ライフ

テニススクールの選び方 施設・コーチ GODAI港北(横浜)

投稿日:2017年11月8日 更新日:

テニスは好きですか?初心者の方も、以前やっていた経験者の方も、テニスをやりたくないですか?

テニス部やテニスサークルなどに所属している方、プロテニスプレーヤーの方などを除けば、定期的にテニスを楽しもうと思うと、テニススクールに入るのが良いでしょう。1人でも、テニススクールに入ればコーチに指導を受けられて、レベルアップできます。

これまで3つのテニススクールに入会し、レッスンを受けたことがある経験に基づいて、テニススクールの選び方について紹介します。

スポンサードリンク

テニススクールの選び方:施設・コーチ・レッスン

「良いテニススクールとは何か?」ということもトップレベルやプロを目指すような方々の場合は難しいかもしれませんが、一般の人レベルであれば「施設」「コーチ」「レッスン」についてチェックしてみれば、かなり良いテニススクールを見極められるでしょう。

1.施設

テニスはコートのサーフェスに種類があります。ウィンブルドンのような芝コート(グラスコート)は、テニススクールではまずありません。通常は、ハードコート、オムニコート(砂入り人工芝コート)、室内コート(カーペットコート)、クレーコートです。

望ましいのは「テニススクールが保有する専用のテニスコート」であることです。公営コートなどを、時間的に借りてテニススクールを行なっているケースでは、施設が老朽化してしまっていることが多いようです。コートがひび割れていたり、傾いていたりすることもあります。そのようなコートではストレスが溜まりますし、怪我をするリスクも多くなるでしょう。

テニス大会で上位入賞を狙うには大会と同じサーフェスで練習することが望ましく、さらに上のレベルで多くの大会にエントリーしようとすると色々なサーフェスで練習する必要があります。しかし、一般の人が週に1回程度のレッスンを受けて、快適にテニスをする場合には、なんと言ってもインドアテニスコートがおすすめです。

インドアテニスコートにもいくつかのタイプがありますが、ビル内などにある空調完備のカーペットのサーフェスのテニスコートが最高です。

週に1回テニスをやるようになって、テニススクールが楽しくなってきた時に一番嫌なのが雨などの天候によりテニスができなくなることです。ビル内のインドアテニススクールならばそのようなことは通常はありません。また風が強い日、猛暑の日、花粉やPM2.5などが大量に飛んでいる日も、テニスをするのもかなり大変なのですが、1年中空調完備のインドアテニスコートならばいつでも快適です。さらにサーフェスがカーペットであれば、砂や泥で汚れることもなく、嬉しいです。

一度こんな快適なインドアテニススクールでテニスを体験してしまうと、もう病みつきになってしまいます。

サーフェス以外では、インドアですので照明と天井の高さは重要です。薄暗くないような照明の配置・明るさであれば良いですし、天井もある程度ロブが打てる程度の高さがあれば大丈夫です。

コート以外では、コート周辺のベンチ、ロッカー、シャワー、洗面所、トイレが綺麗で使いやすければ良いでしょう。また車でテニススクールに行くならば、駐車場も必要ですね。

施設については以上をチェックしてみると良いでしょう。

2.コーチ

テニススクールではコーチにレッスンを受けるので、コーチのクオリティは最重要ポイントの一つです。

まずコーチは、「日本プロテニス協会認定プロフェッショナル(JPTA認定プロフェッショナル)」であることは必要です。これはテニスコーチのライセンスですので、これを持っていなければプロのテニスコーチではありません。テニススクールではテニススクールの大学生にコーチをやらせている場合があります。どんなに上手くても、プロと素人は差があるものです。さらにテニス大会などで上位入賞の戦績があると良いでしょう。

テニスが上手いだけでは良いコーチとは言えません。レベル・体力に合わせて的確な指導ができてこそ良いコーチと言えます。

さらにサービス業ですので「接客態度」も重要です。一昔前は、やたら体育会系で厳しいだけのコーチもいましたが、最近のテニススクールはそのようなことはなく、気分良く楽しくテニスをやらせてくれます。また「接客態度」というものは、個人のコーチに委ねるものではなく、テニススクールとして統一感を持って、「こういう時はこうする」的なやり方をするべきものです。したがって、「接客態度」が良いコーチもいれば「接客態度」が悪いコーチもいるのもおかしな話です。

良いテニススクールは、テニスウェア・指導方法・接客態度に統一感があって、レベルが高いものです。

3.レッスン

スクールに来る人は初心者から上級者までいますので、レベル別にクラス分けされ、適切なレッスン内容になっている必要があります。通常はレベル別にクラス分けされていますが、あまりにスクール生が少ないスクールでは、上手くレベル分け出来ていないこともあるかもしれません。

通常は80-90分程度のレッスン時間が多いようですが、準備体操の時間を含む場合と含まない場合がありますので、実際にスクールで確認するのが良いでしょう。運動不足解消のためにテニススクールに通い始めた場合、最初はレッスンが体力的に辛いと感じることがあるかもしれませんが、しばらく通っているの体力がついて慣れて来るものです。

レッスンのメニューは、通常はよく考えられてプログラムされています。もしコーチの気まぐれでその日にやることを決めているならば要注意です。

テニススクールの選び方:体験レッスンを受ける

前述のようなチェックポイントでテニススクールを見るのに、一番手軽で確実な方法は「体験レッスン」を受けることです。通常は有料ですが、キャンペーン期間中は無料になったり、入会金などが割引になることもあります。いずれにしてもいきなり入会するよりは、体験レッスンを受けてみて、納得してから入会手続きをとった方が良いでしょう。

体験レッスンを受けてみれば前述のことは実感できる思いますし、さらにチェックポイントを意識してレッスンを受ければより確実でしょう。


スポンサードリンク

テニススクール GODAI港北はおすすめ

私が知っているテニススクールの中で一番おおすすめは「GODAI港北」です。横浜市営地下鉄のセンター北駅の近くの商業施設「港北minamoみなも」内にある空調完備のインドアテニススクールです。そのため大型の駐車場もあり、車でも電車でもアクセスできます。

設備は新しく、メンテナンスも行われているので、非常に良い状態です。コーチは全員プロテニスコーチですし、フロントスタッフも非常にレベルが高いです。GODAIグループには、プロテニスプレーヤーの添田選手が所属しており、日本の有望なプロテニス選手のサポートも行っています。

レッスンもレベルごとにクラス分けされ、土日もやっているので、自分の都合良い時間帯を選ぶことができます。また都合が悪くなってレッスンを休んでも振替で別の日時にレッスンを受けることもできます(回数・期間の制限あり)。

体験レッスンもやっていますので、興味があれば一度参加して見ると良いでしょう。

GODAI港北テニススクールの体験記は、こちらの記事「港北みなもGODAI港北テニス体験記・鉄人男子シングルス大会」をご覧ください。

まとめ

テニスは良い環境があれば、長期にわたって楽しめるスポーツです。最近はテニススクールで60歳台の人を見ることも珍しくありません。良いテニススクールを見つけてテニスを楽しみましょう!

テニススクールでテニスを楽しむ人に役立つ情報をこちらの記事「テニススクールのことが分かるまとめ」にまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

動体視力を鍛える方法 簡単な最先端のやり方

スポンサードリンク 先日、久しぶりにテニスの大会に出て、自分より断然強い人と対戦する機会がありました。球は速いし、回転もかかっていて、いつも練習している相手の球筋とは全然違い、ボールを目で追うのも …

夏の窓の暑さ対策 遮光と断熱が効果がある 節電効果も!

スポンサードリンク 日本の夏は年々厳しくなるようで、猛暑への備えが必要です。 自宅では特に窓の暑さ対策が効果がありますので、紹介します。 スポンサードリンク 関連

人口減少は日本最大の課題 まずは救える命を救え!

スポンサードリンク 総務省統計局によると、平成28年10月1日時点の日本人人口は1億2502万人で、前年に比べ29万9千人(0.24%)の減少となりました。29万9千人というと岩手県盛岡市の人口よ …

確定申告で医療費は戻ってくる?医療費控除に領収書が必要?

スポンサードリンク 多くの人が1年の間に、風邪をひいたり、調子が悪くなったりして、医療機関にお世話になることがあります。そこで医療費を支払うと、確定申告した時に支払った税金を還付してもらえることが …

冬の節電・省エネ エアコン・カーテン・ウォシュレット

日本では、東日本大震災以降、節電の意識が高まり、多くの人の努力で着実に消費電力量が減っています。またエコカーの普及に象徴されるように、電気だけでなく、ガソリン・軽油などのその他のエネルギーについても省 …

最近のコメント