ライフ

革靴が疲れる理由と対策は?靴を選ぶ!インソールを使う!

投稿日:2019年3月27日 更新日:

新入社員や外回りの営業などになった人のように、これまではあまり革靴で歩き回ることがなかったのに、急にそのような機会が増えるようになると、足がつかれて困ることが多くなるようです。見た目重視で選んだ革靴は、足には優しくない場合があります。革靴が疲れる理由とその対策について紹介します。

スポンサードリンク

革靴が疲れる理由と対策は?

スーツなどのドレスアップしたファッションに合うように革靴を選ぶと、歩いた時にかなり足が疲れてしまうことがあります。私もそのような失敗を繰り返し、疲れにくい靴を選ぶようになりました。革靴が疲れる理由は以下のようにいくつかあります。

1.サイズが合っていない

基本的なことですが、革靴のサイズが自分の足に合っていないことがあります。靴の場合、単純に足のサイズだけで決まるわけではなく、メーカーや種類によっても靴の足を入れる空間の形状が異なっています。実際に履いて、自分の足に合っているのか確認する必要があります。

スポーツシューズと異なり、紐の締め付けであまり調整できず、そもそもの靴の形状が合っているのかどうかが重要です。小さければつま先がぶつかってしまいますし、大き過ぎれば足が中で動いてしまい、非常に疲れます。横幅なども重要で、靴が狭すぎると、外反母趾になってしまうこともあります。日本人の足は幅が広い傾向があり、外国製の革靴の場合は狭いことも多いので、注意が必要です。

2.靴底が革製で硬い

高級な革靴ほど、靴底まで革を使用しているものが多いです。革の靴底は、歩く時に柔軟に曲がってくれず、本当に疲れます。また濡れた路面などでは滑りやすいので注意が必要です。

3.革靴本体の革が硬い

靴底以外の本体部分は、革靴ですのでもちろん革でできているのですが、硬質の革の場合は、使い始めてからしばらくの間は固くて歩くだけで足が痛いこともあります。

4.重い

特に靴底まで革でできている場合は、靴そのものが重く、重りを足につけているようなものですので、当然のことながら疲れやすいです。

これらの革靴が疲れる理由を考えると、「疲れにくい革靴を選ぶ」あるいは「インソールを使う」などの対策が考えられます。順番に紹介します。

革靴が疲れる場合の対策:靴を選ぶ

まずこれから新しく革靴を選んで買うことができるのであれば、より疲れにくい革靴を選ぶと良いでしょう。

日常的に履くのであれば、靴底がゴム製の革靴がおすすめです。

靴底がゴム製の疲れにくいビジネスシューズと言えばHAWKINS【ホーキンス】の「エアライト」がベストセラーです。靴底が柔らかく曲がり、着地する度にクッションとなってくれるだけで相当疲労軽減に効果があります。また靴の内側の足の裏に接する部分も工夫された形状になっていて、革も柔らかいので、靴全体で柔らかくフィットしてくれることも大きいです。さらに片足約300グラムと革靴として軽量です(*サイズによって重さは異なります)。

私もこれを使い始めてしまったら、もう手放せなくなり、HAWKINS【ホーキンス】の「エアライト」でいくつかのデザインのものを複数購入してローテーションで使っています。

前述のように、靴を買う時には、必ず試着して歩いてみましょう。爪先部分がぶつからない程度の余裕があるものを選ぶことが重要です。


スポンサードリンク

革靴が疲れる場合の対策:インソールを使う

革靴が疲れやすいと言っても、すでに購入してしまった靴をしばらく我慢して履き続けないといけないこともあるでしょう。私も、最初に購入した革靴があまり自分の足に合っていなかったのですが、我慢して履かなければならず、それによって外反母趾が悪化してしまったことがありました。そんな時にはインソールを使うと良いでしょう。

私が実際に使用していたものは、ドクターショールのO脚用のもので、靴の内部の土踏まず部分にだけ付ける比較的小さなものでした。気に入っていたのですが、残念ながら販売終了となってしまいました。それ以降は靴の内部全体に入れる足の裏と同じ程度の大きさのインソールを使用しています。インソールそのものが工夫をした立体的な形状となっています。

このような足の裏全体が乗るようなインソールを使う時は、革靴の内側がインソールを挿入した後に自分の足を入れられる程度の空間があるのかを確認する必要があります。もちろんインソールを挿入した分だけ足を入れるスペースが狭くなりますので、少し窮屈にはなります。しかし、インソールそのものは柔らかいので、しっかり足をホールドし、歩きやすくしてくれます。

インソールにもいろいろなものがあります。中でも36件以上の特許に基づいて作られた以下のバナーの製品が定評があります。

もう少し安いタイプが欲しいという方は、少々あるきやすさは落ちるかもしもしれませんが、以下のドクターショールのインソールがおすすめです。

安いインソールでも、使わないよりはかなり良いので、まずは使ってみることをおすすめします。合わなければ取り外せば良いので。

まとめ

革靴で疲れる理由とその対策について紹介しました。外を歩き回る機会が多いならば、疲れないような工夫をすれば値千金でしょう。

革靴で歩き回ると足の裏がつることがあります。こちらの記事「土踏まずがつる原因は?対処・予防方法は?足の裏が痛い!」で足の裏がつった時の対処方法と予防方法を紹介しました。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

冬の節電・省エネ エアコン・カーテン・ウォシュレット

日本では、東日本大震災以降、節電の意識が高まり、多くの人の努力で着実に消費電力量が減っています。またエコカーの普及に象徴されるように、電気だけでなく、ガソリン・軽油などのその他のエネルギーについても省 …

奨学金を返済できずに破産するケース 保証人が請求される悲劇

最近の20年間、日本のサラリーマンの平均給与は減り続けています。年功序列・終身雇用制度が崩壊し、大企業のリストラも珍しくなく、非正規雇用が増えたことなどがその一因と言われています。 スポンサードリ …

ゴキブリ駆除剤のおすすめは?業者が使うのはこれ!

スポンサードリンク 暖かくなってくるとゴキブリが活発に活動する時期になります。ゴキブリは繁殖力が高く、1匹発見したら他にもいる可能性が高いです。それらがどんどん繁殖しないように早めの対策が重要です …

お金持ちになる方法は株式投資か?調べてみました!

スポンサードリンク 多くの人が経済的な問題に苦しんでいます。非正規社員が増え、日本で働く人の平均給与が下がり続けています。年金問題も深刻化し、今後は受給開始年齢も上がり、受給額も下がる可能性が高そ …

株主優待の長期保有で優遇されるおすすめはこれだ!

優良な企業の株に投資していると、配当がもらえます。最近は、配当の他に自社製品の優待券やカタログギフト、QUOカードなどの株主優待を提供する企業が増えています。配当利回りが高い企業もありますが、さらにこ …

最近のコメント