テニス

テニスのストロークを安定させるには?中級からの必須技術

投稿日:2018年11月12日 更新日:

テニススクールの中級レベルのクラスでは、フォアハンドストロークとバックハンドストロークのトップスピンやスライスの打ち方を練習し、レベルアップして上級を目指します。フラットドライブではバックアウトしてしまうようなスピードボールが、しっかりスピンをかけてコート内に入れられるようになると、さらにテニスが楽しくなります。しかし、いろいろな球種を打てるようになると、それぞれの打ち方・身体の使い方が異なるので、フォームが崩れてストロークが安定しなくなって悩むこともあります。ストロークを安定させるにはどうすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

テニスのストロークを安定させるには体幹が重要

ストロークを打った時にバックアウトする、ネットにかける、フレームショットするなどのミスショットをしてしまった時に、何がダメだったのかを打った直後で分かるでしょうか?ビデオ映像を見るように、客観的に自分の打つ所を確認できるわけではないので、原因が分かる時もあれば分からない時もあるでしょう。ミスショットを連発すると、コーチから「もっと丁寧にスピードを落として打って!」というようなアドバイスをされることもあります。もちろん力任せにボカスカ打つのは良くないのですが、練習の時からひたすらゆっくり入れることだけを重視して打っているといつまでも威力のあるショットを打てるようにはならず、上級にレベルアップすることも難しくなるでしょう。ある程度威力のあるストロークを安定して打てるような技術的なポイントを習得したいですね。

ある程度ボールに追いつけていて、しっかりスイングしているつもりでもミスショットしてしまった時に、自分の体幹がぶれてしまっていないかチェックしてみましょう。私は、以前、コーチとボレー・ストロークの練習をしている時に、短いボールが来た時に身体が前にスウェーしてしまうことがありました。一つは足の位置を決めるのが早すぎることが原因でしたので、できるだけ足を動かして、しっかり打点に入るように注意することで少し改善されました。また深いボールが来た時や高く弾むボールが来た時に、身体が後ろ側にスウェーしてしまうこともありました。これもできるだけフットワークを使って、できるだけ良い打点で打つことがやるべきことなのですが、どちらにも共通していることは体幹が傾いた状態で打っているということです。体幹が傾くとしっかりボールをコントロールすることが困難になります。

最近はトッププロのテニス動画を簡単に見ることができます。例えば当時世界最高峰のリターンの名手と言われたアンドレ・アガシの動画をみると、どんなに激しくコートを走り回っても、体幹がブレずに強烈で安定したストロークを打つところが確認できます。ロジャー・フェデラーやラファエル・ナダルの練習ビデオでも、強烈なストロークを打つ時でも頭から背筋がしっかり回転の軸となっていることがわかるでしょう。体幹がぶれないからこそ、あれほどの強烈なストロークが打てるわけです。まずはこのことを理解しましょう。

テニスのストロークを安定させるには回転運動が重要

現代のテニスのストロークは、基本的には体幹を軸とした回転運動で打ちます。アプローチショットや極めて限られた状況下で、多少後ろから前への体重移動を使って打つことも無いわけではありませんが、昔のような前後の体重移動を主として使いません。そして手打ちにならないように回転運動を使うためには、身体の捻りを使う必要があります。

ストロークのために身体をひねる時に、前側の肩をしっかり入れることを心がけている人は多いでしょう。しかし、どこまで捻れば良いのかを深く考えている人は、中級レベルでは少ないかもしれません。まず手打ちになってしまっている人は、そもそも捻りを作れていないことが多いです。しっかり捻りを作れているのに、安定しない人は、捻り過ぎている場合があります。普通に立った状態で身体を捻っていった時に、捻りを止めなければどんどん回ってしまい、バランスを崩して倒れてしまうでしょう。これが捻り過ぎという状態です。

今度は重心の位置が両足の間にあり、そこから動かないように身体を捻ってみましょう。かなり早い段階で、それ以上捻れないところになるはずです。そこまでの捻りならば、バランスが崩れず、体幹がぶれません。今度は自分のストロークのフォームで身体を捻っていってみましょう。特にオープンスタンスなどでは、思ったほど身体が捻れないことに気がつくでしょう。

このことを理解する前は、トッププロは速い球に対応できるようにテイクバックが小さいと思っていたのですが(*間違っていませんが、そのように解説されているテニス雑誌も多く、捻りの限度についてはあまり触れられていません)、体幹がぶれないように捻りを調節していることも理由の一つのようです。しっかりタメを作れば、そこからフォロースルーをしっかり振り切れば、強烈なショットが打てます。身体が回ってしまうほどテイクバックを大きくすれば速い球が打てるわけではありません。

テニスでは常に体幹がぶれない範囲で捻り・タメを作るようにしなければなりません。


スポンサードリンク

テニスのストロークを安定させる練習

上記の体幹の安定と捻りの調節を理解した上で、素振り・フットワークの練習をして、身体にインプットする必要があります。コート上で実際にボールが来た時にこのようなことを考えていたのでは間に合いませんので、事前に練習しておきましょう。

上でも紹介しましたが、動きをインプットするためには、まずはテニス動画で見て、イメージを理解し、頭にインプットする方法が有効です。アガシのどんなに動いても安定している体幹と強烈なストロークを目に焼き付けておけば、必ず役立つでしょう。そしてトッププロになったつもりで素振り・フットワークの基礎練習をすれば、断然楽しくなります。テニススクールでコートに入って打つ時も、動画のイメージを思い出しましょう。動きのテンポがアップするでしょう。

捻りの限度を知って、無理のない範囲で捻り、タメを作るようになれば、無駄な力が入らなくなりますし、バランスを崩すことも減りますので、いつもよりも動けるようになります。また怪我をするリスクも下がるでしょう。

まとめ

テニスのストロークを安定させる方法について、体幹の安定、身体の捻りに注目して、紹介しました。テニスは、まずは頭で理解し、イメージを脳にインプットすれば上達が早くなります。良い動画をみましょう!

中級から上級になるためには、やはり基本が大切です。フォアハンドの基本については、こちらの記事「テニスの上級になるためにフォアハンドの基本をチェックする!」をご覧ください。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールの中級から上達するためにプロのマネは効果ある?

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルで週に1回レッスンを受けている人でも、テニスの動画やテニス雑誌の連続写真などを見て、プロテニス選手のマネをすれば上手くなるのでしょうか?「素人がプロの …

テニススクールの中級が上達するためには伸びしろ知る!

スポンサードリンク 週に1回のテニススクールのレッスンを受ける中級レベルの人は、もっともっと上達できます。しかし、限られた練習時間で早くレベルアップするためには工夫が必要です。このブログでも具体的 …

テニスのフォアハンドの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!

スポンサードリンク テニスの数あるショットの中でフォアハンドストロークは強力で、武器にしたいショットです。フォアハンドは腕の使い方の自由度が高く、わずかなズレで調子が悪くなってしまうことがあります …

テニススクールで上達しない理由と上達が早くなる練習方法

スポンサードリンク テニスをする人の中には、プロもいれば、プロを目指している人、部活・サークルなどでかなりの時間本気で練習している人もいます。しかし、ここではテニス以外の仕事をしていて、週に1回程 …

テニススクールの中級から球際に強くなる方法

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの人と上級レベルの人を比較すると、明らかにショットの安定性に差があります。上級者の方が安定したフォームで繰り返しボールを打ち、ミスショットが少ないです …

最近のコメント