テニス

テニス上級者への道!ボレーの打ち方を確認して中級から脱出!

投稿日:

テニスの練習をしていても「上達しない!」「上級者になれない!」と感じている人は多いです。上級者と中級者を分けているポイントがいくつかありますが、それを乗り越えて上級者になるためには、まず「何をしなければいけないのか」を理解することが大切です。それを理解し、常に意識して練習すれば上達が速くなるでしょう。ボレーのポイントについて以下に紹介します。

スポンサードリンク

ボレーの打ち方を確認して中級から脱出!

ボレーは、ストロークに比べるとバリエーションや個性の幅が少なく、比較的シンプルと言われます。例えばトッププロのフォアハンドストロークを見れば、まずグリップにも個性がありますし、グリップが違えば打点、スイングなどすべてにおいて違いが出てきます。またドライブ、トップスピン、スライスなどの回転が違えば打ち方も異なりますし、その回転量の調節やフットワークなどまで見ればいろいろなショットがあります。それに比べればボレーはシンプルということです。

トッププロを見てもボレーのグリップは基本的にはコンチネンタルグリップで、多少アレンジするにしてもほんの少しフォア側などに厚く握る程度です。グリップに差が小さいならば、スイングなどもそれほど大きな違いがないことは理解しやすいでしょう。

このことはある重要な結論に至ります。それは「基本から逸脱した打ち方ではボレーは上達し難い」ということ。膨大な練習をしているトッププロでも、そんなに個性的な打ち方をする人がいないわけですので、トッププロのボレーの打ち方にある程度の合理性があるわけです。プロではない一般のテニスプレーヤーならば、基本を確認し、自分のボレーの打ち方が基本から逸脱していないか、基本通りに打てているのかを意識しながら練習する方が上達が速くなるはずです。

上級者になるために中級者がすべきことは、特別なことではないのです。基本に忠実に、正確な打ち方をすれば上級者への道を進むことができます。さらに具体的に以下に紹介します。

上級者になるためのボレーの打ち方

自分のボレーの打ち方を確認し、上達するためには以下の3つのポイントが大切です。これはトッププロでも一般のテニスプレーヤでも同じです。

1.グリップと打点

グリップは基本的にコンチネンタルグリップです。フォアあるいはバックに厚く握るとしてもほんの僅かです。軟式テニスのようにウエスタングリップでボレーすることに慣れてしまうと、上達が止まってしまう可能性が高いです。それはグリップを持ち替えること無く、ワングリップでフォアとバックのボレーが打てるようにしないとダブルスのボレー戦では対応できないことと、シングルスでもネットに出た時に時間的な余裕が無いためです。さらに薄い握りでないとスライス回転のボレーが打ち難いこともあります。

グリップを確認したら、実際にラケットを持って、自分のフォアとバックのボレーの打点を確認してみましょう。このようなことは初級や中級になった頃にもやっているはずですが、同じことをやっても経験を積めばより深く理解できるようになります。ボレーをする時に正確な打点で捉えられているのか1球ずつ確認しましょう。

2.スイング

初級や中級では「ボレーを打つ時にラケットを振らない」と指導されることもありますが、これはラケットを振り過ぎてしまう人の打ち方を矯正するためのアドバイスです。ボレーでもスイングがあります。スイングは正しいラケットのセットから始まります。基本となるミドルボレーの他に、ローボレー、ハイボレーがありますが、それぞれ打点の高さが異なりますので、それらに適切な高さにラケットをセットしましょう。スライス回転を意識して、あまり上から下へ切り落とすようなスイングのイメージを持たない方が良いでしょう。

ローボレーでは、ネットを越えるように打点より下にセットし、ラケット面がある程度上に向くようにすることが必要です。ミドルボレーでも、ネットを超えさせなければいけませんので、インパクトでラケット面が垂直よりは少し上を向くように打つことが基本です。ハイボレーはネットからの距離にもよるのですが、サービスライン付近からハイボレーをするのは案外難しく、やはり上から下に叩くのではなく、あまり上にセットしない方が良いでしょう。

3.ステップ

ボレストやダブルスのフォーメーションの練習をしている時に、どんどん前に詰めてボレーをしてしまうと本来の目的に合った練習ではなくなってしまいます。そのため、その場でハーフボレーも使って来たボールをボレーする練習をすることが多いのですが、誤解してはいけないのは「足を使わなくて良い」ということではありません。確かに近距離でのボレー線になるとほとんど動くことができず、即座に反応してボレーしなければならない場合もありますが、基本はできるだけステップを使って打ちやすい打点で打つことです。特に前にステップしてボレーできる時は、ステップの強弱でボレーのスピードも調節できます。


スポンサードリンク

上級者になるためにボレーを武器にする

上級者になるためには正しいフォームで正確なボレーが打てるようになることが必要です。さらに試合で勝つためには、以下のようなポイントを意識する必要があります。

1.コースと意識

日頃の練習とは恐ろしいもので、良くも悪くも習慣化してしまうことがあります。テニスではボレストの練習をすることが多いですが、この練習ではストローカーの方へボレーを打ちますので、試合の時でも無意識に北方向へボレーを売ってしまうことがあります。ボレストの練習の時でも、ストローカーのフォア、正面、バックに打ち分け、ボレーの長さも意識して打つようにしましょう。そして試合形式の練習で、どのコースにどのような長さのボレーを打つのかを判断し、狙い通りに打つように意識するだけでレベルアップするはずです。何も考えず打っていては上達できません。

2.予測と精度

前述ように狙ったコースにボレーを正確に打つためには、まず相手が打ったボールが自分のフォア、正面、バックのどこに来るのか、球種はトップスピン、ドライブ、スライスのどれなのかを判断することが求められます。なんとなく練習してしまうことは避けなければならず、最初は「バック」「フォア」などと呟いてみても良いでしょう。また構えた状態からフォア、バック、正面などにボールが来た時の動きを練習し、身体にインプットしておくようにしましょう。

ラケット面のどこにボールが当たったかを記録すると、プロはスイートスポットを中心とした狭いエリアで正確に捉えていることがわかります。それに比べると一般のテニスプレーヤーの当たる場所はバラツキが大きいです。ラケットは、スイートスポットをはずすとボールの飛びが大きく変わりますので、本当に精度の高いボレーをしようと思ったら、スイートスポットで精度良く打つ意識も必要です。

まとめ

上級者になるためのボレーの打ち方について紹介しました。練習はなんとなくやると上達しませんが、意識が変わるだけで大きな効果が得られるものです。早速試してみましょう。

本ブログではいろいろなボレーのコツも他の記事で紹介しています。まずはそれらをまとめたこちらの記事「テニスのボレーの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!」をご覧ください。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールで試合に勝てるようになる?効果的な練習方法は?

スポンサードリンク テニスは楽しいですよね。楽しみ方は人それぞれですので、身体を動かして、ボールをたくさん打てればそれで良いという考え方もアリですし、否定しません。それだけにある程度テニスをやって …

テニススクールの中級からレベルアップするために体力アップ!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人は、レッスンを受ける程度の体力はあると思いますが、一般的にはさらに上のレベルを目指すためには不十分なことが多いように思 …

テニスのダブルスでボレーはコースを狙う!ワイドとセンター!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールの中級でレッスンを受けていると、何となくナイスショットを打つことに意識が行ってしまい、試合に勝つためのショットの打ち方・組み立ての練習がおろそかになってし …

テニスのダブルスのバックハンドストロークで短い球を打つ方法

スポンサードリンク テニスでは一般にフォアハンドストロークよりもバックハンドストロークの方が苦手な人が多く、さらにダブルスでは狙えるコースが狭く、甘い球は相手前衛にボレーされやすいので難しいです。 …

テニス上級者への道!サービスを強化して中級者から脱出!

スポンサードリンク テニスの中級者で、練習しても上級者になれず、悩んでいる人は多いです。当然のことながら上級者は中級者よりも高度な技術をマスターしています。逆に言えば、上級者の技術をマスターして行 …

最近のコメント