トラベル

ANAのツアーで飛行機が欠航になった場合のツアーの扱いは?

投稿日:

夏休みに家族でANAスカイホリデーのツアーに申し込んで鹿児島旅行へ行きました。羽田空港ー鹿児島空港間をANAの飛行機で移動するツアーでしたが、出発日も最終日も台風が日本へ来たので欠航になるのではないかとかなり心配しました。ANAのツアーでフライトが欠航になった場合はどのような扱いになるのでしょうか?

スポンサードリンク

ANAのツアーで飛行機が欠航になった場合のツアーの扱いは?

台風が日本に向かってくる状況は、天気予報などで詳しく報道されますし、インターネットでも確認することができます。それでも台風の進路は100%の確度で予想できるわけではなく、進路予想にもある程度の幅があり、判断が難しいです。

ある程度台風が直撃するリスクを想定して、事前にツアーをキャンセルできるでしょうか?通常はツアー開始日の20日前からキャンセル料が発生し、旅行開始日前日で40%、当日で50%ですので、現実的には難しいでしょう。また夏休みのような繁忙期では、多くの観光地が予約一杯で、台風の影響が少なそうな場所に目的地を変更し、直前で予約することも難しいですし、予約ができたとしてもツアーに比べてかなり割高になるでしょう。

飛行機が欠航になる原因は、台風、降雪、機材トラブルなどいくつかあります。気象条件による場合は、ギリギリまで欠航になるか分からず、航空会社・機長もできる限り運行する努力をします。機材トラブルの場合は、代替機を手配する努力をしますし、同一路線の他の便は運行できる可能性が高いです。航空会社のサイトに欠航の決定が表示されるまでは、基本的には運行されると考えて、搭乗ゲートに行って待機する必要があります。

それでも最終的に予定していたフライトが欠航となったら、ツアーはどのような扱いになるのかは、往路便と復路便によって異なります。以下にそれぞれ紹介します。

ANAのツアーで往路便が欠航になった場合は?

往路便が欠航の場合は、ツアーは原則として催行中止となります。所定の方法により、全額返金の手続きをすれば返金されます。また欠航便と同じ区間(路線)の便に空席がある場合に限り、往路便を変更できることがあります。搭乗ゲートで待っていて欠航が決まったら、航空会社(ANA便ならばANA)の係員に問い合わせましょう。

ツアーでは航空券とセットでホテル等の宿泊の予約があります。注意しなければいけないのは、同じ区間の同日の他の便に変更した場合です。当初の予定よりも数時間遅れて到着することになると思いますので、早めに予約したホテルに電話をして、予定通りに宿泊する旨とおおよその到着時間を伝えておいた方が安全です。ホテルでは、予定した到着時間より大幅に遅れて到着すると、「NO SHOW」として予約がキャンセルされることが普通です。ツアーで組み込まれているホテルでは、フライトの欠航状況も確認していると思いますので、キャンセルされないように連絡しましょう。

さらに複雑なのは、同一区間の翌日の便に変更した場合。予定していたホテル等に初日は宿泊できなくなるわけです。その宿泊費はどうなるのかなど、気になるところです。ツアーでは航空券と宿泊をセットにすることで、大幅に安くなっていますので、返金があったとしてもいくらになるのかよくわかりません。まずはANAの問い合わせ先へ連絡し、相談しましょう。

また予約していた往路便が欠航となり、自力で他の交通手段により現地へ行った場合は、その交通費は自己負担となりますが、往路便の「ツアー用の航空運賃」は返金されます。旅行終了後5日以内にANAへ連絡し、手続きしましょう。


スポンサードリンク

ANAのツアーで復路便が欠航になった場合は?

復路便が欠航となった場合は、ツアーそのものは開始になっていますので、ツアーそのものをすべてキャンセルすることはできません。復路便を同一区間の同日の便に変更できれば、それにより帰ってくることになります。

困るのが同一区間の同日の便に変更できない場合です。翌日の同一区間の便に変更できた場合は、現地で一泊することになります。その場合の宿泊費や空港までの交通費などは自己負担となります。

また他の交通機関を利用し、自力で帰ってきた場合も、その交通費は自己負担となります。追加の出費が生じることは避けられませんが、それはお得なツアーを利用するリスクとして受け入れるしかないでしょう。

フライトが欠航になる確率は、離発着する空港・路線、季節などにより異なりますが、全体としてはANAの場合は1.27%です(*国土交通省の2016年度、国内線のデータによる)。私自身、国内線で搭乗予定のフライトが欠航になった経験は、幸いなことに一度もありません。つまり、98%以上の確率で欠航になりませんので、確率を考えればオトクなツアーを活用した方が合理的でしょう。

まとめ

ANAの国内ツアーでフライトが欠航になった場合について紹介しました。なおここに紹介した内容は、記事作成時点の情報です。今後変更になる可能性もありますし、一部の国内ツアーで例外的なものがあるか否かは未確認です。ツアーの取り消し・予約変更による損害等が生じる可能性もありますので、自己責任でご判断お願いします。正確な情報はANAへご確認ください。

スポンサードリンク


-トラベル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外出張時のホテル 選び方・お得な利用法・アクセス

スポンサードリンク アメリカに行く場合は、パッケージツアーなどが格安です。しかし、海外出張などでは自分でホテルを手配することが多いでしょう。ホテルの賢い選び方、お得な利用の予約の方法、空港からホテ …

東京の博物館のおすすめ3つ!科学技術・芸術・歴史・考古学

スポンサードリンク 東京には魅力的な博物館が多数あります。その中でもこれだけは絶対に見ておいた方が良い博物館を3つ選びました!以下に紹介します! スポンサードリンク 関連

海外出張時に賢く体調管理する方法 リラックスも大切

スポンサードリンク 海外出張では緊張することも多く、時差もあり、気候も異なるので、体調を崩しやすくなります。 重要な仕事のために費用をかけて海外まで行くわけですので、体調が悪くなって仕事に差し障り …

ESTAの申請にはクレジットカードが必要?無い場合は?

スポンサードリンク 米国に出張・旅行するためにはESTAが必要です。これはすでにご存知の方にとっては改めて言うまでもないことなのですが、人間は誰でも知らないことはあります。つまり、ESTAが必要な …

パスポートは5年と10年のどっちがいい?コスパとリスクは?

スポンサードリンク 海外旅行・出張に行く時に絶対に必要なのがパスポート。海外に行くことが決まったら、早めにパスポートを申請して取得しましょう。20歳以上の方は10年用と5年用のどちらかを選択できま …

最近のコメント