テニスのフォアハンドの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!

テニス

テニスの数あるショットの中でフォアハンドストロークは強力で、武器にしたいショットです。フォアハンドは腕の使い方の自由度が高く、わずかなズレで調子が悪くなってしまうことがあります。フォアハンドストロークと言っても、いろいろな打ち方がありますので、基本からしっかり習得したいですね。以下にフォアハンドストロークについてまとめました。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼テニスの上達法と技術についてはこちら▼▼
テニスの上達法と各ショットの技術総集編!中級向け!

テニスの上級になるためにフォアハンドの基本をチェックする!

テニスの中級レベルの人は、上級レベルを目指すためにフォアハンドストロークの基本からチェックしてみると良いでしょう。よくあるのは比較的速いフラットドライブ系のフォアハンドストロークを打ち、自分では「フォアハンドは得意!」と思っているのですが、スピード・回転量・距離のコントロールがそれほど得意ではなく、比較的い速いボールにタイミングを合わせるような打ち方になっているパターンです。

上級者はフラットドライブ系のボールを打てるだけでなく、トップスピンやスライスも打てますし、スピード・回転量・距離を自在にコントロールできます。相手の打ったボールが適度に打ちやすいスピードの時だけでなく、ゆるく大きくバウンドするボールや、強いスピンあるいはスライス回転がかかっていても場合でも安定して打ち返せるように練習しましょう。

フォアハンドは、身体の軸の回転を使った打ち方が基本です。自分のフォームを確認してみましょう。次に正しい打点で打つことが大切です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスの上級になるためにフォアハンドの基本をチェックする!

テニススクール中級の深いボールの返し方は4つある!

テニススクールの上級の試合では、深く、山なりでスピンのかかったボールを打つ人が多いようです。中級でも試合経験がある程度ある方の場合、スピンはそれほどかかって無くても、ロブでつないで深いボールを打つことも多いでしょう。深ければ深いほど、下がって打たなければ打ち返せず、相手に攻め込むような返球は極めて難しいです。そのため上級者は、シングルスの試合でネットの高い所を通し、ネットする確率を低くし、さらには深く、スピンをかけて高く弾ませて相手に攻め込ませないようにこのようなボールを使います。

このような深いボールの打ち返し方は、基本的には以下のように4つあります。

1.深いボールを下がって、より低い打点で打つ

2.深いボールをできるだけ下がらずに、高い打点で打つ

3.深いボールをライジングで打つ

4.深いボールをスライスで抑えて打つ

詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニススクール中級の深いボールの返し方は4つある!


スポンサードリンク

テニススクールの中級からの高い打点のフォアハンドストローク

トッププロの試合を見ていると、強烈なショットを打った後に、相手がギリギリで返してきたボールがゆるい山なりのボールで、浅く返ってくることがあります。いわゆる「チャンスボール」で、トッププロならば高い確率で打ち込みます。しかし、中級者レベルでは、バックアウトしたり、ネットしてしまうことが多く、「チャンスボール」とは言い難い場合があります。

ゆるいボールを浅い位置で高い打点で打たなければならない場合は、ネットより高い位置から打つので、バックアウトを恐れて無理にスピンをかけようとする必要はありません。スピンをかけるために下から上のスイングを意識して高い打点でスイングすると、身体が伸び切ってしまい、ボールをコントロールできなくなってしまうことがあります。ネットより高い打点ですので、基本的には打ち下ろすように打って大丈夫です。自分のポジションおよび打点とネットの高さの関係を意識しましょう。

また上級者と打ち合うと、強いスピンをかけたボールをベースライン際深くに打ってくることが多くなります。このようなボールは高い打点で打つことが多くなります。まずはしっかり打ち返せるように練習しましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニススクールの中級からの高い打点のフォアハンドストローク

テニスのフォアハンドの打ち方!高い打点から打ち込む!中級向け

テニスのシングルスの試合で勝つためには、相手コート深くに安定してボールを打つことが求められます。特にネットの高いところを通過させ、相手コート深くで高くバウンドするようなムーンボールが基本です。このようなボールが来たら、基本的には同じようなムーンボールを打ち返えし、ラリーを何球でも続けられるように練習しておきましょう。そして、相手からのボールが浅くなった時に、前に詰めて、高い打点から打ち込めるように技術を磨きたいです。この時に前に詰めず、打点を落としてしまって打つと、再びイーブンに戻ってしまい、チャンスを逃してしまうからです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスのフォアハンドの打ち方!高い打点から打ち込む!中級向け

テニスの中級からレベルアップするにはトップスピンを習得しよう!

