4K・8K・ディスプレイ

Ultra HD Blu-rayを見るにはどうすれば良い?

投稿日:2018年3月31日 更新日:

家電量販店のテレビ売り場に行くと、ものすごく美しい映像を表示している4Kテレビがあると思います。もしかしたらそれはUltra HD Blu-rayのコンテンツを表示しているかもしれません。なぜなら現在最高の映像を表示するには、テレビだけが高性能であれば良いのではなく、表示するコンテンツが優れている必要があるからです。今注目のUltra HD Blu-rayを見るための方法について紹介します。

スポンサードリンク

Ultra HD Blu-rayとは?

Ultra HD Blu-rayとは、これまでのBlu-rayの後継となる4K対応の次世代ブルーレイディスク規格です。主に高解像度、高輝度(HDR)、広色域の点で優れています。具体的にはBlu-rayはハイビジョンの解像度ですが、Ultra HD Blu-rayはハイビジョンの4倍の4K(3,840×2,160)の解像度&60pのフレームレートです。輝度はBlu-rayが100nitであったのが最大1,000~10,000nitにパワーアップしています。さらに色域はBlu-rayがBT.709に対応であったのが、BT.2020に拡張しています。

ディスプレイに表示される映像がリアルに見えるか否かのポイントは、高解像度、高輝度(高コントラスト、HDR)、広色域、高速応答とされています。Ultra HD Blu-rayの応答速度はBlu-rayと同じですが、解像度、輝度(コントラスト)、色域は格段に向上しており、よりリアルな映像を楽しむことができる次世代ブルーレイディスク規格なのです。

Ultra HD Blu-rayを見るには?一番綺麗に見える方法

Ultra HD Blu-rayは、従来のBlu-rayディスクのプレーヤーでは再生できません。Ultra HD Blu-ray対応のプレーヤーが必要です。またUltra HD Blu-rayの信号を十分に活かして表示するためには、Ultra HD Blu-rayに対応した4Kテレビが必要です。4Kというだけではなく、HDRおよび広色域の表示ができるテレビです。さらにプレーヤーと4Kテレビを接続するHDMIケーブルも通常のHDMIケーブルではなく、4K/60p/18Gbps高速伝送対応のHDMIケーブルを使用する必要があります。

(*4K用のHDMIケーブルについては、こちらの記事「4K HDMIケーブルの違いは?プレミアムHDMIケーブルとは?」をご覧ください)

以上の構成がUltra HD Blu-rayの映像を最高画質で楽しむためのものになります。現在、インターネット経由などでいくつかの4Kコンテンツ配信サービスがありますが、それらは伝送路(伝送ケーブル)の容量などの関係で小さく信号を圧縮しています。Ultra HD Blu-rayの場合は、すぐ近くにある4Kテレビまで信号を送れば良いので、より速い速度で信号伝送することができ、圧縮率がもっと小さく、多くの映像信号を送ることができます。そのため同じ4Kでもインターネット経由の配信サービスよりもUltra HD Blu-rayの方が画質が優れています。現段階では、もっとも高画質の4K映像を楽しむことができる方法と言って良いでしょう。

(*4Kコンテンツについては、こちらの記事「4Kコンテンツが不足?まだ楽しめないの?UHD ブルーレイ」をご覧ください)


スポンサードリンク

Ultra HD Blu-rayを見るには?今ある機器を使う方法

Ultra HD Blu-rayの美しい映像を存分に楽しむための構成を前項で紹介しました。しかし、予算の関係などで、Ultra HD Blu-rayを新たに購入するとしても、テレビなどを新たに購入できずに、これまで使っていたものをそのまま使うケースもあるでしょう。

ベストな構成に準ずるものは、以下のような順番になります。下に行くほど画質が下がります。

1.[Ultra HD Blu-ray対応プレーヤー]+[4K/60p/18Gbps高速伝送対応のHDMIケーブル]+[4K/HDRテレビ]

2.[Ultra HD Blu-ray対応プレーヤー]+[HDMIケーブル]+[4Kテレビ]

3.[Ultra HD Blu-ray対応プレーヤー]+[HDMIケーブル]+[ハイビジョンテレビ]

このようにハイビジョンテレビでもUltra HD Blu-rayのコンテンツが見られないわけではないです。またUltra HD Blu-ray対応プレーヤーは、ハードディスクを搭載したレコーダーとして販売されているものもあります。

ベストな構成を目指しながら予算の許す範囲で、それぞれの機器の買い替え時期・追加などのタイミングを見ながら揃えていくと良いでしょう。

まとめ

Ultra HD Blu-rayの美しい映像を存分に楽しむための方法・構成について紹介しました。美しい映像が楽しめる良い時代になりました。

スポンサードリンク


-4K・8K・ディスプレイ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

量子ドットディスプレイとは?原理・特徴・課題について解説!

スポンサードリンク 液晶ディスプレイはかなり高画質になりましたが、まだまだ研究開発が続けれられ、画質向上が続いています。広色域で色鮮やかなディスプレイとして注目されているのが量子ドットを使用した液 …

液晶と有機ELの消費電力を比較!どっちが高い?

スポンサードリンク 家電量販店のテレビ売り場には、液晶テレビと並んで美しい有機ELテレビが複数あります。まだ液晶テレビに比べて割高ですが、急速に値下がりしてきましたので、購入をお考えの方も少なくな …

4Kテレビの選び方は?アップコンバート・倍速駆動は?

スポンサードリンク 4Kテレビの価格がずいぶん下がってきたので、売れています。そろそろ4Kテレビを買おうとお考えの方も少ないくないでしょう。4Kテレビの選び方について紹介します。 スポンサード …

マイクロLEDの特徴と課題は?市場は大きい?アップルウォッチ?

スポンサードリンク 液晶が普及し、最近は有機EL(OLED)がiPhoneなどのスマホや大型テレビにも普及し始めています。日本の大手電機メーカーが急速な液晶の価格低下で業績不振に苦しみ、その強力な …

8Kテレビの販売はいつから?価格は?必要は?買い時は?

スポンサードリンク いよいよ4K/8K実用放送が始まろうとしています。地デジのハイビジョンに比べて4Kになるだけでもかなりの高画質ですが、ついに8K、スーパーハイビジョン放送が始まるなんて夢のよう …

最近のコメント