テニス

テニスのダブルスでボレーはコースを狙う!ワイドとセンター!

投稿日:2019年5月26日 更新日:

週に1回テニススクールの中級でレッスンを受けていると、何となくナイスショットを打つことに意識が行ってしまい、試合に勝つためのショットの打ち方・組み立ての練習がおろそかになってしまうことがあるようです。ダブルスでのボレー基本的なコースと組み立てについて紹介します。

スポンサードリンク

テニスのダブルスでボレーはコースを狙う!

テニスではナイスショットを打っても、相手がその場で動かずに打ち返しやすいところにボールが行ってしまうと、返球されてしまうことが多いです。スピードのあるナイスショットほど、タイミングが合うとより強力なボールとなって返ってくることもあります。

ダブルスでは、2人でコートを守っているので、オープンコートが少なく、試合慣れしていない中級者ほどどこに打ったら良いのかをわからずに、プレッシャーを感じてミスショットしてしまうことも少なくありません。打つべきコースを知っていれば、1球で決めようとせずに、2球、3球の組み立てでオープンコートを作って無理なく決めることもできるようになります。

雁行陣の後衛のストロークは、基本的にはエースを狙うのではなく、相手の前衛のポーチにかからないように粘り強くつなぎながら、味方前衛がボレーで決めるのをサポートするものです。後衛がアプローチして平行陣に移行した後に、後衛がボレーをどこに打つのかで形勢が大きく変わります。これはよくある状況ですので、この時の後衛の狙うコースについて考えてみましょう。

テニスのダブルスでボレーはワイドとセンター

まずもっともよくあるのは、雁行陣の相手後衛が、クロス方向にストロークを打ってくる状況です。相手のストロークの威力や高さにもよりますが、基本的にはクロス方向に打ち返します。可能であれば、よりワイドに狙うようにしましょう。これも1発で決める必要はありません。ワイドに打って、それを相手後衛が追いついてまたクロスへ返球してきても、相手後衛の守備範囲のセンター寄りの部分にオープンコートができるからです。次のボールをオープンコートへ打ちましょう。

雁行陣の相手後衛がセンターに打ってきた時は、基本的には平行陣の後衛がセンターを狙ってボレーします。これも1発で決める必要はありません。雁行陣の後衛がこれを返球してきても、ワイド側にオープンコートができますので、次はそこを狙ってボレーを打ちます。

このことを理解して、コースを狙って打つようにすれば、そのコースへ打つための打ち方が自然と練習でき、精度も上がってくるでしょう。

参考までに上記と反対のことをするとどうなるでしょうか?

雁行陣の相手後衛がクロスに打ってきたボールをセンターにボレーしようとすると、ポジションにもよりますが、相手前衛のポーチにかかりやすくなります。

雁行陣の相手後衛がセンターに打ってきたボールをワイドに返球した場合、自分のワイド側にオープンコートができており、そこにより角度がついたボールが返ってくることがよくあります。つまり、相手を動かしてオープンコートを作ろうとしていながら、自分の側にオープンコートを作ってしまうことになるわけです。


スポンサードリンク

テニスのダブルスでチャンスボールのボレーは?

ダブルスでは、前衛はチャンスボールをボレーして決めるのが役割です。後衛同士のラリーでチャンスを狙ってポーチに出るべきですが、もちろんそれより前に並行陣の後衛側に少し浮いたボールが来たら攻めて行きたいです。これを無難につないでしまうだけでは、ポイントするチャンスが減ってしまいます。

まず前述のワイドに打ってセンターにオープンコートができている場合。フォーメーションの良いダブルスならば、相手前衛がセンター寄りにポジションを移動してセンターを守ろうとするはずです。そうすると相手前衛のワイド側にオープンコートができていますので、ここを狙ってボレーをすると決まりやすくなります。オープンコートができればこのコースにもボレーを狙ってくることを相手にも認識させておくと良いでしょう。

もちろんさらに相手のボールが甘く、チャンスボールであれば、相手前衛のボディを狙うことも選択肢の1つです。

センターに打って、相手からチャンスボールが返ってきたら、相手後衛のワイドがオープンコートになっていますので、同様にここへ決めるのが基本です。ハイボレーを打てそうであれば相手前衛やそのワイド側を狙っても良いですし、ドロップショットも狙えます。

このような意識でボレーを打っていると、相手のどこにオープンコートができているのか注意して見るようになることもメリットです。

まとめ

ダブルスでの並行陣対雁行陣の、平行陣側の後衛がボレーでどのコースを狙うべきなのかついて、その基本を紹介しました。ワイドに来たらワイドへ、センターに来たらセンターへ打つと、雁行陣側の後衛にオープンコートができるので、次はそこを狙うとチャンスです。たったこれだけのことですが、意識してコースを狙うだけでかなりの差がでるものです。

ボレーの打ち方については、こちらの記事「テニスのボレーの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!」にまとめましたのでご覧ください。

テニスのダブルスで勝つための戦術と練習については、こちらの記事「テニスのダブルスで勝つための戦術と練習!苦手な人は必見」で紹介しています。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニススクールで上級クラスに昇格するためには?

スポンサードリンク テニスは生涯楽しめるスポーツです。近所のテニススクールに入れば、週に1回など定期的にテニスができるので、多くの人がテニススクールに入ります。テニススクールには初心、初級、中級、 …

テニスのフォアハンドの打ち方!まとめ!苦手な人は必見!

スポンサードリンク テニスの数あるショットの中でフォアハンドストロークは強力で、武器にしたいショットです。フォアハンドは腕の使い方の自由度が高く、わずかなズレで調子が悪くなってしまうことがあります …

テニスのダブルスでバックハンドのリターンがポーチされる!

スポンサードリンク テニスの中級者で、バックハンドでスピン系のリターンが上手く打てず、基本的にスライスでリターンを打っている場合、相手前衛のポーチに捕まってしまうことがよくあります。これが何度も繰 …

テニスの上級になるためにフォアハンドの基本をチェックする!

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルの人の中には、週に1回何年も通っているのに上級になれない人が少なくありません。中級レベルまでは、ある程度基本から外れた自己流の打ち方をしていてもごまか …

テニスのシングルスでは後ろに下がるフットワークが必要

スポンサードリンク テニスの試合では、ラリーが続くと、1球ごとに形勢が変わることはよくあります。相手の返球が甘く、短くなれば、前に詰めて打ちます。しかし、それを相手が深いボールで返球してきた時には …

最近のコメント