テニスの中級レベルになると、初級レベルとはストロークの平均球速はアップします。これは上級レベルと中級レベルを比較しても同様なことが言えます。単純にボールのスピードを上げるだけならば、ラケットを思いっきり振れば上がります。テニスでは打ったボールを相手コートに入れなければならず、アウトやネットしないで相手コートに入れるためにスピードを落とさなければならなくなります。

初級レベルでは、ラケットをボールに当てる強さでスピードをコントロールすることがほとんどですが、中級レベルになるとドライブやスピンを打つようになります。特に振り切るスイングをしても相手コートに入るようなトップスピンを、上級レベルになるためには習得したいです。トップスピンはフラットドライブよりも通常はスピードが落ちますが、試合などの緊張する場面で安定して入れられるストロークとしては実質的に最も速いボールの1つになるでしょう。フラットドライブでは、アウトやネットが怖くてスピードを落とすことが多いからです。

トップスピンは、その強烈な回転により、バウンド後も急激に跳ね上がり、打ち返し難くなります。ナダル選手のトップスピンを見ればよく分かるでしょう。これもトップスピンを習得すべき理由の1つです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニススクールの中級からトップスピンに磨きをかける

テニスのフォアハンドのトップスピンの威力をアップするには?

テニスのフォアハンドストロークでとりあえずスピンをかけられるようになると、さらに回転量を増やして威力のあるトップスピンを打ちたくなります。テニスのストロークとは、単にタイミングを合わせて「バチン」と打つのではなく、回転量とスピードをコントロールして、ボールを操るようにして打つものです。トップスピンを打つことで、この重要なことが実感できるでしょう。

強烈なスピンの回転をボールに与えるためには、ラケットヘッドを疾走らせてボールをインパクトすることが必要です。それは腕の振りだけでは不十分で、リストワークがポイントになります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスのフォアハンドのトップスピンの威力をアップするには?

テニスのフォアハンドで相手のスライスを下がらずに打つ方法

ダブルスでは、相手の打ったスライスのショットがベースライン際まで伸びてくることがあります。低く滑るようにバウンドして来たボールを、下がらずにライジングで打ち返さなければならないことがあります。さらに下がって打ち返す方法もありますが、それよりもライジングで処理した方が相手の時間を奪うことができ、ポーチに出ることも難しくさせることができます。

コツは、フラットドライブ気味の少なめのスピン回転のボールを打つことです。低く伸びてくるボールに大きく擦り上げるようにスイングして強いスピン回転をかけることは難易度が高く、むしろフラットドライブでフラット気味にインパクトする方が安定することが多いからです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスのフォアハンドで相手のスライスを下がらずに打つ方法

テニスのシングルスで勝つために回り込んでフォアを打つ!

多くの人が憧れるほどの華麗で強力なバックハンドストロークを打つことができるロジャー・フェデラーも、わざわざ回り込んでフォアハンドストロークを打ちます。フォアハンドとバックハンドの威力が同じであれば、回り込んでフォアハンドで打つ必要がありません。

フェデラーレベルでもやはりフォアハンドの方が威力があるわけで、それがアマチュアの中級レベルでしたらなおさらです。チャンスがあれば回り込んでフォアハンドストロークを打てるように練習しておくと、強力な武器となり、相手にプレッシャーを与えることができるでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスのシングルスで勝つために回り込んでフォアを打つ!

テニスのスライスを極めよう!バックとフォアハンド!

テニスのトッププロの試合を見ていると、試合の中でスピン系のボールだけでなく、スライスのストロークも打ちます。スライスはバックハンドストロークが多いですが、フォアハンドストロークでも使います。相手に攻め込まれた時に、ゆるいボールを返して時間を稼ぐ時に使われますし、スピン系のボールだけでは相手も慣れてきますので、スライスを混ぜて相手のリズムを崩すために使われます。上級者ならば必ず打てるようにしておきたいです。中級者でとりあえずスライスを打てるという人も、低く滑っていくような本物のスライスを習得しましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスのスライスを極めよう!バックとフォアハンド!

テニスのストロークを安定させるには?

テニスのストロークも、コーチに球出ししてもらっていつも同じ打点・同じタイミングで打つのであれば比較的安定して打つこともそれほど難しくはありません。しかし、試合や練習で遠くのボールを必死に走り、追い付いて打つ時や、相手からいろいろな球種・スピードのボールを打たれたりすると、それをミスせずにしっかり打ち返すことは難しくなってきます。テニスのストロークを安定させるにはどうすれば良いのでしょうか?

まず体幹を安定させると良いでしょう。テニスでは飛んで来るボールをよく見て、それに合わせてフットワークを使い、打点に入って打ち返します。体幹が傾いてしまうと、ボールをよく見て空間的に把握することが難しくなりますし、正しくボールを捉えることも難しくなります。トッププロのストロークを見ても、非常に体幹が安定していることが確認できます。

次に体幹を軸とした回転運動を使って打つことが重要です。テニスはラケットなどの進歩によって、ボールの打ち方も木製ラケットの時代とは大きく変わりました。特にフォアハンドストロークは、体幹を軸とした回転運動で打つようになっています。これをしっかり習得することがストロークの安定につながります。以下の記事で紹介しています。

関連記事:テニスのストロークを安定させるには?中級からの必須技術

まとめ

フォアハンドストロークの打ち方についてまとめました。威力のあるフォアハンドを習得して、頼れる武器にしていきましょう。

▼▼テニスの上達法と技術についてはこちら▼▼
テニスの上達法と各ショットの技術総集編!中級向け!

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました