荷物のパッキングでシワにならないワイシャツ・スーツの運び方 

スーツとネクタイとシャツ

海外出張と違って、短期の国内出張時はあまり大きなスーツケースを持って行くこともなく、案外荷造りに困るものです。特にワイシャツやスーツがしわにならないように持って行くには一工夫必要です。短期の国内出張の荷造りについて紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツの情報についてはこちら▼▼
メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツのことがわかるまとめ

シワにならないワイシャツの運び方

国内出張では宿泊するほとんどのホテルの部屋にアイロンがありません。フロントに頼めば借りられることが多いですが、時にはアイロンの数に限りがあって借りられなかったり、アイロン台が小さくて使いにくかったりすることがあります。

また出張先で忙しくてアイロンがけする時間的な余裕がないこともあります。それだけにアイロン掛けしてあるワイシャツを、シワにならないように持って行ければ便利ですね。比較的簡単な方法は、市販のワイシャツケースを使う方法です。

シャツの販売店で売られているような形にシャツを畳み、襟が潰れないように入れられるケースで、いくつかのタイプのものが販売されていますので、好みのものを選べば良いでしょう。

ワイシャツの場合は、襟が潰れないようにすることがポイントで、襟部分にはめられるような丸いケースなどが付属しているタイプもあります。ケースにネクタイも入れられるようになっていて、便利です。

シワにならないスーツの運び方

シワにならないようにスーツを運ぶ方法は、もっとも簡単なのはガーメントバッグを使う方法です。

通常はハンガーが内蔵されていて、スーツを入れるために設計されているので便利です。

カバンの他にガーメントバッグを持ち歩くのが面倒という方には、ガーメントバッグが内蔵されているバッグがありますので、こちらの方が便利かもしれません。


スポンサードリンク

ワイシャツ・スーツがシワにならない運び方の裏技

上で紹介したような専用のケースやバッグを使わなくてもシワになりにくい裏技があります。

チャック付きのビニール袋を使う方法です。まずワイシャツ、スーツを丁寧に畳みます。

次にワイシャツ、スーツをチャック付きのビニール袋に入れます。その時、袋の中にある程度空気が残るようにして、ビニール袋が外からの力で潰れにくいようにします。

少々かさばりますが、ビニール袋ごとスーツケースなどに入れればシワになりにくく、運ぶことができます。

海外出張のスーツケースの選び方については、こちらの記事「海外出張のためのスーツケースの選び方!サイズ・タイプは?」に紹介しました。

まとめ

1.シワにならないようにワイシャツを運ぶにはワイシャツケースが便利。

2.シワにならないようにスーツを運ぶにはガーメントバッグが便利。

3.チャック付のビニール袋を使うのが裏技。

▼▼メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツの情報についてはこちら▼▼
メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツのことがわかるまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました