時は、室外機カバーの前面側が長いほど、室外機の排気口が雪で塞がれる確率が下がりますので、雪対策としてカバーを取り付けておいた方が良いでしょう。

雪が積もった時は、室外機の排気口付近が雪で塞がれていないのか確認しましょう。

まとめ

エアコンの室外機カバーの効果について説明しました。これから室外機を設置する場合は、そもそもの設置場所から良い場所を選びましょう。

▼▼エアコンについて役立つ情報はこちら▼▼
エアコンの購入・節電・クリーニングなどの上手な方法がわかるガイド

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました