ライフ

洗顔料とボディソープ(ボディシャンプー)とシャンプーの何が違う?

投稿日:2017年10月31日 更新日:

普段は洗顔料とボディソープを使い分けていますか?ボディシャンプーとシャンプーは使い分けている人が多いのではないでしょうか?

温泉や銭湯に行くと、シャンプーとボディソープしか置いていないことがあります。そんな時にはボディソープで顔を洗いますが、ボディソープで顔を洗っても大丈夫なのでしょうか?

スポンサードリンク

洗顔料とボディソープの何が違う?

洗顔料は洗顔フォームと呼ばれることもありますがどちらも同じです。ボディソープはボディシャンプーと呼ばれることがありますがこれらも同じです。

それでは洗顔料とボディシャンプーは何が違うのでしょうか?どちらも洗剤なのではないでしょうか?

洗顔料もボディシャンプーも、非常に多くのメーカーから数多くの製品が販売されていますので、一概には言えませんが、一般的な傾向として「洗浄力」が異なります。

顔は身体の他の部分に比べて皮膚が薄く、デリケートです。身体を洗う時には、かかとや膝など角質が硬くなりやすい場所も洗います。そのため身体用は洗浄力を強く、洗顔用は少し洗浄力を落としている製品が多いようです。しかし、肌の調子や状態は個人差も大きく、ボディソープで顔を洗っても全然大丈夫な人もいますし、繰り返し使うと肌に負担が大きくなる人もいます。製品による差もあります。

洗浄力以外では、それぞれの用途に使い易くなるように工夫されています。洗顔料は、両手で簡単に泡立てて顔にのせやすいような成分になっています。またヒアルロン酸などの肌に良い成分・保湿成分などが配合されているものも多くなっています。ボディソープは、顔よりも広い面積の身体に使うので、身体を洗い易いように泡立ち・泡切れが良くなっています。夏場の汗をかき易い時期のために、清涼感が感じられるような成分や体臭を抑えるデオロラント成分を配合した製品も多くあります。

ボディシャンプーとシャンプーの何が違う?

身体用のボディシャンプー(ボディソープ)と洗髪用のシャンプーは何が違うのでしょうか?ボディシャンプーで髪の毛を洗ってはいけないのでしょうか?

いずれも身体を洗うための基準をクリアしていますので、1回から数回程度ボディシャンプーで髪の毛を洗ったり、シャンプーで身体を洗うと肌に深刻なトラブルを与えるということはあまりないでしょう(*極めて肌が敏感な方は試さないで下さい)。もしそれほど大変なことになるならば、洗髪時のシャンプーが身体についただけで大変なことになってしまうでしょう。

しかし、やはりそれぞれの用途に相応しいように製品開発されていますので、特徴があります。シャンプーは、髪の毛と頭皮を洗い易いように粘度などが調整されており、洗い上がりも髪の毛がゴワゴワしないように髪の毛をコーティングする成分が入っています。通常はコンディショナーと併用するので、髪の毛をコーティングする成分はコンディショナーほどではないですが、シャンプーにも配合されています。

ところがボディシャンプーは、そもそも身体用に研究開発されたものですので、粘度等が髪の毛・頭皮の洗浄に最適に調整されているわけではありません。そのため整髪料が十分に洗い落とせなかったり、頭皮・毛穴の洗浄が十分できなかったりすることがあるようです。したがって、日常的にボディシャンプーで洗髪するのはあまり良いとは言えないでしょう。

またシャンプーには、前述のように髪の毛をコーティングする成分が配合されていますので、繰り返し身体を洗うために使うとニキビなどの原因となることもあるようです。


スポンサードリンク

固形石鹸と液体石鹸の何が違う?

固形石鹸と液体石鹸は何が違うのでしょうか?

基本的には主成分が異なります。固形石鹸は脂肪酸ナトリウム、液体石鹸は脂肪酸カリウムからできています。

液体石鹸の場合、石鹸の成分である脂肪酸カリウムの含有量が30%程度に抑えれています。それ以上増やすと液状ではなく固体状になってしまうためです。固形石鹸はより多くの割合が石鹸の成分である脂肪酸ナトリウムからできているので、洗浄力が強くなっています。石鹸成分の含有量から考えても、製品の実売価格から見ても、固形石鹸の方が液体石鹸よりも一般に低コストです。

液体石鹸は、ポンプ式のパッケージなどで販売されていることが多く、使い易くて便利です。反面、プラスチック容器などがゴミとして出ますので、省資源という点でも固形石鹸はメリットがあります。

固形石鹸を使っていると、使い終わりに近くなると石鹸が水に溶けにくく、泡立ちにくくなることを経験された方も多いのではないでしょうか?これは石鹸が水に濡れるなどして、溶け易い成分が先に溶け出し、溶けにくい成分が残ってしまうからです。できるだけ使用していない時は水に浸からないようにし、さらに乾き易いように石鹸置きを使いましょう。

まとめ

石鹸は身体を洗うために欠かせないものです。それぞれの用途ごとに便利なものが研究開発されていますので、自分の肌に合うものを探して、使い分けましょう。

美肌になるための洗顔方法の基本は、こちらの記事「美肌になるための洗顔方法 正しいのは?保湿は必要?」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

窓の結露による問題 防止方法は?賃貸でもできる対策は?

スポンサードリンク 寒い季節になると気になるのが窓の結露。家の窓などに結露が発生し、量が多くなるとその周辺まで結露による水が広がってしまいます。この結露に悩んでいる人も多いようです。 結露対策につ …

オイルヒーターは電気代が高い?長所・短所は?使い方のコツを紹介

スポンサードリンク 暖房器具と言えば、40年ぐらい前の日本では石油ストーブとコタツが多くの家庭で使われていました。私が子供の頃の我が家でもそうでした。 その後、間取りの洋風化とともにエアコンや電気 …

浄水器の選び方 蛇口直結型 ポット型 据え置き型のどれがいい?

海外に行くと水道からの水をそのまま飲めないことも少なくありません。しかし、日本ではほとんどの場合、水道水をそのまま飲むことができ、「世界一安全な水道水」とも言われます。そんな日本の水道水にも浄水器が必 …

腕時計が防水ならば水に濡れても大丈夫?メンテナンスは?

スポンサードリンク 腕時計にもいろいろな種類があり、価格面でも性能面でも本当に幅広いです。自分で気に入ったものを使えばよいのですが、有名ブランドの高級腕時計が好きで、頑張って購入したら大切に使いた …

中学生の子供の足が臭い!効果がある消臭方法を紹介します!

スポンサードリンク 暑くなってくると子供の足の臭いがきつくなってきて気になります。我が家の中学生の息子の足も、帰宅した時は強烈な臭いを放っています。思春期なのであまり「臭い!」と注意して悩み始めて …

最近のコメント