ライフ

マムシ対策をして噛まれないようにするには?準備が大切

投稿日:2018年7月5日 更新日:

日本にはマムシ、ハブ、ヤマカガシという有名な毒蛇が生息しています。その中でもマムシによる被害がもっとも多く、毎年多くの人が苦しめられています。マムシへの対策をすれば、マムシに噛まれ、その毒によリ被害を受ける確率を低くすることができます。役に立つマムシ対策について紹介します。

スポンサードリンク

マムシ対策をして噛まれないようにする

まずマムシ対策の基本を紹介します。

1.マムシを識別できるようになる

日本では陸生海生のヘビ約40種類が生息しています。その中で九州以北の陸生のヘビは以下の10種類です。
[毒ヘビ]ニホンマムシ、ツシママムシ、ヤマカガシ
[無毒ヘビ]タカチホヘビ、アオダイショウ、シマヘビ、ジムグリ、シロマダラ、アカマダラ、ヒバカリ
つまり、これらのヘビの中からマムシ(ニホンマムシとツシママムシ)を識別できれば良いわけです。ツシママムシは、その名の通り対馬に生息するマムシで、ニホンマムシは対馬以外の九州以北に生息しています。

特徴は、毒ヘビらしい三角形の頭部と、頭に比べると比較的太目の寸胴な胴部です。さらに体一面にメガネのような形状の斑紋があります。全長は45-60 cmです。この特徴を知っていれば、比較的識別は容易です。よくある間違いは、アオダイショウの幼ヘビをマムシと間違えるパターンです。これも慣れてくれば識別できますが、山や草むらなどで突然ヘビと出会ったりすると、それほどじっくり観察できないこともあると思いますので、「マムシかもしれない」と思ったら近づかないようにした方が安全です。

2.マムシの生息場所を知っておく

少し前に、新幹線の中に全長30 cmのヘビが居たことが報道されました(*種類は「ニシキヘビの可能性がある」と報道されていましたが、インターネット上ではシマヘビの幼体との分析が優勢のようです)。だからといって新幹線に乗る度にマムシ対策をする必要はないと考えるのが普通でしょう。新幹線内にマムシが居たことはありませんし、そもそもヘビが居るなんて滅多にあることではありません。

また自然界でも、何らかの方法で外来種が入り込み、住み着いて繁殖することもあります。しかし、日本国内でキングコブラが発見されたこともありませんし、マムシについても従来から住み着いて居なかった場所に突然発生することは通常はありえません。したがって、従来からマムシが生息していると確認できている場所、未確認であればそのような可能性が高そうな場所がどこであるかを知っておけばよいということになります。

マムシは、北海道、本州、四国、九州、大隅諸島、国後島に生息しています。平地から山地の森林、藪、川・沼・湖などの水場周辺に多く出現し、田畑に現れることがあります。これらの場所の木が茂っているところや草むらなどはもっとも危険で、多く人が注意すると思いますが、案外見落としがちなのはマムシは木や岩場、石垣などを登ることができるということです。つまり、木に寄りかかったり、渓流などで岩場に手をついたり、石垣に手をかけたりしたい際に、マムシがいることに気がつかずいきなり襲われることがあります。

マムシがいそうな場所をしておけば、突然襲われるリスクを低くできるでしょう。

3.マムシに不用意に近づかない

マムシは、通常は一方的に攻撃してくることはありません。ほとんどの場合は、人間がまむしの存在に気がつかず不用意に近づいてしまったことにより、マムシに噛まれています。

マムシ対策としての服装

マムシ対策としては服装が重要です。できるだけ肌の露出を少なくできれば、噛まれにくくなります。マムシの牙は比較的短いので、たとえシャツ1枚でも着ていれば牙が侵入しにくくなりますので有効です。野外では、マムシに限らず蚊やいろいろな昆虫、漆などの有害な分泌物を出す植物などから肌を守るために、基本的には長袖・長ズボンを着用し、肌の露出を少なくすることが大切です。

やぶや草むらなどに立ち入った場合、足下にいるマムシに気が付かず、足を噛まれる事例はよくあります。これは長靴を履いていればほぼ防ぐことができます。長靴ではなく、登山靴などを履く場合は、以下のバナーのような厚手のゲイターを取り付けると良いでしょう。

マムシに噛まれるもっとも多い事例は、手を噛まれる事例です。草むらに手を入れたり、渓流などの水場で岩などに手をついたりした時に、そこにマムシが居て噛まれるなどの事例が多く、農作業中に草取りなどをしていて噛まれる事例もあります。手を守るためには、針が貫通しない手袋を着用すれば一番確実ですが、着用時に手を動かし難くなることを嫌って着用しない人がほとんどです。もう少し一般的な手袋でも、着用するだけで噛まれた際の被害を軽減できます。


スポンサードリンク

マムシ対策で万が一の場合を想定する

以上のようなマムシ対策をすれば、マムシに噛まれて深刻な被害を被るリスクはかなり下がるでしょう。それでも自分だけでなく、家族や同行者などのことを考えると、誰かがマムシに噛まれるリスクはあるでしょう。マムシが生息する場所に行くならば、万が一のために以下のポイズンリムーバーを持って行くと良いでしょう。これはマムシに噛まれて体内に注入された毒を吸引する器具です。毒が全身に回る前に、少しでも早く吸い出すことができれば毒による被害を少なくすることができます。口で毒を吸い出すなどということは絶対にやってはいけません。必ずポイズンリムーバーのような器具を使いましょう。

マムシに噛まれてしまったらどうなるのか、どのように対処するばよいのかについても知っておいた方が良いでしょう。こちらの記事「マムシに噛まれたらどうなる?どうすればよい?被害者数は?」をご覧ください。

まとめ

マムシに噛まれないようにするための対策について紹介しました。マムシの毒は強く、毎年死者も発生していますので、とにかく噛まれないようにすることが大切です。

危険な生物についてはこちらの記事「危険な生物のことが分かるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ペットボトルは開封後いつまで飲めるのか?雑菌が繁殖する?

スポンサードリンク 清涼飲料やミネラルウォーター、スポーツドリンクなどでペットボトル入のものが普及しています。缶のものに比べると、開封後にも蓋を閉められますし、丈夫かつ軽量で持ち運びも便利なので、 …

車のエアコンの温度で燃費が良くなる設定は?換気とシェードも!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で、屋内に居ても熱中症になる危険があります。屋外はもっと暑いのですが、直射日光にさらされている車の中は極めて暑く、エアコンを使って温度を下げないと車内にいることは …

熟睡するために役立つ4つの方法!ぐっすり眠れない方向け!

スポンサードリンク 1日に8時間の睡眠をとるとすると、人生の3分の1は睡眠時間です。もちろん、多忙でもっと睡眠時間が短い人も多いですが、人生のかなりの割合が睡眠時間であることは変わりません。単純に …

喪服を即日でコナカやアオキで購入できる?女性用は?

スポンサードリンク 人間には寿命があります。いつかは家族の葬儀を行わなければならない時が来ます。残念ながらその日が突然訪れることもあります。家族が亡くなった場合は、いろいろとやることがあり、とにか …

扇風機とサーキュレーターのどっちが良い?違いは?おすすめは?

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しく、冷房を適切に使用しないと熱中症になるリスクが高くなります。猛暑日などには、部屋の温度を下げるためにエアコンは多くの電力を使用しますので、電気代も気になり …

最近のコメント