Amazonプライム無料体験の罠!勝手に有料会員に!解約・延長できる?

ショッピングAmazon

Amazonプライムを30日間無料で体験できるサービスがあります。これは下記で紹介するようにお得なサービスなのですが、このシステムに不満を感じる人が少なくないようで、「Amazonプライム無料体験の罠」といった言葉もインターネット上でよく見かけます。

ネガティブなものは、「気づかない間に勝手にプライム会員になっていた」、「有料会員になっていて勝手に500円課金された」といったものです。

反対にポジティブなものは、「何となくプライム会員になってしまったけれど、実際に使ってみたら魅力的な特典があってお得だった」といったものです。

さらに詳しく紹介します!

*Amazonプライム無料体験への申込みはこちら:Amazonプライム無料体験

スポンサーリンク

Amazonプライム無料体験の罠で申し込んだ・解約方法がわからない!

まずはネガティブなコメントについて、その原因を解説します。

勝手にプライム会員になっていた

あまり意識せずにプライム会員の無料体験に申し込んでしまうケースが多いです。よくあるのは、Amazonで買い物をしている時に、カートに商品を入れて購入手続きをしている途中で提示されるオファーです。

インターネットショッピングの場合、多くの人が送料を気にしています。それだけに購入手続きの時に送料無料となるオファーがあれば、そのことだけに注意が奪われて思わずクリックしてしてしまうことが多いです。

それだけに購入手続き後に送られてくる「Amazonプライム無料体験」の案内メールで、「Amazonプライム会員規約」などの同意したとの文言が書かれているのを読むと、「そんなの同意してない!」という気持ちになるのも無理はないでしょう。

そしてそのまま解約せずにいると、無料期間が終了した後に自動的に有料会員となり、課金されることになります。

最近は、この種のトラブルを未然に防ぐために、インターネット上で課金されるようなことにつながるクリックを要求する時には、念押しの確認を求められることがほとんどです。それに慣れていると、「Amazonプライム無料体験」オファーの場合は、ワンクリックで了承したことになってしまうので、「勝手に・・・」という印象を持たれても不思議ではありません。

Amazonプライム無料体験終了後に有料会員に移行して課金された

「Amazonプライム無料体験」に申し込んだことを認識できていればまだ良いのですが、前述のように「勝手に・・・」と感じるぐらい気が付きにくいので、クリックして「Amazonプライム無料体験」に申し込んだ後でもそのことに気が付かないこともあります。

そうすると、プライム会員をまったくあるいはほとんど利用せずに30日間の無料期間が終了し、自動で有料会員になり、会費の500円をクレジットカードから決済されることになります。

この時点で初めて「Amazonプライム無料体験」に申し込んだことに気が付いた人は、30日間の無料期間を有効に活用できずに会費を引き落とされたことになるので、かなり不満を感じるでしょう。実際、かなり怒ってAmazonに苦情を言う人もいます。

前述のようにAmazonから無料体験に申し込んだ旨のメールが届いているはずですが、申し込んだことに気が付いていないと、迷惑メールと勘違いして無視してしまうこともあります。通常のAmazonからのメールが受信できていれば確率は低いですが、稀に迷惑メールフォルダなどに入れられてしまうこともあります。

罠から脱出する方法:Amazonプライム無料体験を解約する

このような罠から脱出する方法としては、解約する方法がもっとも確実です。「Amazonプライム無料体験」に申し込んだことに気が付き、プライム会員の会費を支払いたくなければ、無料期間が終了して会費を請求される前に解約するようにしましょう。

方法は簡単です。Amazonのサイトに行き、右上の[アカウント&リスト]をクリックし、表示されるアカウントサービスの画面で[プライム]>[プライム会員情報]とクリックします。

すると以下のドロップダウンメニューが開き、[プライム会員資格を終了する]をクリックすればプライム会員資格が自動更新されることはなく、会費をそれ以上請求されることはなくなります。

せっかく30日間の「Amazonプライム無料体験」に申し込んでしまったので、ギリギリまで使いたいという場合には、このドロップダウンメニューにある[更新前にお知らせを受け取る]にチェックを入れておけば、次の会費が請求される3日前に登録しているメールアドレスにメールで知らせてもらえます。

罠から脱出する方法:返金してもらう

すでに30日間の「Amazonプライム無料体験」が終了し、有料会員になって会費を支払ってしまい、有料会員になってからまったくプライム特典を利用していないのであれば、退会手続きをすることで返金される可能性が高いです。

あまり意識しないで何となくプライムビデオやミュージックを利用してしまっていることもありますし、何らかのショッピングをして送料の優遇を受けてしまっていることもありますので、本当にプライム特典を利用していないのか、「注文履歴」を見て確認しましょう。

Amazonのやり方は強引過ぎるのでは?

以上に紹介しましたように、Amazonで購入手続きをしている時に「送料無料が無料になる」などのオファーとセットで「Amazonプライム無料体験」が提供されるので、ワンクリックで申し込んでしまう人が続出しています。ほとんどの人は、「送料無料がになる」点に注意が集中していて、「Amazonプライム無料体験」の規約をよく読まずに申し込んでしまいます。

このやり方が「強引過ぎるのでは?」、場合によっては「違法なのでは?」というコメントもよく見かけます。

基本的には規約を読めるような状態にして勧誘しているので、違法性を問うことは難しいでしょう(*必要があれば、正確なことは法律の専門家にご確認下さい)。

法律的に問題なくても、やり方として強引なのかという点では、正直そのような印象を受けます。そのため多くの苦情が寄せられたためか、いつでも解約できますし、前述のように全く利用していなければ返金されることもあります。課金される金額も月額500円(税込)と極端に高額ではありませんので、許容されているようです。

意識しないで「Amazonプライム無料体験」に申し込んでしまった時には少々驚きますが、下記のように魅力的なもありますので、これらを利用しながら冷静に対処しましょう。
*Amazonプライム無料体験への申込みはこちら:Amazonプライム無料体験

スポンサーリンク

Amazonプライム無料体験の罠で魅力に気付いた!

