トラベル

荷物のパッキング シワにならないワイシャツ・スーツの運び方 

投稿日:2017年5月1日 更新日:

海外出張と違って、短期の国内出張時はあまり大きなスーツケースを持って行くこともなく、案外荷造りに困るものです。

特にワイシャツやスーツがしわにならないように持って行くには一工夫必要です。

短期の国内出張の荷造りについて紹介します。

スポンサードリンク
  

シワにならないワイシャツの運び方

国内出張では宿泊するほとんどのホテルの部屋にアイロンがありません。

フロントに頼めば借りられることが多いですが、時にはアイロンの数に限りがあって借りられなかったり、アイロン台が小さくて使いにくかったりすることがあります。

また出張先で忙しくてアイロンがけする時間的な余裕がないこともあります。

それだけにアイロン掛けしてあるワイシャツを、シワにならないように持って行ければ便利ですね。

比較的簡単な方法は、市販のワイシャツケースを使う方法です。

シャツの販売店で売られているような形にシャツを畳み、襟が潰れないように入れられるケースで、いくつかのタイプのものが販売されていますので、好みのものを選べば良いでしょう。

ワイシャツの場合は、襟が潰れないようにすることがポイントで、襟部分にはめられるような丸いケースなどが付属しているタイプもあります。ケースにネクタイも入れられるようになっていて、便利です。

シワにならないスーツの運び方

シワにならないようにスーツを運ぶ方法は、もっとも簡単なのはガーメントバッグを使う方法です。

通常はハンガーが内蔵されていて、スーツを入れるために設計されているので便利です。

カバンの他にガーメントバッグを持ち歩くのが面倒という方には、ガーメントバッグが内蔵されているバッグがありますので、こちらの方が便利かもしれません。


スポンサードリンク

ワイシャツ・スーツがシワにならない運び方の裏技

上で紹介したような専用のケースやバッグを使わなくてもシワになりにくい裏技があります。

チャック付きのビニール袋を使う方法です。

まずワイシャツ、スーツを丁寧に畳みます。

次にワイシャツ、スーツをチャック付きのビニール袋に入れます。その時、袋の中にある程度空気が残るようにして、ビニール袋が外からの力で潰れにくいようにします。

少々かさばりますが、ビニール袋ごとスーツケースなどに入れればシワになりにくく、運ぶことができます。

まとめ

1.シワにならないようにワイシャツを運ぶにはワイシャツケースが便利。

2.シワにならないようにスーツを運ぶにはガーメントバッグが便利。

3.チャック付のビニール袋を使うのが裏技。

男性のスーツ、ネクタイ、ワイシャツについてはこちらの記事「メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツ、ビジネスカジュアルのことがわかるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-トラベル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

箱根の美術館 おすすめ3つ!なぜこれほどの美術品が集結したのか?

箱根は日本を代表する観光地で、大涌谷、芦ノ湖などの観光スポット、多くの温泉が人気です。夏場も涼しく、避暑地として楽しめます。 スポンサードリンク 東名高速や小田急ロマンスカーなどで、都心からのアク …

関東のおすすめの鍾乳洞と洞窟3選 日原鍾乳洞 不二洞 

スポンサードリンク 地下に広がる神秘的な鍾乳洞・洞窟。宇宙空間や海底にも未知の世界が広がっていますが、地底にもまだまだわからないことがあります。自然の偉大さを感じますね。 外がどんなに暑い日でも鍾 …

海外出張のための保険・カード・空港の基礎知識

スポンサードリンク 初めて仕事で海外に出張することになると、いろいろと緊張することも多く、不安なこともあるでしょう。 それは海外出張が2回目、3回目の人でも同じかもしれません。 ここでは、海外出張 …

名古屋国際会議場へ行くのに便利なホテルは名鉄イン名古屋金山

スポンサードリンク 名古屋国際会議場は、日本の三大都市圏である中京圏の中核となる施設で、総事業費392億円をかけて作られました。東海道新幹線の名古屋駅および中部国際空港セントレアからのアクセスも良 …

横浜から成田空港へはリムジンバスと成田エクスプレスのどちら?

スポンサードリンク 横浜市あるいはその近隣にお住いの方で、成田空港へ行く際に横浜駅を経由する方は非常に多いでしょう。 横浜駅を経由して(あるいは起点として)成田空港へ行く方法が複数あり、どれにすれ …

最近のコメント