トラベル

横浜から成田空港へはリムジンバスと成田エクスプレスのどちら?

投稿日:2017年3月16日 更新日:

横浜市あるいはその近隣にお住いの方で、成田空港へ行く際に横浜駅を経由する方は非常に多いでしょう。
横浜駅を経由して(あるいは起点として)成田空港へ行く方法が複数あり、どれにすれば良いか迷う方も少なくないようです。
最も人気のあるリムジンバス、成田エクスプレスとエアポート成田について調べてみましたので紹介します。

スポンサードリンク

横浜から成田空港へリムジンバス 渋滞は大丈夫?

人気が高いのが横浜シティエアターミナル(YCAT/横浜駅東口スカイビル1F)から出発するリムジンバス。
白地にオレンジ色のライン、「Airport Limousine」の文字が書かれた車体が目印です。

ノンストップで成田空港まで行くので便利です。
定員制ですので乗車すれば必ず座れます。スーツケースは車の下部に収納してもらえますので、車内には小さな手荷物だけ持って乗れます。
予約せずに行った場合は、先着順ですので、次以降のリムジンバスを待つことになります。
時間帯にもよりますが15-20分間隔で運行されています。電話・インターネットなどから予約可能ですので、確実に乗りたいのであれば予約することをおすすめします。

道路事情にもよりますが、約85~110分で成田空港に到着します。トイレもあります。料金は3600円。

このように料金・快適さのバランスがよいのが人気がある理由です。

そして多くの人が心配するのが、渋滞などの道路事情による遅延です。
時間帯によっては渋滞は頻繁に起こりますし、事故渋滞などのようなどうしようもないことも確率的にはあります。
渋滞等によって飛行機に乗れない事態となっても、リムジンバス会社側には原則、責任はありません。

リムジンバス会社へは、先行するリムジンバスから道路状況が報告されてきて、所要時間を推測しており、ホームページにも運行状況が表示されています。
乗る前にこれをチェックすることで、少しでも遅延する確率を下げるのが良いでしょう。
つまり、事故等によって高速道路上で全く動かないような状況になっていたら、リムジンバスを避けた方が無難です。
そのようなことがなく、平常通り運行されていれば、遅延する確率は低くなります。

横浜から成田空港へ成田エクスプレス 快適

成田エクスプレスは、横浜から乗車すると約90分で終点の成田空港駅まで到着します。料金は4290円。

スポンサードリンク

リムジンバスに比べて座席は広く、リムジンバスに比べると遅延する確率は低く、定刻通りに到着する可能性が高いです。
もちろん、絶対に遅れないという訳ではありません。例えば非常に天候が良くないような時は、ダイヤが乱れることがあります。
ホームページで運行状況が確認できますので、乗車する日には早めに運行状況を確認すると良いでしょう。
スーツケースを置くスペースがあり、また座席もリムジンバスに比べて広いので、成田空港へアクセスするための交通手段としして最も快適といって良いでしょう(*もちろん、運転手付きのロールス・ロイスで成田空港へ行くような、普通の人の選択できないような手段は除きます)。
乗車中に携帯電話で通話したい時なども、席を立ってデッキまで行けば問題ありませんので、助かります。
通常、空港には飛行機の出発の2時間以上前に到着しなければなりませんが、時刻表も適度に本数があり、ほとんど場合、丁度良い時刻の成田エクスプレスがあるのも魅力です。

私は、海外に行く時は飛行機の時間に遅れることが最も心配なことで、できればあまり疲れずに快適に過ごしたいので、定時性・快適性の高さから、いつも成田エクスプレスを利用しています。

横浜から成田空港へエアポート成田 安い

エアポート成田は、いわゆる横須賀線の電車で、直通で成田空港まで行くことができます。
2時間16分程度です。料金は1,940円。
時間はかかりますが、成田エクスプレスとの価格差でこちらを選ぶ人もいらっしゃいます。
時間帯によっては座れる確率も高いようです。
また混雑時はかなり混みますので、スーツケースや大きな荷物を持っているとかなり辛いでしょう。
つまり、フライトが夕方で、お昼過ぎ頃に乗車する場合は案外空いていて快適な場合が多いようです。
そんな時は、椅子に座りながら安く行けるでしょう。
横須賀線は路線が長いので、案外遅延することがあります。時間に余裕を見て行くことをオススメします。

まとめ

以上、それぞれに長所短所があり、結論から言えば「好みに合わせて選びば良い」ということなります。
簡潔に長所短所から言えば以下のようになるでしょう。

1.必ず座れて、比較的安く成田空港まで行くのであればリムジンバスがオススメ。
  渋滞等で遅延するリスクを考えると、時間に余裕を持って、乗るリムジンバスを選ぶことが最も重要。
  
2.必ず座れて、最も快適・速く成田空港へ行くのであれば成田エクスプレスがオススメ。
  定時性も最も優れています。

3.成田空港へ直通で、安く行くにはエアポート成田がオススメ。遅延することもありますので、時間に余裕を持って行きましょう。
  混雑時は座れないだけではなく、かなり混み合いますので、スーツケースなどを持って乗るのはかなり大変です。
  しかし、時間帯によっては座れることも多いようです。

これらの他に、京成スカイライナーを利用する方法などもありますが、横浜駅から直通ではなく、乗り換えが必要です。
スーツケースなどがあると、乗り換えが案外大変で、料金的特に問題がないのであれば上記の3つから選ぶのが良いと思います。

成田空港と羽田空港についての情報はこちらの記事「成田空港と羽田空港のことが分かるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-トラベル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

羽田空港第2ターミナルのラウンジはここがおすすめ!

スポンサードリンク ANA国内線で羽田空港第2ターミナルを利用して旅行をする時に、ラウンジは是非利用したい施設です。仕事でよく利用している人でも、家族旅行の時は勝手が違って戸惑うこともあるかもしれ …

卒業旅行の穴場は国内?おすすめは?大学生に人気

大学生の卒業旅行と言えば海外旅行に行く人が多いです。それでは卒業旅行の穴場はどこでしょうか? それはズバリ「国内旅行」です。海外旅行と前振りしておいて、ひっくり返りそうなことを言いますが、実際の体験な …

戦争に関する日本の資料館 広島・長崎・沖縄 反戦の願い

人類の歴史は、戦争の歴史でもあります。過去の出来事を知れば知るほど、人間の業の深さを感じます。 スポンサードリンク 科学技術の進歩とともに兵器の破壊力は凄まじいものになりました。核戦争が起こってし …

ESTAの勤務先情報は退職後には?転職や入社直前には?

スポンサードリンク 米国に旅行や出張をする際には、ESTAを申請する必要があります。現在は、ESTA申請公式サイトから必要な情報を入力して申請できます。しかし、間違った情報を入力し、渡航認証が拒否 …

三井アウトレットパーク 入間の渋滞情報とアクセスのコツ

スポンサードリンク アウトレットはいろいろなブランドの店があって、安く買えるので楽しいですね。 三井アウトレットパーク 入間について紹介します! スポンサードリンク 関連

最近のコメント