ポジティブな意味での「Amazonプライム無料体験の罠」でプライムの特典を使ってみたら案外お得で、それ以来ずっとプライム会員のままというパターンもあります。

ある意味、Amazonの戦略通りに嵌ってしまったのですが、プライム特典を活用するならば必ずしも損をしたとは言えないでしょう。

Amazonプライムの特典

Amazonのサイトでプライム会員のページを見ると以下のような特典が紹介されています。

・Amazonフレッシュ
・お急ぎ便・日時指定が無料
Prime Video

Amazon Music Prime
・Prime Reading
・Prime Gaming
・Twitch Prime
・会員限定先行タイムセール
・Amazon Photos
・ママ・パパ向け特典

プライム会員の会費は、月間プランで500円/月、年間プランで4,900円/年ですので、月に1回以上Amazonでショッピングする人ならば、それだけで会費のかなりの部分を取り戻せてしまう可能性が高いです。

また商品ページに「prime」と書いてある商品を購入する時にamazon.co.jp/primeで「250ポイントを獲得する」をクリックすると、250ポイントが獲得できます。会費を考えるとこれも大きいですね。

私は、Prime Music(プライムミュージック)もパソコンを使う時によく利用しているのですが、200万曲を追加料金なしで聴き放題ですので、これだけでも会費を払う価値を感じます。さらにプライムビデオ、プライムリーディング、会員限定先行タイムセールなどを少しでも利用すれば、十分にお得な感じがします。

プライム会員を継続してしまう罠に嵌る人が多いことにも納得です。

Amazonプライムビデオを無料で視聴

Amazonプライム無料体験に気が付いたら申し込んでいたので、何となくプライムビデオのページを訪問してみました。そして案外無料で視聴できる映画・ビデオが多いことに気がつき、早速、数本の映画やアニメを視聴しました。

もちろん有料のコンテンツもあり、すべてが無料で視聴できるわけではないのですが、月額500円でその他の特典を利用できるメリットの上に、これだけ多数の無料コンテンツが楽しめるなんてかなりお得でしょう。

新たな楽しみが増えた感じがします!

*Amazonプライム無料体験への申込みはこちら:Amazonプライム無料体験

スポンサーリンク

Amazonプライム無料体験は何回も利用できる?

ところで「Amazonプライム無料体験」は、2回以上利用できるのでしょうか?

一般的にはこの種のサービスは初回限定で、2回以上は利用できないものが多いです。ある期間無料で使えるわけですので、繰り返し使えると通算でかなり長い期間無料で使えてしまうからです。

Amazonのサイトを見ると、「過去12か月の間にAmazonプライム会員になったことのない方は、無料体験にご登録いただけます。」と紹介されています。

無料体験をすでに利用したことがある方の回数制限については何も書かれていませんので、正確なことは不明です。しかし、インターネット上では複数回利用したということが書かれているブログなどがあります。

そのような事例でも、真偽のほどはわかりませんが、1年未満の間隔で再度利用しているということが書かれているものもあり、前述のように「過去12か月」の間隔が絶対に必要なのかも不明です。

それでも自分が無料体験を利用可能かどうか確認することは簡単です。Amazonプライムの申し込みページに行き、無料体験を申し込むボタンが表示されているのかどうか確認するだけです。

無料体験を申し込むボタンが表示されていれば、そこから申し込めばよいだけですので簡単ですね。

Amazonプライム無料体験は延長できる?

Amazonプライム無料体験の延長のオファーが出ることがあります。無料体験期間中にこのオファーが提示されれば、クリックするだけで延長できることがあります。

残念ながらどのような条件を満たすとこのオファーが提示されるのかは不明です。無料期間中に「解約」のページをチェックするとオファーが出ることがあるとの説もありますが、Amazon側の事情もあると思われますので常に有効な方法である保証はありません。

オファーが出たらラッキーですので延長しましょう!

Amazonプライムは学生会員もある

Amazonプライムは、学生会員もあり、月会費250円(税込)、年会費2450円(税込)です。

登録資格に関しては、Amazonの公式サイトに以下のように紹介されています。

「日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校または高等専門学校に通学中で有効な学籍番号をお持ちの方は、会員登録ページからPrime Studentにご登録いただけます。」

つまり、同居家族に有資格者がいれば、ショッピングに関してはすべてプライムの学生会員を利用すれば会費が節約できます。ただし、個人的にショッピング以外のサービスを利用したい場合は、それぞれ登録せざるを得ませんが・・・。

まとめ

Amazonプライム無料体験の罠について紹介しました。意識していないで無料体験に申し込んでしまうと少々焦るかもしれませんが、もしそのような状況になっていたら、せっかくですので特典を楽しんでみては如何でしょうか?

それで気に入れば継続すれば良いですし、気に入らなければ解約すれば済みます。

申し込んでいたことに気が付かず、まったく利用せずに有料会員になって課金されてしまったら、退会手続きをすれば返金される可能性が高いので手続きしてみましょう。

Amazonプライムビデオをテレビに映して楽しむことができるのでしょうか?こちらの記事で詳しく紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました