有機ELで日本企業は敗北なのか?強いのはどのメーカー?

有機EL

液晶テレビはかなり価格が下がり、ソニー、パナソニックなどの日本の家電メーカーも、自社のテレビのラインアップのハイエンドに有機ELテレビをそろえています。それらのテレビ用の有機ELパネルは韓国のLG製のものが使用されています。

スマホもハイエンドのものは有機ELにシフトしました。スマホ用の有機ELパネルは韓国のサムスン製のものがトップシェアです。

有機ELでは日本企業はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

有機ELで日本企業は敗北なのか?テレビ・スマホ・パネル

有機ELテレビ・パネルの日本メーカーは?

世界初の有機ELテレビは、ソニーが2007年に発売しました。トップエミッションの優れた画質で、有機ELパネルも自社で研究開発し、製造していました。

しかし、その後、ソニーは有機ELパネルの開発部門を切り離し、パナソニックが切り離したの同部門と統合し、株式会社JOLEDとなりました。

つまり、ソニーは有機ELパネルの製造からは撤退したわけです。パナソニックについても同様です。現在、日本で販売されている有機ELテレビのパネルは韓国LGから供給を受けています。

テレビ用大型有機ELパネルの世界シェアの9割以上をLGが占めていますので、ほとんどのテレビメーカーがLGから有機ELパネルを購入しています。

有機ELテレビは日本メーカーも販売していますが、有機ELパネルについては日本企業は敗北したのでしょうか?日本で唯一残っているのが前述のJOLEDですが、投資の規模が韓国勢・中国勢と比べて桁違いに少なく、テレビ用途で正面から勝負するのは避け、中小型に絞っています。まだ全滅したわけではありませんが、かなり厳しい状況です。

しかし、前述のように最終製品の有機ELテレビでは製品を出していますし、放送局用のマスターモニターなどでも製品は出しています。

有機ELスマホ・パネルの日本メーカーは?

AppleがiPhone Xに有機ELパネルを採用してから、ハイエンドスマホには有機ELが広く搭載されるようになりました。Appleよりもかなり前から、韓国サムスンが自社のスマホのGalaxyに有機ELパネルを搭載しており、その有機ELパネルをサムスングループで開発していました。

そのためスマホ用有機ELパネルでは、技術・量産技術・実績の点で圧倒的にサムスンが強く、8割以上の世界シェアを持っています。

日本メーカーでは、ジャパンディスプレイ(JDI)が技術を蓄積しており、Appleと協議しているとの報道がありましたが、まだ実績がありません。前述のJOLEDは、印刷方式の有機ELパネルに特化しており、中型パネルをターゲットとしているため、現状ではスマホ用の有機ELパネルの量産は計画していないようです。

鴻海精密工業傘下のシャープは、自社のスマホのアクオスに自社開発した有機ELパネルを搭載しています。

スポンサーリンク

有機ELで日本企業は製造装置が強い!装置メーカーに注目!

有機ELパネル事業は、残念ながら日本企業は危機的な状況ですが、有機ELに関する分野で圧倒的に強い日本企業があります。例えば製造装置では、キヤノントッキが圧倒的なシェアを誇っています。ライバル企業も必死の追い上げをしていますが、最先端の第6世代用蒸着装置ではほぼ独壇場のようです。

ちなみに蒸着用のメタルマスクでは大日本印刷(DNP)が圧倒的なシェアを持っています。蒸着装置およびメタルマスクは、印刷方式が普及しない限りは使われ続けるでしょう。

有機ELのバックプレーン用の露光装置では、ニコンがトップです。キヤノンも必死の追い上げを続けており、解像度ではニコンに追いついています。この分野も現在シェアトップだからと言っても安心できませんが、日本メーカーがまだまだ強いです。

有機ELパネルの製造ラインで使われるエキシマレーザーアニール(ELA)装置では、日本製鋼所が70%以上のシェアを持つています。


スポンサーリンク

有機ELで日本企業は材料が強い!化学メーカーに注目!

有機ELの材料についても強い日本メーカーがあります。

有機ELの発光材料

有機ELの心臓部である発光材料は、出光興産がLG向けでトップシェアです。その他、住友化学、新日鉄住金化学、保土谷化学工業、日産化学、JNCなど多くの日本企業が優れた発光材料を供給しており、まさに日本企業無しでは有機ELは光りません。

有機ELのポリイミド(PI)基板

最近、フレキシブル基板を使用した有機ELの開発が進んでいますが、その基板にはポリイミド(PI)が用いられています。

高性能のPIは日本企業が得意で、韓国のサムスンには宇部興産が供給しています。その他、カネカ、三菱ガス化学、旭化成、三井化学などの日本の化学メーカーが供給しています。

有機EL基板用PIについてこちらの記事で詳しく紹介しています。

まとめ

有機ELパネルでは日本メーカーが厳しい状況ですが、製造装置や材料では非常に強いことを紹介しました。これらの分野では、簡単には真似できない強みがあるのでしょう。

▼その他の有機ELの情報についてはこちら▼

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました