ESTA

ESTAの勤務先情報は退職後には?転職や入社直前には?

投稿日:2019年4月4日 更新日:

米国に旅行や出張をする際には、ESTAを申請する必要があります。現在は、ESTA申請公式サイトから必要な情報を入力して申請できます。しかし、間違った情報を入力し、渡航認証が拒否されてしまうと面倒なことになってしまいます。その中でも勤務先情報について悩む人が多いようです。以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼その他のESTAの疑問についてはこちら▼
ESTAの申請・有効期限などの疑問について解説します!

ESTAの勤務先情報は退職後には?

ESTAの申請システムで、申請者情報を入力して行くと、「勤務先情報」を入力するところが出てきます。そこには、「現在または過去に勤務経験がありますか?」という質問があり、仕事をしている場合は「はい」を選び、雇用主名、住所などの必要情報を入力します。

仕事をしている場合は悩まないのですが、退職し、仕事をしていない場合にどうすれば良いのか悩むことがあるようです。「現在または過去に勤務経験がありますか?」という質問ですので、退職して現在は仕事をしていない場合でも、退職する前に勤務していたところの情報を入力すれば大丈夫です。

ESTAの勤務先情報は転職したら訂正が必要?

ESTAの有効期限は2年間ですので、タイミングによってはESTAの認証を受けた後、有効期限が来る前に転職してしまうことがあるでしょう。このような場合は勤務先情報を修正しないといけないのでしょうか?

「在日米国大使館・領事館」のサイトによると、ESTAの有効期間中でも、「新しいパスポートを取得した場合、氏名、性別、国籍に変更があった場合、「はい」、または「いいえ」のESTAの質問に対する回答に変更があった場合」は、新たにESTAの申請を行わなければなりません。

また「Eメールアドレス、目的地の住所や旅行日程などの情報の更新は義務ではありませんが、正しい情報に更新いただくことを勧めいたします。情報の更新手続きに料金はかかりません。」とのことです。

したがって、転職しても勤務先情報を修正する必要はありません。次回、新たにESTAを申請する時に、新しい勤務先情報を入力すれば大丈夫です。


スポンサードリンク

ESTAの勤務先情報は入社直前には?

ESTAを申請するのが入社直前の場合はどうすれば良いでしょうか?よくあるのが大学の卒業旅行などに行くために、3月にESTAを申請する場合です。

基本的には申請時の情報を正確に入力すべきですので、申請を行う時に学生であれば「現在または過去に勤務経験がありますか?」という質問に対して「いいえ」で構いません。会社に入社し、ESTAの有効期限中に米国に出張することになっても、特に問題はありません。

まとめ

ESTA申請時の勤務先情報の入力については、案外悩む人がいますので、簡単に紹介しました。正確に入力し、認証許可を得ましょう。

スポンサードリンク


-ESTA
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ESTAは結婚したら旧姓のままでも大丈夫?再申請が必要?

スポンサードリンク 結婚し、新婚旅行は海外旅行を選ぶ人は多いでしょう。海外へ行く場合はパスポートが必要になります。そして米国へ行く場合はESTAが必要となります。パスポートやESTAを結婚する前か …

ESTA申請後に引っ越ししたら住所の修正が必要?本籍は?

スポンサードリンク 米国へ短期の旅行をするためにはESTAの申請が必要ですので、多くの方が申請しています。ESTAは有効期限が2年間ですので、申請後に引っ越しをするケースもよくあります。引っ越しを …

ESTAは家族のハワイ旅行でも必要?米国滞在中の住所と連絡先は?

スポンサードリンク 短期の旅行で米国に行く場合は、ESTAを申請し、許可を得る必要があります。したがって、米国本土に行く場合は当然必要なのですが、ハワイなどの米国本土から遠く離れた島に行く場合も必 …

ESTAが有効期限ぎりぎりなら更新した方が良い?確認は?

スポンサードリンク 日本から米国へ出張・旅行する場合には、ESTAが必要です。ESTAを申請して渡航認証許可を受けても、有効期限がありますので、永遠に使えるわけではありません。ESTAの有効期限が …

ESTAの申請でクレジットカードがない場合は?他人名義も大丈夫?

スポンサードリンク 米国に出張・旅行するためにはESTAが必要です。これはすでにご存知の方にとっては改めて言うまでもないことなのですが、ESTAが必要なことを知らずに申請しないでいると大変なことに …

最近のコメント