Apple Watch

Apple Watchでかぶれる?金属アレルギーは?

投稿日:2018年4月6日 更新日:

Apple Watchは睡眠時間や安静時心拍数などを計測することができますので、フルに活用しようとすると睡眠時にも手首に装着することになります。日中の平常時だけでなく、スポーツなどで汗を流している時にもApple Watchを装着していますので、基本的には入浴時やバッテリーを充電している時以外は手首に装着することになるでしょう。特に肌へのトラブルはないのでしょうか?

スポンサードリンク

Apple Watchでかぶれる?肌が赤くなりました

私がApple Watch 3 GPSモデルを買った時は、嬉しくて、基本的には入浴時以外は手首に装着していました。入浴前に充電を開始し、着替えて入浴し、髪を乾かし、着替えるとおおよそ充電は完了していましたので、本当にそれ以外の時間は装着していました(*買ってから3ヶ月以上経ってからは、色々な使い方をするようになり、バッテリーの消耗が激しくなってきたので、充電時間が入浴時間だけでは足らなくなりました)。

使い始めて1週間程度経った時、左手首のApple Watchを付けている部分が赤くなり、小さな水ぶくれができていることに気がつきました。「もしかして火傷?」と思いましたが、火傷のような痛みは無かったので、原因が良くわかりませんでした。

とりあえず、Apple Watchを付ける位置を少々ずらして使っていたのですが、しばらく経ったら今度はずらした位置が同じように赤くなりました。

「えー!もしかしてアレルギーなのか?」と心配になりました。

Apple Watchは金属アレルギーの人も大丈夫か?

Appleのサイト内のApple Watchのページを検索してみたところ、金属アレルギーについての記載がありました。

機種によっていくつかの種類の素材が使用されています。Apple Watch 3の場合は、本体がステンレススチールのケース、アルミニウムのケース、裏蓋がサファイアクリスタル、セラミックなどが使用されています。

ちなみにバンドの素材は、バンドの種類によって異なり、フルオロエラストマー、ステンレススチール、セラミック、レザー、18Kゴールド、ナイロンなどが使用されています。

いずれにしても、法規制よりもさらに厳しい仕様を独自に策定し、数千回におよぶ試験を経て、皮膚への刺激が少ない素材を選んでるとのことです。ニッケルとアクリル樹脂は使用されているので、これらに敏感な方は認識しておく必要はあるそうです。ただし、ニッケルは欧州のREACH規則をクリアし、アクリル樹脂は皮膚に直接触れないように設計されています。

実際、私はこれまで金属アレルギーでは無かったので、どうやらApple Watchが原因で金属アレルギーになったとは考え難いです。


スポンサードリンク

Apple Watchの付け方のコツ

さらにAppleのサイト内を読んで思い当たったのが、Apple Watchのベルトの巻き方です。Apple Watchの裏蓋を見れば分かりますように、ここに光センサーなどがあり、脈拍などを検出しています。したがって、巻き方が緩すぎると、センサー部が肌から離れてしまうため、正しく脈拍などが測れなくなってしまいます。このことについてはすぐに気がつくので、いつもしっかりベルトを締めていました。

どうやらこれが原因だったようです。長時間付けていると、汗をかいたりしますので、どうしてもApple Watch本体やベルトの内側に汚れが付着します。その状態でベルトぴったり締めて装着し続けていると人によってはかぶれてしまうようです。

これを防ぐためには、ベルトは締め付け過ぎずに装着し、汗をかいたり、汚れがついたら本体やベルトの内側を清潔なタオルなどで拭いて、乾かすようにしましょう。

私も、実際、そのように注意するようにしたところ、それ以降はApple Watchを装着している部分の皮膚が赤くなったり、水ぶくれになることは無くなりました。快適に使っています!

Apple Watchのバンドとケースの組み合わせについては、こちらの記事「Apple Watchのバンドとケースの組み合わせはどれが良い?」で紹介しています。

まとめ

Apple Watchは、毎日、長時間手首に装着するものですので、使い方が適切でないと肌にダメージを与えてしまうことがあります。清潔を保ち、適切に装着しましょう!

Apple Watchを使い始めると、思いがけない時に音が鳴ってしまい恥をかくことがあったりします。そんな困った状況にならないように、こちらの記事「Apple Watch 3で恥をかかない使い方の基本!消音など」もご覧ください。

Apple Watchを使いこなすためにこちらの記事「Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ」もご覧ください。

スポンサードリンク


-Apple Watch
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Apple Watch 3 GPSのワークアウトで経路が確認できる

スポンサードリンク Apple Watch Series 3 GPSモデルは、スポーツ、エクササイズなどで身体を動かして健康管理する人には便利なウェアラブルデバイスです。運動時の心拍数・消費カロリ …

Apple Watchの防水ロックとは?解除して排水

スポンサードリンク Apple Watch Series 2および3は、耐水性能を備えており、プールや海などの水深の浅いところで泳ぐ時に装着することもできます。そのため「防水ロック」という仕組みが …

Apple Watchのアラームは振動で起こしてくれる!

スポンサードリンク Apple Watchはやはり便利です。購入した頃は、正直何に役立つのか、どの程度使いこなせるのかよくわからず、「とりあえず消費カロリーと歩数・心拍数が計測できれば良いかな」と …

Apple WatchのSuicaの便利な使い方!

スポンサードリンク 最近はクレジットカードだけでなくSuicaなどのICカードも普及し、キャッシュレスで多くのサービスが利用できるようになってきています。特にICカードは端末にカードをかざすと一瞬 …

Apple Watch 3のバッテリーの持ちを調べてみました!

スポンサードリンク Apple Watchを使っている人を見かけることが多くなりました。私もApple Watch 3が発売されてから、初めて購入しました。これからApple Watchを購入しよ …

最近のコメント