テニス

テニスの中級のダブルスのロブ対策!簡単に抜かれない!

投稿日:2019年3月17日 更新日:

テニススクールの中級レベルでは、積極的に大会に出て試合をしている人と、あまり試合慣れしていない人の差が顕著です。特に女子のダブルスでは、試合慣れしている人ほどロブを多用し、試合慣れしていない人は頭上を抜かれて決定打になってしまうことが多いです。ロブ対策が必要ですね。

スポンサードリンク

テニスの中級のダブルスのロブ対策

ダブルスの前衛は、ロブで頭上を抜かれ、ベースライン付近にボールが落下するとそのまま打ち返せずにエースになってしまうことが多いです。必死に下がってワンバウンド後に打ち返しても、甘いボールになってしまって決められてしまうことが多いです。

ロブ対策は、まずは簡単に頭上を抜かれないようにすることが大切です。そのためには、ロブを上げられたら素早く下がること、ロブで上げられたボールに追いつけるようにポジションを調整することが大切です。

次項から順番に解説します。相手に「簡単にロブで抜けない」という印象を与えることが重要です。

テニスの中級のダブルスでロブを上げられたら素早く下がる

ダブルスでは、前衛の頭上をロブで抜こうとするショットが多くなります。このようなショットを相手に打たれて、簡単に頭上を抜かれてしまう人は、ロブを追って後ろに下がるスピードが遅い場合があります。「遅い」要因は、相手のロブに対する反応が遅いことと、後ろに下がる時のフットワークが遅いことに分けられます。

まず相手が打ったロブに対しての反応を早くしましょう。スプリットステップをして、相手の動きをよく見ましょう。ロブを打つ立場になると分かるのですが、ロブが浅くなってしまうと相手のチャンスボールになりますし、ちょっとインパクトの力加減が強いと簡単にバックアウトしてしまいます。かなりプレッシャーがかかりますので、ロブを上げる時は慎重に打ちます。スイングも比較的ゆっくりで、下から上にラケットをスイングします。この動きを見抜ければ、ワンテンポ早く反応できるでしょう。

次に下がる時にフットワークです。ロブが来ると分かったら、自分のフォア側から真上方向であれば、フォアハンドを打つ時の後ろ足を下げて半身の体勢になりましょう。バックハンド側であれば反対側の足を下げます。続いて、もう一方の足をクロスステップするように大きく下げます。そこから先は、半身で後ろに走るようにこれらの動きを繰り返します。

良くない例は、半身になった後にサイドステップで下がろうとすることです。一歩一歩が小さくなり、素早く後ろに下がれません。一歩一歩を大きくすることが大切です。


スポンサードリンク

テニスの中級のダブルスでロブで抜かれないようにポジションを調整

ダブルスの時に、頭上をロブで簡単に抜かれてしまう人は、ポジションが前過ぎることも原因の一つです。実際、前に詰めれば、相手もロブを狙ってきます。

ダブルスでは、チャンスボールをポーチしてボレーで決めることが大切で、ポーチをしてこないだけで、相手は心理的にかなり楽です。したがって、前に詰めないといけないのですが、前に詰めるのは「相手がロブを打ってこない」と判断したときだけです。それ以外の場合は、前衛のホームポジションで構えます。

テニスの中級のダブルスでロブの打ち返し方

相手が上げてきたロブに対し、ベストな打ち返し方はスマッシュです。しかし、しっかりロブに追いついて打てる時以外は、強烈なスマッシュを打つことは難しく、ベースライン近くからスマッシュで叩きつけようとするとネットしてしまうこともあります。チャンスボール以外は、必ずしも一発で決めようとせず、確実に相手コートに入れられるような少しスピードを抑えたスマッシュを、コースを狙って打ちましょう。

次にスマッシュが難しい時の打ち返し方です。まず狙うべきは、ボレーです。上級レベルになると、あまり上にものすごく高く上げるロブは打ちません。このようなものすごく高いロブは、初級や中級ではよくあるのですが、そのような場合追いつけることが多く、一度バウンドさせてからグラウンドスマッシュで返球すれば良いでしょう。しかし、もっと低い弾道では、バウンドする前に空中でボレーする方が簡単に打ち返せますし、相手も早くボールが返ってくるので攻め込みにくくなります。

前衛の頭上を完全に抜かれてしまうと、通常は後衛に任せてポジションチェンジをすることになります。雁行陣であれば、前衛の様子も見やすく、頭上を抜かれるかどうかも分かりやすいので、素早くポジションチェンジをしましょう。平行陣の場合は、フォーメーションの練習が十分にできていないと、中級では難しいようです。雁行陣の時よりも、前衛は頭上を抜かれないように注意すべきでしょう。

まとめ

テニスの中級のダブルスのロブ対策について紹介しました。ロブは一見地味ですが、頭上を抜けばそのまま決まってしまう場合もありますし、返球できても甘くなってしまうことが多いので、かなり有効なショットです。しかし、自分でロブを打ってみると分かりますが、相手にスマッシュを打たせず、バックアウトもしないようなロブを打つのは案外難しいものです。どんなボールであればロブを打ちやすいかを把握しておけば、相手のロブも早く察知できるでしょう。

全英がポーチに出てボレーを決められるようになれば、ダブルスで格段に強くなれるでしょう。こちらの記事「テニススクールの中級からポーチの出方をマスターする」で紹介しています。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールの中級から片手バックハンドのスピンをマスターする

スポンサードリンク 上級者やトッププロのテニスを見ていると「カッコイイなあ・・・」と感じるのはバックハンドです。一般にフォアハンドよりもバックハンドの方が習得が難しく、特にロジャー・フェデラーのよ …

テニスのダブルスでボレーはコースを狙う!ワイドとセンター!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールの中級でレッスンを受けていると、何となくナイスショットを打つことに意識が行ってしまい、試合に勝つためのショットの打ち方・組み立ての練習がおろそかになってし …

テニスで遅いボールの打ち方!リターンとストローク!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの人は、積極的に試合で出場しましょう。レッスンの時のコーチの球出しと違い、試合での活きたボールを打ち返す経験を積まないと、本当の意味でテニスで必要な打 …

テニスのシングルスで勝つためには前へのフットワークを練習!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人でも、試合で勝つために必要なことを地道に練習して習得していけば、着実に上達し、強くなれるはずです。案外見落とされること …

テニススクールの中級レベルのボレストのコツは?

スポンサードリンク テニススクールのレッスンでは、前半の早い段階で、ボレスト(ボレー対ストローク)の練習をすることが多いでしょう。中級レベルになると、ストロークのスピードもそれなりに速くなってきま …

最近のコメント