iPhoneの充電器の純正品の見分け方!純正はどこで買える?値段は?

iPhone

iPhoneやiPadは人気が高く、多数のユーザーがいます。私も使っているのですが、ある程度使用するとLightningケーブル(ライトニングケーブル)が壊れてしまうのが悩みです。

破損したものを使い続けると感電や漏電の危険もありますし、iPhoneを故障させる原因にもなりますので、破損したら新しいものを買い直す必要があります。

AppleによるとLightningケーブルの偽造品・模倣品が出回っています。品質が劣るこれらのケーブルを使うことでiPhoneが破損したり、そもそも充電できなかったりというトラブルが発生しています。

Lightningケーブルには「認証品」というものがあります。これは純正品とは異なりますが、これを使っても良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneの充電器の純正と純正以外!MFi認証品とは?

iPhoneのLightningケーブルには、以下のものがあります。

1.Apple純正品
2.MFi認証品
3.非認証品

Apple純正品は、言うまでもなく、Appleが製造・販売しているものです(*製造を外部に委託している等のややこしい話はここでは問いません)。いわゆる正規品ですので、性能等に問題はありません。最大の難点はもっとも高いということです。

Apple純正品がサードパーティよりも安ければ、ほとんどサードパーティの製品は売れませんので。価格が気にならないようでしたら、Apple純正品を買うのがもっともリスクが低いです。

MFi認証品とは、サードパーティが製造し、Appleによって認定を受けたものです。「MFi」とは「Made For iPhone/iPad/iPod」を意味する略号です。

Appleは「MFi ライセンスプログラム」という認証プログラムを行っています。偽造品や模造品によるいろいろなトラブルを防ぐために行っているもので、認定を受ければ以下のようなMFiバッジをパッケージに付けられます。MFi認証品であれば、トラブルは少ないでしょう。

以下の写真は、iPhone用に購入したMFi認証品のLightning – USBケーブルのパッケージです。

パッケージに印刷されている以下の部分が認証を得たことを表す「MFiバッジ」と呼ばれるものです。

非認証品は、偽造品、模造品などいろいろなものが有り得ます。中には品質の高いものもあるかもしれませんが、次項で紹介するような重大なトラブルが発生する可能性が高いです。

基本的にはApple純正品か、MFi認証品を使うようにしましょう。

iPhoneのワイヤレス充電については、以下の記事で紹介しています。

スポンサーリンク

iPhoneのLightningケーブルの非認証品を使うとどうなる?

非認証品のLightningケーブルを使用すると、どのようなトラブルが発生する可能性があるのでしょうか?

Appleのホームページには次のように記載されています。

Lightning アクセサリの偽造品や模倣品を使うと、以下のような問題が生じるおそれがあります。

・iOS デバイスが損傷する場合がある
・ケーブルが損傷しやすい
・コネクタの端子が外れる、非常に熱くなる、またはデバイスにしっかりと収まらない
・デバイスを同期または充電できない

Apple純正品やMFi認証品よりも安いからという理由だけで非認証品を買っても、そもそも使用することができなかったり、ケーブルそのものがすぐに壊れてしまったら意味がありません。

さらにiPhoneやiPadを破損してしまったら大きな損害となります。やはり非認証品の使用は避けた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

iPhoneの充電器の純正品の見分け方

実際にApple純正品と非認証品はどこが違うのでしょうか?

Aplleのホームページに掲載されているいくつかの偽造品や模造品では以下のような違いが紹介されています。

1.LightningケーブルのLightningコネクタ部分のピンの形状が、純正品では滑らかで均一な仕上がりになっているのに対し、偽造品・模造品では粗く、不均一になっている。幅や長さも不揃い。

2.Lightning – USB ケーブルのUSBコネクタ側で、純正品はUSB表面がスムーズで均一・接触面は金メッキになっていますが、偽造品・模造品ではUSB表面が粗く、接触面が銀メッキになっている場合があります。また絶縁体の形状が異なっている場合もあります。

コネクター部分は微細な形状をしており、電気を流すべきところは大きな電気が流れ、絶縁すべきところは電気が流れないように設計されています。

ところが製造の技術が低く、粗悪品になると間違った経路で電気が流れてしまう可能性もあり機器に重大なダメージを与えてしまう可能性があります。これらのことから考えても非認証品の使用はリスクが高いと考えた方がよいでしょう。

Appleのホームページによると、純正品にはケーブル側面部に以下のような印字があります。

Apple 製の Lightning – USB ケーブルには、USB コネクタから約 18 cm のところにまず「Designed by Apple in California」という印字があり、それに続いて「Assembled in China」「Assembled in Vietnam」、または「Indústria Brasileira」のいずれかが印字されています。その末尾には 12 桁のシリアル番号が記されています。

iPhoneの充電器の純正品はどこで買える?値段は?

偽造品や模造品のiPhoneの充電器・ケーブルを買い、iPhoneを壊してしまって後悔しないようにするにはどうしたら良いでしょうか?

充電器の純正品の見分け方を上で紹介しましたが、このような情報は偽造品や模造品を作る人々も見ているわけで、ますます偽造・模造が巧妙になるのが世の常です。その道のプロではない一般の人が、常に純正品を見分けられるとも限りません。

まずは異常に安いものを購入するのはリスクが極めて高いため、避ける方が無難です。確実に純正品あるいは認証品を買うことに努力をする方が現実的です。具体的には信頼できる販売店で買うことです。

値段は純正品の方が高いことが多いです。しかし、わずかな値段の差で安いものを購入すると、大きなリスクがあることは理解しておいた方が良いでしょう。

iPhoneの充電器をApple StoreやC Smartで買う

当然のことながらApple Storeの店舗およびオンラインショップで購入すれば、間違いなく純正品を手に入れることができます。C SmartもApple Premium Reseller(正式認定販売店)ですので同様です。

iPhoneの充電器を家電量販店やコンビニで買う

ヤマダ電機などのApple製品を販売している家電量販店であれば、純正品は安心して購入できます。コンビニエンスストアの中では、セブンイレブンがAppleの純正品を販売しています(*品揃えは限られています)ので同様です。

iPhoneの充電器をAmazonで買う

大手ECサイトでは、AmazonがAppleと正式に契約を締結してApple製品を販売しています。したがって、Amazonの直販ならば安心できます。Amazonでも、マーケットプレイスについては直販ではありませんので注意しましょう。

楽天市場では、Rakuten Rebates経由でApple Storeで買い物ができます。これはApple Storeでショッピングをしても、楽天のポイントが獲得できるサービスです。

iPhoneの充電器の認証品の販売店は?

iPhoneの充電器の認証品を買いたい場合は、その商品がMFi認証品であることの確認と、信頼できるメーカーを選ぶことが重要です。

まずメーカーは、Appleの公式サイトでアクセサリーなどのページに掲載されているメーカーならば、Appleから信頼を獲得していると考えられるので安心できます。つまり、Appleの公式サイトには、純正品だけではなく、いくつかの認証品が掲載されているということです。

例えば、BelkinはLightningケーブルとして掲載されています。


AnkerのアクセサリーもApple公式サイトに掲載されていますので、信頼できるでしょう。


まとめ

iPhoneやiPadを充電するために必要なLigtningケーブルの認証品について紹介しました。わずかな価格の差で大きなリスクを犯してしまわないようにしましょう。

MacBookの充電器を忘れてしまった時の代用方法については、こちらの記事で紹介しています!

Apple Watchの充電器を忘れてしまった時の代用方法については、こちらの記事で紹介しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました