Apple Watchのアプリを削除する方法!iPhoneから標準アプリも再インストールできる?

アプリ削除Apple Watch

Apple WatchはiPhoneに比べて画面が小さいので、指で操作するのは少々面倒です。使用しないアプリを削除すると、ホーム画面で表示されるアイコンが減りますので、操作しやすくなりますし、ストレージ容量にも余裕が生まれます。

削除してしまったアプリも必要になれば再インストールして復活させることができますので心配要りません。削除と再インストールの方法をマスターしておきましょう!

スポンサーリンク

Apple Watchのアプリを削除する方法

Apple WatchのApp(アプリ)は、iPhoneとApple Watch本体のそれぞれから削除することができます。しかし、アプリによっては、後ほど説明するようにiPhoneからは削除することができず、Apple Watchから削除しなければならないものもあることは知っておくと良いでしょう。

Apple Watchからアプリを削除する方法

デジタルクランを押してホーム画面を表示し、削除(アンインストール)したいアプリを見つけます。アプリのアイコンの上に指を置いて数秒間待つと、以下のようにアイコンの左上に「×」が表示されます。

この「×」をタップすることでアプリを削除することができます。

アプリ削除1
アプリ削除
Apple Watchから削除したアプリは、同時にiPhoneからも削除されます。

Apple WatchのアプリをiPhoneから削除する方法

iPhoneのWatchアプリを起動します。表示された画面を下にスクロールしていくと、インストールされているアプリのリストが表示されます。

最初はApple純正の標準アプリのリストがあり、その下に他社の後からインストールしたアプリのリストがあります。

他社のアプリの中から削除(アンインストール)したいアプリがあれば、それをタップします。

アプリ削除
次に表示される画面で、[AppをApple Watchで表示]のボタンをオフ(非表示)にすることで、iPhoneとApple Watchから削除されます。

アプリ削除
この方法で削除できないアプリについては、次項で説明します。

スポンサーリンク

Apple Watchの標準アプリは削除できない?

前述のiPhoneから削除する方法では、Apple純正の標準アプリは削除できません。

標準アプリのうちのいくつかは、前述のApple Watchから削除する方法により削除できます。しかし、削除できない標準アプリもあります。どのアプリが削除できるのかは、watchOSのバージョンによっても異なります。

削除できるアプリを確認する方法は、Apple Watchのホーム画面でアイコンの上に数秒間指を置いて、「×」マークを表示させます。そうすると、標準アプリにも「×」マークが表示されていることが以下のように確認できます。

アプリ削除
これらの標準アプリは、「×」マークをタップすれば同様に削除できます。

watchOS 7.3.1での2021年2月28日時点で削除できる標準アプリは以下です。

ノイズ
呼吸
再生中(Now Playing)
周期記録
Radio
リモート
アラーム
カメラリモート
ストップウォッチ
タイマー
トランシーバー
心電図(ECG)
探す
睡眠

スポンサーリンク

Apple Watchのアプリを再インストールする方法

Apple Watchのアプリをインストールする方法は、iPhoneからインスールする方法とApple Watchからインストールする方法がありますので、それぞれ紹介します。

Apple WatchのアプリをiPhoneからインストールする方法

インターネット上には、直接アプリをダウンロード&インストールできるサイトがありますが、Appleの認証を得ているアプリはApp Storeからダウンロード&インストールできますので、基本的にはApp Storeからインストールしましょう。

つまり、App Store以外からのダウンロード&インストールは、Appleのチェックを通過していませんので、セキュリティ上のリスクがあります。

App Storeアプリを起動したら、検索窓にアプリ名を入力して探します。すぐに見つかったら[入手]をタップし、インストールできます。

ところがAppleの標準アプリを探そうとして、アプリ名を入力して検索しても見つからないことがあります。そんな時は、検索窓に「Apple」と入力して検索しましょう。そうすると標準アプリが表示されます。

この方法で問題となるのは、iPhoneからではインストールできないアプリがあるということです。iPhoneのApp Storeで検索した時に「入手」が表示されない場合は、iPhoneからインストールできませんのでApple Watchからインストールしましょう。

Apple Watchからアプリをインストールする方法

デジタルクラウンを押して、ホーム画面からApp Storeのアイコンをタップし、起動しましょう。

標準アプリをインストールする場合は、音声入力で「アップル」と言って入力しましょう。そうすると標準アプリが表示されますので、選択して再インストールできます。

アプリを削除して容量不足を解決する

iPhoneのWatchアプリを起動し、[一般]>[使用状況]と進むと、Apple Watchのストレージの使用可能容量と使用中容量、および各アプリの使用容量が表示されます。

アプリ削除
比較的新しいApple Watchの場合は、比較的ストレージ容量に余裕がありますが、Series 3の場合はそれほど容量に余裕がない場合があります。

ストレージ容量に余裕が無くなると、watchOSのアップデートに非常に時間がかかったり、アップデートに失敗することもありますので、使わないアプリは削除すると快適に使えるでしょう。

まとめ

Apple Watchのアプリの削除・再インストール方法について紹介しました。それほど気にしすぎる必要もありませんが、ある程度使わないアプリを整理すると、効率よく、快適に使えるでしょう。

▼▼Apple Watchの使いこなし方はこちら▼▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました