Apple Watchのスクリーンショットの撮り方と活用方法

Apple Watch

iPhoneを使っていると、画面を保存しておきたいと思うことがあり、とりあえずスクリーンショットで撮影します。Apple Watchも同様で、後でいつでも画面に表示できるようなものならば良いのですが、この瞬間しか表示されないものや再度表示する方法がよくわからないものはとりあえずスクリーンショットで撮っておくのが良いでしょう。Apple Watchのスクリーンショットの撮り方と活用方法について紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

Apple Watchのスクリーンショットの撮り方

Apple Watchのスクリーンショットの撮り方は簡単で、右側の側面にあるデジタルクラウンとサイドボタンを同時に押せば撮影できます。この方法はインターネットで検索するとすぐに紹介しているブログなどが見つけられますが、実際にこの通りにやってみて撮影できますでしょうか?問題なく撮影できればそれで良いのですが、実は私は最初にこの方法をやってみた時にスクリーンショットを撮影できず、しばらくインターネットで色々と検索してスクリーンショットの撮り方を探していました。

その結果分かったのが、「デジタルクラウンとサイドボタンの同時押し」で撮影できない場合は、スクリーンショットを撮影できる設定になっていないということです。iPhoneのApple Watchアプリを起動し、[一般]の中にある[スクリーンショットをオンにする]のボタンがオンになっているか確認しましょう。

私の場合はこのボタンがオフになっていました。これをオンにすることにより、「デジタルクラウンとサイドボタンの同時押し」でApple Watchのスクリーンショットを撮影できるようになりました。

Apple Watchのスクリーンショットの保存

Apple Watchのスクリーンショットで撮影した画像は、iPhoneに送られ、写真アプリあるいはカメラアプリで確認することができます。

AppleのiPadやMacBookユーザーならば、iCloud経由でiPadやMacBookへも送られてスクリーンショットの画像を確認できます。

Appleは自社製品の連携を高めることを戦略的に進めています。これはApple製品を複数使っているユーザーならば実感としてもあるでしょう。特にApple Watchについては、はっきり言ってiPhoneが無いとその機能を十分に使うことができません。これはAppleの戦略でもあり、両方使っていればとても便利です。またApple Watchのようなウエアラブルデバイスにあらゆる機能を盛り込むことにも無理があるということも事実です。これからApple Watchの購入を検討されている方はiPhoneが必要ということを知っておいた方が良いでしょう。


スポンサードリンク

Apple Watchのスクリーンショットの活用方法

Apple Watchの一つの弱点として、iPhoneにデフォルトでインストールされているメモアプリを、Apple WatchからSiriで使用できないことが挙げられます。これは技術的に難しいことでは無いと思うのですが、Appleがなぜメモアプリを利用できないようにしているのかは謎です。

そのため、Apple Watchの使い方を解説したブログなどではリマインダーなどに入力して、それをスクリーンショットに撮影するなどの使い方が紹介されていたりします。もちろん、Apple純正ではないメモアプリをインストールして使うという方法もあります。しかし、アプリによってはApple Watchの機種によっては対応していないこともあるので、事前によく確認した方が安心です。

このブロブのようにApple Watchの画面を掲載して、色々な記事を書こうという方もいらっしゃるでしょう。私もApple Watchの画面をiPhoneで撮影したのですが、目で見たような色で撮影することは案外難しいということに気がつきました。理由はコントラストが高いこと、色域の特性などによると考えられます。以下の上側の写真はスクリーンショットの画像ですが、これを同じ画面をiPhoneで撮影すると下の写真のように違った色合いになります。

これだけ色が変わってしまうとApple Watchの紹介にも支障が出そうです。やはりスクリーンショットの方法は基本として習得しておきたいですね。

まとめ

Appel Watchのスクリーンショットの撮影方法について紹介しました。ブログなどでApple Watchを紹介する時も、せっかくならば綺麗な画像を使いましょう!

▼▼Apple Watchを使いこなすためのコツはこちら▼▼
Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました