テニス

テニスのフォアハンドのトップスピンの威力をアップするには?

投稿日:2019年6月3日 更新日:

テニススクールの中級レベルになるとフォアハンドのスピンをかける練習をします。そしてある程度スピンをかけられるようになっても、回転量を増やすことができなかったり、回転量を増やすとスピードがないかすれた当たりになってしまうことがあります。もっと威力のあるトップスピンのフォアハンドを打つ方法について紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼その他のテニスのフォアハンドの打ち方の疑問についてはこちら▼
テニスのフォアハンドの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!

テニスのフォアハンドのトップスピンの威力をアップするには?

テニススクールの中級レベルでは、まずは打ちやすい膝から腰ぐらいの高さの打点で、しっかりボールを下から上に擦り上げるようにして、スピン回転をかけることから始めます。力み過ぎずに、丁寧に打って、スピードよりもボールをしっかり操ることを目標に練習しましょう。

とりあえず、フラットドライブよりは多くのスピン回転をかけて打てるようになったら、次はもっと威力のあるトップスピンを打ちたくなります。相手の前で急激に落下し、バウンド後に力強く跳ね返ってくるようなトップスピンを打てれば、試合でも頼りになるショットになるでしょう。

しかし、実際にどのように打てば威力のあるトップスピンになるのでしょうか?これが分からず、回転過多のかすれた当たりになったり、スピードは出ても回転量の少ないフラットドライブになってしまい、悩むことも多いようです。

シングルスの試合をすると、ループボール(あるいはムーンボール)で、ベースライン際まで深いボールを打たれることが多く、高い打点で打たされることもよくあります。高い打点でスピン回転をかけるのも案外難しいです。

これらの悩みを解決するポイントは、リストの使い方にあります。実際、私もリストワークを改善してからはトップスピンの威力がアップし、「どうやったらそんなに強い回転がかけられるの?」と質問されるようになりました。さらに詳しく紹介します。

テニスのフォアハンドのトップスピンの威力をアップするにはリストワーク!

まず原理原則から考えて明らかなことは、ナダルやフェデラーのようにスピードと回転量が両方とも高いトップスピンを打つためには、ラケット面をボールに厚く当て、高速で擦り上げて回転をかける必要があります。つまり、ラケット面はボールに対して垂直に当てるのですが、スイング軌道とボールの飛ぶ方向が一致していないために、「擦り上げた」ことになり、回転がかかるわけです。

よくある間違いは、ラケット面を伏せた状態で斜めにボールに当てる打ち方です。これでもスピンはかかりますが、ボールに十分に力が伝わらず、スピードが出にくくなりますし、ネットするリスクも高くなります。

また高速回転をかけるためには、高速のスイングでボールに当てないといけないことは、自然なことですので理解しやすいでしょう。反対にゆっくりしたスイングでボールを打ったにもかかわらず、高速でボールが回転したら不自然で、手品のような感じがするでしょう。

それでは、どうしたらスイングスピードをアップできるのか?下半身、体幹のひねり、腕の振りまでの運動連鎖がスムーズにでき、しっかりラケットを振れるように練習することは当然のことながら必要です。速いスイングスピードを求めて一生懸命練習しても、期待したように威力が出ないことがあります。多くの場合、その原因がリストワークにあります。

スイングスピードを上げるために腕を速く振っても、ラケットのヘッドスピードを上げるには限界があります。サービスでも腕を振りながら、リストを上手く使うことでラケットのヘッドスピードを上げられるのと同様に、トップスピンを打つときにも適切なリストワークを使わないと、スイングスピード(ヘッドスピード)が上がらないのです。

フェデラーの練習時のフォアハンドの動画などがYouTubeなどに多数ありますが、それらを観ると、スイングの始動からインパクト直前までラケットのグリップエンドから引っ張っていってボールに向けていくような動きをして、直前から回内を使ってヘッドスピードを加速させています。

よくフォアハンド打ち方を教える時に、まずインパクトの形を作って、そこからビデオの逆再生のように身体をテイクバックの方向に捻り戻すということをやります。左肩が早く開きすぎてフォームが崩れたり、テイクバックが大きくなりすぎたりすることを矯正するために行う練習方法です。

そうすると手首が背屈した状態で固定され、身体の前に腕がある状態で体幹を捻るだけでテイクバックできますので、フォアを安定させることができます。しかし、やってみるとわかりますが、腕の振りが十分に使えませんし、リストワークを駆使してヘッドスピードも高められません。

ポイントは、前述のようにグリップエンドから前に出して行くこと。こうすることで手首を背屈した状態で前腕が少し回外します。体幹の回転より少し遅れるような感じで腕を伸ばし、少し胸を張っりながら、腕をムチのようにしならせて、インパクト直前から回内でヘッドを疾走らせます。フォロースルーは自然に上に上げていきます。

これによってヘッドスピードはアップし、強烈なトップスピンが打てるようになります。

高い打点では、単純に腕のふりだけのスイング軌道で回転をかけるのは難しいのですが、このようなリストワークを使うと振り抜きやすくなり、回転をかけやすくなります。これは腕の振りだけで回転をかけようとすると、高い打点では体幹を無理して回そうとしがちなのに対して、グリップエンドから引っ張って、インパクト直前から回内を使って、ヘッドを疾走らせようとすると、体幹の回転を止める方が自然だからでしょう。


スポンサードリンク

テニスのフォアハンドのトップスピンの威力をアップするには筋トレ

以上のような打ち方を習得して、威力のあるトップスピンを打てるようになると、頼りになるショットになります。テニスの試合でも頻繁に使うようになるでしょう。そうするとある意味思い知ることになるのは、身体への負担が大きいということ。

スピードボールでも、回転量の多いボールでも、それだけボールにエネルギーを与えなければならず、しっかり身体のひねり、腕の振り、リストワークを使って打っていきますので、当然といえば当然です。

私もこの打ち方を習得して何度も打ち込む練習をした時には、ラケットを持つ腕の前腕部に軽い痛みを感じるとともに、全身筋肉痛になりました。まずそれだけの筋力を必要としますので、より高いレベルを目指すのであれば、筋トレをして筋力アップをしましょう。

そして素振りをして、フォームを固めましょう。力が入りやすいショットですので、ちょっとしたバランスの崩れで手首や肘を痛める可能性があります。そのため、最初は必ずゆっくりしたスピードで素振りをしましょう。どこかに痛みを感じるようでしたら、身体の使い方が間違っている可能性があります。

グリップエンドから引っ張るリストワークと回内でヘッドスピードを上げるのも程度問題ですので、今の状態から少しずつヘッドスピードを上げるようにしていくと、怪我の予防とコントロール向上に役立つでしょう。地道に自分のフォームを作っていきましょう。

まとめ

フォアハンドのトップスピンの威力をアップする方法について紹介しました。スピンをかけてボールを操る方法を習得できればテニスが楽しくなるでしょう。

▼その他のテニスのフォアハンドの打ち方の疑問についてはこちら▼
テニスのフォアハンドの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

GODAI港北テニススクールのおすすめの楽しみ方!

スポンサードリンク GODAIテニススクールの中で横浜市都筑区の港北みなもの中にあるのが、GODAI港北テニススクールです。私はここに入会してテニスのレッスンを受け始めてから5年経ちました。それな …

テニスのリターンの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!

スポンサードリンク テニスの試合をするようになるとリターンで悩むことも多くなります。上級者の威力のあるサービスを上手くリターンできてなくて困ることもありますが、中級レベルならば同じレベルの人と試合 …

テニスで遅いボールの打ち方!リターンとストローク!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの人は、積極的に試合で出場しましょう。レッスンの時のコーチの球出しと違い、試合での活きたボールを打ち返す経験を積まないと、本当の意味でテニスで必要な打 …

テニススクールの中級レベルのボレストのコツは?

スポンサードリンク テニススクールのレッスンでは、前半の早い段階で、ボレスト(ボレー対ストローク)の練習をすることが多いでしょう。中級レベルになると、ストロークのスピードもそれなりに速くなってきま …

テニスのダブルスでバックハンドのリターンがポーチされる!

スポンサードリンク テニスの中級者で、バックハンドでスピン系のリターンが上手く打てず、基本的にスライスでリターンを打っている場合、相手前衛のポーチに捕まってしまうことがよくあります。これが何度も繰 …

最近のコメント