Apple Watchのノイズアプリで耳を守る!設定は?

Apple Watch

Apple Watch Series 5にはノイズアプリが搭載されており、周囲の騒音レベルを定期的に計測しています。設定した騒音レベルに達すると、耳を守るために警告を通知してくれます。意識しないうちに耳に損傷を与えてしまわないように、普段の自分の環境の騒音レベルを把握しておきましょう。ノイズアプリについて紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼Apple Watch 5の使い方のコツはこちら▼▼
Apple Watch Series 5についてまとめてみました!

Apple Watchのノイズアプリで耳を守る!

Apple Watch Series 5では、初期設定ではノイズアプリで周囲の騒音レベルを計測する設定(*「環境音測定」をオン)になっているので、設定を変更していなければ常に計測しています。デジタルクラウンを押してホーム画面を表示し、以下のノイズアプリアイコンをタップすれば、以下のようにノイズレベルが表示されます。

騒音の大きさは「dB(デシベル)」という単位で表されるのですが、これがあまり馴染みのない単位なので数値を言われてもピンと来ない方が多いのではないかと思います。後述するように大きな騒音を聞きすぎると耳を損傷する恐れがあります。そのような危険を察知できるようになるためにも、このノイズアプリを利用して、どのぐらいの騒音が何dBに相当するのかをチェックしてみると良いでしょう。

ちなみに自宅で家族でテレビでバラエティ番組を見ている時の音は、おおよそ55dBでした。興味がある番組であれば気にならないですが、自分は見ていないで他の人が見ているという状況では少々うるさく感じますね。

Apple Watchのノイズアプリで耳を守るための騒音レベル

Appleの公式サイトによれば、80dBを下回る音量ならば、長期間さらされていても聴覚に影響はなく、Apple Watchのノイズアプリの画面でも「OK」と表示されます。

80dBを超える音量となると、騒音を聞く時間が長くなるほど聴覚への影響が大きくなり、1日当たりの限度時間があるとされ、それを上回ると難聴になる可能性があります。Apple Watchのノイズアプリ内に、これらの音量と限度時間について説明が記載されており、必要に応じて確認することができます。

前述のように音が大きいと感じたら、ノイズアプリで何dBであるのかを確認するようにすれば、ある程度経験を重ねると危険な騒音レベルがどの程度のものか体感でわかるようになるでしょう。


スポンサードリンク

Apple Watchのノイズアプリの設定

Apple Watchのノイズアプリの設定は、iPhoneから行います。Watchアプリを起動し、[ノイズ]をタップします。すると以下のような画面が表示されます。「環境音測定」のボタンがオンになっていることを確認しましょう。

また「ノイズのしきい値」が初期設定のままであれば「90デシベル」に設定されています。「90デシベル」のところをタップすると、以下のような画面が表示され、他の設定に変更することができます。

ここにもそれぞれの音量に対して1日の許容時間(限度)が記載されています。これは世界保健機関(WHO)の指標に基づいたものだそうです。耳の健康にために参考にしましょう。

まとめ

Apple Watch 5に搭載されているノイズアプリについて紹介しました。自分が普段いる環境がどの程度の騒音レベルであるのか、Apple Watchを使って計測し、確認しておくと良いでしょう。

▼▼Apple Watch 5の使い方のコツはこちら▼▼
Apple Watch Series 5についてまとめてみました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました