Apple Watch

Apple Watchのバッテリーの減りが早い!その原因と対処方法は?

投稿日:2019年9月14日 更新日:

Apple Watch Series 3 GPSモデルを使っています。毎日充電しなければならないのが少々面倒なのですが、普通に使用している範囲であれば、1日1回充電すれば余裕でバッテリーが持ちますので、外出先でバッテリー切れになるような心配はまずありません。ところが先日、Apple Watchのバッテリーが急速に減っていて驚きました。以下に紹介します。

スポンサードリンク

Apple Watchのバッテリーの減りが早い!

Apple Watch Series 3 GPSモデルを使い始めてからは、毎日入浴時に充電をしています。フル充電になったら再度腕に装着してそのまま就寝し、起床後もそのまま使い続け、外出、帰宅後にまた入浴時に充電するの繰り返しです。一番バッテリーを消費するのは休日にテニスをする時です。テニススクールで週に1回80分のレッスンを受けていますので、その前の準備運動の時からワークアウトを使います。それでも充電を開始する直前でも、通常はバッテリー残量が約3割以上残っています。

*以前、Apple Watch 3のバッテリーの持ちついて調べた結果については、こちらの記事「Apple Watch 3のバッテリーの持ちを調べてみました!」で紹介しています。

いつもはそんなバッテリーの減り方・残量なのですが、先日は朝出勤してApple Watchを見たらいつもよりもバッテリーが減っていたので「バッテリーの減りがいつもより早いなあ」と気になりました。昼休みにApple Watchを見たらさらにバッテリーが減っていて、「このペースでは帰宅するまでバッテリーがもたないかもしれない!」と思って焦りました。

充電はいつも自宅でしていたので、この時も持ち歩いてなく、すぐに充電することもできませんでした。夕方にはバッテリー残量が10%となり、ついに「省電力モード」になりました。省電力モードにしたことが無かったのでちょっと驚きました。

最悪、バッテリーが無くなって時計として使えなくなることを想定していましたが、省電力モードになってからはさすがにバッテリーの減るスピードは緩やかになり、自宅に戻るまでギリギリバッテリーがもちました。

それにしてもいつもと同じように使っていたのになぜバッテリーの減るスピードが早くなってしまったのでしょうか?調べてみるとどうやらwatchOSのアップデートが原因のようです。次項でさらに説明します。

Apple Watchのバッテリーの減りが早いのはwatch OSが原因?

Apple Watchのバッテリーの減るスピードが速くなる前にしたことで、いつもと違うことと言えば、「watchOS 5.3.1」にアップデートしたことです。それ以外に心当たりはありません。

インターネットで検索してみると、バージョンは違いますがwatchOSをアップデートした後にバッテリーの減るスピードが速くなったという記事がいくつかヒットしますので、確かにそのような症状が確認されているようです。

watchOSのアップデートはこれまでにも何回かやったことがありますが、今回のようなバッテリーの減るスピードが速くなるという症状は初めて体験しました。watchOSをアップデートをすれば必ず発生する症状というわけではないようです。

この症状が現れた場合の対処方法は、Apple Watchを再起動すること。バッテリーの減りが早いと感じたらすぐに再起動すれば通常の状態に戻ることがほとんどです。したがって、watchOSをアップデートしたら、念のためにApple Watchを再起動すると良いでしょう。


スポンサードリンク

Apple Watchのバッテリーの減りが早い場合は再起動!

Apple Watchのバッテリーの減るスピードが速いのは、watchOSのアップデートが原因らしいということがわかったので、先日、急激にバッテリーが減って省電力モードになってしまった時も、まず自宅で充電し、その後に再起動しました。その結果、それ以降は同様の症状は発生していません。対処方法として「再起動する」ということが有効ということも確認できました。

再起動の方法は以下の通りです。

1.サイドボタンを長押しします。すると以下のような画面になりますので、「電源オフ」スライダを右にドラッグします。

2.Apple Watchの電源が切れたことを確認後、サイドボタンをAppleのロゴ「リンゴマーク」が表示されるまで長押しします。

「調子が悪くなったら再起動する」という対処方法はパソコンやスマホと同じですね。

まとめ

Apple Watchのバッテリーの減るスピードが速くなるという症状が発生することがあるということを紹介しました。調子が悪くなったら、とりあえず再起動してみましょう。

Apple Watchの使い方のコツについては、こちらの記事「Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-Apple Watch
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Apple Watchのメモアプリのおすすめは?シンプルなのがベスト

スポンサードリンク Apple Watch用のメモアプリのおすすめはどれでしょうか?いろいろなアプリがある中で、シンプルで無料のアプリを試してみましたので紹介します。メモは素早く起動できて、音声で …

Apple Watch 3 GPSでできること 使いこなす!買ってみた!

最近、Apple Watch 3 GPSモデル買いました。もしかしたらApple Watch 3を買いたいと思いながらも、「上手く使いこなせるかな?」と不安を感じて買うのを躊躇している方もいらっしゃる …

Apple WatchのSiriを活用してできることは?

スポンサードリンク Apple Watchを手首に巻いて、画面をタッチしたり、スワイプしたりして色々な操作ができます。このようにして必要な操作をして使いこなせれば、Apple Watchは本当に便 …

Apple Watch 4の心電図機能は日本では使えない?裏技は?

スポンサードリンク 2018年に発売されたApple Watch Series 4の最大の注目機能は、心電図機能です。これを最初に聞いた時は、「欲しい!心電図機能を使ってみたい!」と思いましたが、 …

Apple Watchのワークアウトの使い方!テニスで使ってみた!

スポンサードリンク Apple Watchを購入し、使用する理由として、「日々の活動量(消費カロリー)を計測してヘルスケアに活用する」は多いのではないかと思います。このような目的には、ウェアラブル …

最近のコメント