iPhone

iPhoneのLightningケーブルは認証品でないといけないのか?

投稿日:2018年8月10日 更新日:

iPhoneやiPadは人気が高く、多数のユーザーがいますね。私も使っています。性能的にもデザイン的にも気に入っているのですが、ある程度使用するとLightningケーブルが壊れてしまうのが悩みです。Apple製品以外のスマホやタブレットを使ったことがないので、他社製品と比べて耐久性が低いのか、他社製品も同じ程度なのかはよく分かりません。いずれにしても使い続けているとLightningケーブルが破損して、新しいものを買い直さないとならないことが多いです。Lightningケーブルには「認証品」というものがあります。非認証品の方が安いようですが、認証品でないといけないのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

iPhoneのLightningケーブルは認証品でないといけないのか?

iPhoneのLightningケーブルには、以下のものがあります。

1.Apple純正品
2.MFi認証品
3.非認証品

Apple純正品は、言うまでもなく、Appleが製造・販売しているものです(*製造を外部に委託している等のややこしい話はここでは問いません)。いわゆる正規品ですので、性能等に問題はありません。最大の難点はもっとも高いということです。Apple純正品がサードパーティよりも安ければ、ほとんどサードパーティの製品は売れませんので。価格が気にならないようでしたら、Apple純正品を買うのがもっともリスクが低いです。

MFi認証品とは、サードパーティが製造し、Appleによって認定を受けたものです。「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPod」を意味する略号です。Appleは「MFi ライセンスプログラム」という認証プログラムを行っています。偽造品や模造品によるいろいろなトラブルを防ぐために行っているもので、認定を受ければ以下のようなMFiバッジをパッケージに付けられます。MFi認証品であれば、トラブルは少ないでしょう。

以下の写真は、iPhone用に購入したMFi認証品のLightning – USBケーブルのパッケージです。

パッケージに印刷されている以下の部分が認証を得たことを表す「MFiバッジ」と呼ばれるものです。

非認証品は、偽造品、模造品などいろいろなものが有り得ます。中には品質の高いものもあるかもしれませんが、次項で紹介するような重大なトラブルが発生する可能性が高いです。

基本的にはApple純正品か、MFi認証品を使うようにしましょう。

iPhoneのLightningケーブルの非認証品を使うとどうなる?

非認証品のLightningケーブルを使用すると、どのようなトラブルが発生する可能性があるのでしょうか?

Appleのホームページには次のように記載されています。

Lightning アクセサリの偽造品や模倣品を使うと、以下のような問題が生じるおそれがあります。

・iOS デバイスが損傷する場合がある
・ケーブルが損傷しやすい
・コネクタの端子が外れる、非常に熱くなる、またはデバイスにしっかりと収まらない
・デバイスを同期または充電できない

Apple純正品やMFi認証品よりも安いからという理由だけで非認証品を買っても、そもそも使用することができなかったり、ケーブルそのものがすぐに壊れてしまったら意味がありません。さらにiPhoneやiPadを破損してしまったら大きな損害となります。やはり非認証品の使用は避けた方が良いでしょう。


スポンサードリンク

iPhoneのLightningケーブルの非認証品はどこが違う?

実際にApple純正品と非認証品はどこが違うのでしょうか?

Aplleのホームページに掲載されているいくつかの偽造品や模造品では以下のような違いが紹介されています。

1.LightningケーブルのLightningコネクタ部分のピンの形状が、純正品では滑らかで均一な仕上がりになっているのに対し、偽造品・模造品では粗く、不均一になっている。幅や長さも不揃い。

2.Lightning – USB ケーブルのUSBコネクタ側で、純正品はUSB表面がスムーズで均一・接触面は金メッキになっていますが、偽造品・模造品ではUSB表面が粗く、接触面が銀メッキになっている場合があります。また絶縁体の形状が異なっている場合もあります。

コネクター部分は微細な形状をしており、電気を流すべきところは大きな電気が流れ、絶縁すべきところは電気が流れないように設計されています。ところが製造の技術が低く、粗悪品になると間違った経路で電気が流れてしまう可能性もあり機器に重大なダメージを与えてしまう可能性があります。これらのことから考えても非認証品の使用はリスクが高いと考えた方がよいでしょう。

まとめ

iPhoneやiPadを充電するために必要なLigtningケーブルの認証品について紹介しました。わずかな価格の差で大きなリスクを犯してしまわないようにしましょう。

スポンサードリンク


-iPhone
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

iPhoneの天気アプリのおすすめ!雨雲レーダーも使える!

スポンサードリンク iPhoneには便利なアプリが多数ありますが、その中でも基本的なアプリとして多くの人が天気アプリです。快適な生活を送るためには、天気予報は大切ですね。しっかり確認していれば、傘 …

iPhoneのコントロールセンターをカスタマイズする方法

スポンサードリンク iPhoneは気軽に持ち歩けて、いつでもインターネットや電話を利用したり、アプリを使ったりできますので、本当に便利ですね。それだけにやりたい操作がすぐにできるように設定しておき …

iPhoneでWebをPC表示にする方法!Safariの場合

スポンサードリンク iPhoneユーザーはおそらくほとんど毎日iPhoneでインターネットのWebページを見ているのではないかと思います。非常に便利なのですが、パソコンも使っていて、パソコンでもW …

iPhoneのバッテリーが少ない時の対処方法!長持ちさせる!

スポンサードリンク 私はこれまでにiPhone 4、iPhone 6、iPhone 8と機種変更して使ってきました。新しくなるほど性能も向上していますので、機種変更する度に満足度が上がっています。 …

佐川急便からのSMSと思ってインストールしてしまった!

スポンサードリンク iPhoneを使っていたら、SMSに佐川急便と思われるメッセージが届きました。そんな時は注意した方が良いです。インターネットによって世の中は便利になりましたが、インターネットを …

最近のコメント