MacBookでデスクトップを表示する方法とウインドウを切り替え

MacBook

MacBookを使う時に多くの人が複数のアプリケーションを使い、複数のウインドウを同時に開いているでしょう。高精細なディスプレイでマルチタスクができるので、ごく自然にそのような使い方になります。そのため使用するウインドウを切り替する、デスクトップを表示するなどの操作を手早くできることが、スピーディに使いこなすために必要になります。以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼MacBookの使い方などの情報はこちら▼▼
MacBookを使いこなすためのガイド

MacBookでデスクトップを表示する方法

MacBookでは、もちろん好きな写真をデスクトップの壁紙に設定することができますので、ゆっくり壁紙の画像を鑑賞したりしたくなります。またスクリーンショットで画面を保存すると、画像ファイルがデスクトップ上に置かれますので、それを確認したくなります。このようにいくつかの状況で、複数開いているアプリケーションのウィンドウを閉じて、デスクトップを表示したくなることがあります。そんな時に複数のアプリケーションのウインドウを閉じていたら面倒ですね。

複数のアプリケーションのウインドウが開いている状況から、一気にデスクトップを表示することのできる操作は、[fn]+[F11]です。Touch Bar搭載のMacBook Proでは、[fn]キーを押すとTouch Barにファンクションキーが表示されますので、[fn]キーを押したまま[F11]を押します。

MacBookでウインドウを切り替える方法

MacBookで同時に複数のアプリケーションを起動し、複数のウインドウを開いていると、それぞれのウインドウ間を素早く行き来できるかどうかで、操作の効率にかなり差が出ます。そこでおすすめなのは以下の「Mission Control」の活用です。

画面下部のDockに「Mission Control」を追加しておくと、これをクリックするだけで現在開いているウインドウを一覧でき、そこから見たいウインドウを選択できますので便利です。

Dockへの追加は、「アプリケーション」フォルダを開き、そこから「Mission Control」のアイコンをDockへドラッグ&ドロップするだけで簡単にできます。普段、私はもっとも頻繁に使う機能の一つです。

また「Mission Control」を使う際に、マウスでDockのアイコンをクリックするよりも、キーボードのショートカット操作の方が使いやすいようでしたら、[control]+[↑](*カーソルの上矢印)で同様の操作ができます。「Mission Control」でウインドウを一覧表示している状態から[control]+[↓]で元のウインドウに戻せます。


スポンサードリンク

MacBookでデスクトップを複数使う方法

「Mission Control」を使えば、ウインドウの選択・切り替えが素早くできます。しかし、私は普段MacBookを使って作業をする時に、10個以上のウインドウを開いたままにすることが多く、多くなるほどさすがに「Mission Control」でウインドウを一覧にしても、それぞれのウインドウが小さく表示されるために使い難くなります。そこで、多くのウインドウを開きながら使用する人におすすめなのは、デスクトップの追加です。

「Mission Control」を起動すると画面右上に[+]のボタンが表示されますので、これをクリックすると新しいデスクトップが追加されます。「デスクトップ1」と「デスクトップ2」で使用するアプリケーションを割り振ると、「Mission Control」で開いているウインドウを一覧表示した時に、表示されるウインドウの数が減るため、操作しやすくなります。

まとめ

MacBookを使う時に、ほとんどの場合は複数のアプリケーションを起動し、複数のウインドウを開いて使用するでしょう。表示したいウインドウやデスクトップに素早く切り替えられると、非常に効率よく操作できます。そんな方法について紹介しました。お試しください。

▼▼MacBookの使い方などの情報はこちら▼▼
MacBookを使いこなすためのガイド

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました