八戸航空基地祭のアクセス・駐車場・混雑情報!必見!

航空祭・基地イベント

青森県八戸市にある海上自衛隊八戸航空基地では、毎年航空祭が開催されます。2019年は9月21日(土)8:30~15:30に開催されることが決定しました!北方の海上自衛隊航空部隊が配備されている航空基地で、P-3C哨戒機による我が国周辺海域における警戒監視等の任務を担当しています。八戸航空基地祭へのアクセス、駐車場、混雑情報などについて紹介します。

スポンサードリンク

八戸航空基地祭へのアクセスは?

海上自衛隊八戸航空基地は、青森県八戸市高館にあります。八戸航空基地祭開催時のアクセスについては、同基地の公式サイト内にも見当たらず、通常時の同基地へのアクセス方法を紹介するページしかありません。

同じ青森県の三沢基地航空祭は9万人程度の来場者数となり、大変な混雑となるために、最寄りの三沢基地から臨時のシャトルバスが運行されたり、臨時の基地外駐車場が用意されたりします。そしてそれらにスムーズに誘導するように、事前のインターネット上での案内も詳細に掲載されています。

このように日本の他の混雑する航空祭を知っている人からすると、八戸基地航空祭のアクセス案内が見当たらないことは不安に感じるかもしれません。しかし、下記でも述べますように、来場者数が少ないため、特に問題ないようです。

基本的には八戸航空基地のアクセス案内ページを参考にすると良いでしょう。JR八戸駅にアクセスし、そこから案内通りにバスを利用する場合は、本数がそれほど無いようなので要注意です(*時刻表はこちらです)。

あまり土地勘が無いようでしたら、以下のように車で16分程度なので、タクシーを利用した方が間違いが無いかもしれません。

八戸航空基地祭の駐車場は?

八戸航空基地のサイトにある航空祭の案内は、ポスターが表示されるページのみのようです(2019年9月7日時点)。このポスターにも駐車場のことが記載されて無く、同基地の海上自衛隊第2航空群司令部広報室の電話番号が記載されているのみです。

八戸市役所のホームページの「市民伝言板」に航空祭の案内が数行記載されていますが、駐車場については記載されていません。

少々不親切すぎる気もします・・・。

過去の八戸航空基地祭に参加した人のブログ等を検索してみると、「基地内に駐車場があり、車でアクセスできる」ということが書かれたものがいくつか見つかります。おそらく2019年も同様と考えられますが、公式には確認していませんので、必要があれば同基地のサイトに記載されている電話番号へご確認下さい。


スポンサードリンク

八戸航空基地祭の混雑は?

前述のように同じ青森県の三沢基地航空祭が9万人程度の来場者数で、大変混雑することに比べると、八戸航空基地祭は驚くほど空いています。インターネットで検索しても来場者数の記録が見当たらないので、公式記録は確認できませんでした。

ブログ等に掲載されている八戸航空基地祭の様子を写した写真から推測すると、数千人規模ではないかと推測されます。航空祭としては、かなり来場者が少ない方です。ブルーインパルスのアクロバット飛行が無く、三沢基地とも近いためか、あまり大々的に航空自衛隊の航空機が参加していないことも集客力が弱い一因でしょう。

しかし、それほど混雑しない航空祭というのは、のんびり見学したい人、小さな子どもと一緒に見学したい人、航空機をじっくり撮影したい人にとっては絶好の機会でもあります。地上展示の航空機の周りも人が少ないので、じっくり写真撮影できますし、離着陸時の飛行機もよく見えるでしょう。売店やトイレもそこそこの混雑具合です。

見どころは、八戸航空基地を本拠地としているP-3Cの飛行展示です。プロペラ機ですが、それなりに大きな機体なので、迫力があります。

案外珍しいシーンは、近くの三沢基地から飛来したF-2Bの着陸シーンです。滑走路が短いためか、過去に着陸した際にはドラッグシュートを使用していました。もしF-2Bが着陸するシーンを見るチャンスがあれば必見です。

まとめ

八戸航空基地祭のアクセス、駐車場、混雑などについて紹介しました。来場者数が少な目の航空祭には、ものすごい人が来場する人気の航空祭とは違った面白さがあります。じっくり見学しましょう!

航空祭に初めて参加される方は、こちらの記事「航空祭の楽しみ方!初めて行く人のためのガイドブック」もご覧ください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました