iPhoneのカメラのシャッター音を消す方法!これは便利!

iPhone

iPhoneのカメラは便利ですね。コンパクトなiPhoneはいつも気軽に持ち歩けますし、何か写真に残したいものがあればすぐに撮影できます。しかし、iPhoneで撮影する時のシャッター音が大きく、気になります。どうにかならないのでしょうか?その解決方法を紹介します!

スポンサードリンク

注目!
▼▼iPhoneの知っておくと便利なことはこちら▼▼
iPhoneのアクセサリーとアプリと知っておくと便利なことまとめ

iPhoneのカメラのシャッター音を消すのは可能?

iPhoneのカメラのシャッター音は、一つには盗撮防止などの観点から装備されている機能のようです。スマホのカメラを悪用して、人混みなどで盗撮をする人が居るので止むを得ないことのようです。したがって、AppleとしてもiPhoneのカメラのシャッター音を消すことは避けているようで、標準のiPhoneの操作等により無音にすることはできないようです(*一般に知られていない裏技がある場合はわかりませんが、どうやらないようです)。

iPhoneのデフォルトの状態でシャッター音を無音にすることは断念せざるを得ませんが、次項で述べる方法でシャッター音を消すことができます。

Phoneのカメラのシャッター音を消す方法

iPhoneのカメラーのシャッター音を消すためには、市販のアプリをインストールする方法が簡単で便利です。おすすめなのが「OneCam 高画質マナーカメラ 〜フリックでシェア〜 」です。有料ではありますが、240円とお手頃な価格です。

使い方は簡単で説明するまでもないです。ただインストールし、起動して、シャッターをタップするだけで無音で写真撮影できます。画素数の設定などもでき、非常に使い勝手の良いアプリです。


スポンサードリンク

iPhoneのカメラのシャッター音を消して撮影して見た!

「OneCam 高画質マナーカメラ 〜フリックでシェア〜 」で実際に撮影して見ました。全くシャッター音がせずに無音で撮影できましたので、大満足です。価格を考えてもインストールしておいて損は無いアプリでしょう。

非常に使いやすいアプリなのですが、比較的照明が暗くしてある部屋でのプロジェクションスクリーンのように、コントラストが高いものの写真撮影などでは露出の調整が難しく、うまく撮れないことがあります。そんな状況でのこのアプリでの露出調整方法について簡単に説明しておきます。

まず撮影したいものにカメラを向け、画面をタップすると青色の四角と、赤色の円が表示されます。青色の四角はピントを合わせている場所を示し、赤色の円は露出を自動調整する基準の場所を示しています。

この赤色の円をドラッグし、上方に移動させると露出を絞り、反対に下方に移動させると露出をオーバー方向に調節することができます。上の写真と以下の写真を見比べていただければ、露出が調整されていることがわかると思います。これが多くの撮影シーンで非常に役立ちます。

色々な講演会などでプロジェクションスクリーンに映されたものを撮影するためには、通常は講演者・主催者の許可が必要です。撮影が禁じられている場合は撮影しないようにしましょう。

まとめ

写真撮影がOKな場所でも、iPhoneのシャッター音などの大きな音を出すことは問題となる場合があります。iPhoneのシャッター音を消すアプリは必須アプリの一つと言って良いでしょう。

▼▼iPhoneの知っておくと便利なことはこちら▼▼
iPhoneのアクセサリーとアプリと知っておくと便利なことまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました