ライフ

ヒートアイランド現象対策として緑化は有効!屋上・壁面緑化!

投稿日:

地球温暖化のメカニズムについては未だに議論が続いていますが、都市部のヒートアイランド現象についてはほとんどの人が異論無く、コンセンサスが得られているようです。地球規模の気候変動に比べてずっと小さい規模での現象なので、その因果関係を確認しやすいからでしょう。ヒートアイランド現象対策として、緑化の有効性が認められています。以下に紹介します。

スポンサードリンク

ヒートアイランド現象対策として緑化は有効!

都市部のヒートアイランド現象の要因として、地表面の舗装やビルなどの人工物による太陽光の吸収が挙げられています。アスファルトやコンクリートは、太陽光のエネルルギーを吸収して温度が上昇しやすく、夏の日中には50℃以上になることも珍しくありません。日没後も高温になったこれらの表面からの放射によって周囲が温められます。

気温が高くなるとエアコンによる冷房の使用が増え、その排熱がさらに気温を上昇させるという2次的な効果もあります。

各地の気温を地図上に重ねた温度マップを見ると、森林や樹々の多い公園などは舗装されて日光を遮るところがない場所よりも気温が低いことは簡単に確認できます。植物の表面は蒸散効果などによって35℃以上には通常はならないからです。

これらのことからだけでも、都市部の舗装された地表面や人工物に直接日光が当たらないように緑化することで、ヒートアイランド現象対策として有効であることが分かります。もちろんヒートアイランド現象が発生している都市部のどのぐらいの割合を緑化すれば、これまでに比べてどれだけ気温を下げることができるのかという点では、かなりの割合であることは間違いありません。しかし、長期的に地道に緑化を進めていくことが大切です。

ヒートアイランド現象対策としての屋上緑化

日本最大の都市部である東京都心では、一定規模の敷地において建築物の新築、増築などの行為を行う場合は、都の条例や区市町村の条例、要綱等により、緑化を行うことが義務付けられています。したがって、地道に人工的な建築物の一定の割合の面積が緑化されています。この条例以前から存在する建物については緑化の義務は無いのですが、自発的に緑化する動きもあります。

これらの建物の多くで取り入れられているのが屋上緑化です。前述のようにアスファルトやコンクリートなどの人工物が露出している場所では、夏の炎天下では50℃以上になることが珍しくありませんが、緑化して植物で覆うことで35℃以下になりますので、その効果は大きいです。都心にある建物の多くの屋上が緑化されれば、かなりの面積の緑地が生まれるでしょう。それは高温の人工物と置き換わるわけですので大きな意味があります。

また屋上を緑化すると、建物内部に対して断熱効果があり、太陽光により建物内部の温度上昇を抑制する効果があります。その分、冷房の使用量が減らせれば、エアコンによる排熱量も減らせるので、気温上昇を抑制する効果があります。

六本木ヒルズでは、屋上緑化に積極的に取り組み、その効果もサイトで発信しています。敷地の29%を緑で覆い、周辺と比較して表面温度が10℃~15℃低くすることに成功しています。また非常に綺麗な「緑」のスペースで、憩いの場にもなっています。


スポンサードリンク

ヒートアイランド現象対策としての壁面緑化

高層ビルなどでは、前述のように屋上緑化という方法が主流ですが、壁面緑化という方法も有効です。壁面に蔦が絡まるように覆い茂っている建物は昔からありましたが、ヒートアイランド現象対策として積極的に導入するところが増えています。グリーンのカーテンと呼ばれることもあります。

簡単なものは1階の窓を覆う程度の高さのものもありますが、本格的に施工したものは5階建てのビルのほぼ全面を覆うような高さのものもあります。壁面緑化の専門業者もありますので、かなりの高さの建物まで植物で覆うことができます。

植物を育てる楽しさもありますので、横浜市の小学校ではコンテスト形式で学校の校舎をグリーンのカーテンでで覆うイベントも行われました。植物で覆った教室は、日光を遮る効果と植物の蒸散効果により温度上昇を抑制することができ、エアコンの使用時間が前年の約半分、電気代も約半分になったとのことです。

地域全体の温度を下げるには大きな面積で緑化をしないといけませんが、このように学校の教室内などの局所的な温度を下げるには、局所的に緑化をするだけでも大きな効果があり、エアコンからの排熱も大きく減らすことができます。多くの人が緑化に取り組めば、かなりの効果を上げられそうですね。

まとめ

ヒートアイランド現象対策として屋上緑化と壁面緑化について紹介しました。原理的には同じような仕組みで、校庭に芝生を植える、街路樹を植えるなどの緑を増やす取り組みも進められています。緑化が難しい場合は、遮熱性舗装を使用したり、建物に遮熱性塗料を塗るなどの努力も進められています。みんなの努力でヒートアイランド現象を抑制しましょう!

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

魚の養殖は日本と世界でどうなっているの?自給率は?

スポンサードリンク 日本では多くの魚介類が食べられています。世界でも人口の増加とともに一人あたりの魚介類の消費量が増えて、世界全体の魚介類の消費量は増え続けています。これに応えるために魚介類の生産 …

筋肉をつける方法!誰でも簡単にできます!筋肉体操も活用!

スポンサードリンク 本格的にトレーニングをしているアスリートではない一般の方でも、運動不足の状態が続くと、どんどん筋力は衰え、体力不足を感じることが多くなります。最近の研究では、高齢者になってから …

足型測定を店舗でやってもらおう!ゼビオでやってみました!

スポンサードリンク 自分の足型をシューフィッターなどに計測したもらったことはありますか?足型を計測し、自分の足に合った靴を履くようにしないと、足が変形し、様々な身体のトラブルの原因になります。足型 …

EPAとDHAを魚以外から気軽に食べるには?間食とサプリ?

スポンサードリンク 人間の身体は、日々食べているものからできていることは言うまでもないでしょう。身体のことを考えれば、食べるものにある程度考えるのは自然でしょう。特におやつなどで不足しがちな栄養素 …

自転車で傘をさすのは違法?ヘッドホンは?事故の過失割合は?

スポンサードリンク 自転車によく乗る人は、便利なので雨の日も乗りたくなることが多いでしょう。 傘をさしながら片手で自転車を運転することは違法なのでしょうか? ヘッドホンを着用しながら自転車を運転す …

最近のコメント