Apple Watchがいる人・いらない人!後悔する前にチェック!

AppleWatch Apple Watch

スマートウォッチの中で一番売れているのがApple Watchです。私も3年以上使い続けていますし、周囲でもApple Watchユーザーをよく見かけるようになりました。

反面、Apple Watchを使っていたのに使うのを止めてしまった人、そもそも最初から興味がない人もいます。

Apple Watchがいる人といらない人について、簡単にまとめてみます。これからApple Watchを買おうかどうか迷っている方は、後悔する前にご覧ください。

スポンサードリンク

Apple Watchがいる人といらない人の違いは?

Apple Watchは、2015年に初代が発売され、2020年のSeries 6まで毎年新型が発売されてきています。世界のスマートウォッチの中ではダントツの人気です。

それでも発売されてからまだ10年も経っていないわけで、必ず必要なものでもありません。実際、世界の人口の何%がApple Watchを使っているのかを考えても、詳しい統計データを見るまでもなく、使っていない人の方が多いです。

価格がそれなりに高いことを考えても、「Apple Watchがいる人」は、「Apple Watchを楽しめる人」と「Apple Watchを使って便利と感じる人」です。どんな使い方ができるのかは、後ほど紹介します。

反対に「Apple Watchがいらない人」は、「Apple Watchを楽しめない人」と「Apple Watchを便利と感じない人」です。具体的にどんなところに不満を感じることが多いのか、同様に後ほど紹介します。

後悔する?Apple Watchがいらない人の不満に感じる点は?

Apple Watchを使ってみて、不満に感じる人が多いのが以下の点です。

デジタル機器的なデザインが好きになれない

これは完全に好みの問題です。

Apple Watchは腕時計の本体の表側に大きく有機ELのディスプレイが配置されていて、ここにいろいろなデザインの文字盤や情報が表示されるのが魅力の1つです。

反面、ディスプレイ画面であるために平面ですし、Appleのデザインらしく、側面部などもシンプルになっていて、ロレックスやオメガなどの高級腕時計が好きな人から見ると、デザインが平面的&シンプル過ぎる印象を受けることもあります。

最近、メルセデス・ベンツの最高級車であるSクラスに、液晶ディスプレイのインパネや有機ELのセンターコンソールが採用されて注目されました。これにしても同様で、伝統的な針が動くスピードメーターなどのアナログで立体的なデザインを好む人もいることは事実です。

毎日バッテリーを充電するのが面倒

Apple Watchは、毎日使用するならば1日1回程度充電する必要があります。これが最大の弱点と言って良いでしょう。

普通の腕時計ならば、バッテリーを新しくすれば1〜2年以上は使えますので、「毎日充電するなんてやってられない!」という人にはおすすめできません。

長時間Apple Watchを装着しているのが嫌

そもそもApple Watchに限らず、腕時計を装着するのが嫌な方もいらっしゃいます。特のApple Watchは長時間着用して、いろいろなデータを取得したり、通知を受けとるなどの機能を利用するものですので、腕につけないのであれば無用の長物となってしまいます。

Apple Watchの機能に魅力を感じない

Apple Watchは本当に多機能なスマートウォッチで、すべての機能を使いこなしている人はいないだろうと思えるほどいろいろなことができます。その中のいくつかの機能だけでも、使いこなせれば十分に便利と感じるでしょう。

しかし、現在のApple Watchの機能を便利と感じなければ、魅力はありません。これは何に使うのかということによりますので、個人差があります。

iPhoneが無いとほとんど使えない

Apple WatchはiPhoneとペアリングして使うように設計されています。購入して最初にセットアップする段階からiPhoneを使用しますので、iPhoneがなければほとんど使えないと考えて良いです。

iPhone以外のAndroidスマホなどを使用している場合は、それらのスマホを連携できるスマートウォッチを選んだ方が良いでしょう。もちろんスマホをiPhoneに変更すれば問題はありません。


スポンサードリンク

Apple Watchがいる人の便利な使い方!

上記でApple Watchの不満に感じる点を紹介しましたが、世界でもっとも売れているスマートウォッチですので、愛用している人も多いです。

「Apple Watchがいる人」の便利な使い方などについて紹介します!

文字盤のデザインを変更して楽しめる

気分に合わせて文字盤のデザインを変更できる点が、Apple Watchの最大の魅力の1つです。有機ELディスプレイの画質も高く、美しいですし、購入後もOSのアップデートなどに合わせて新しいデザインが追加されるのは嬉しいです。

特に暗い場所や、夜の帰り道などでは、有機ELディスプレイの美しさに感動してしまいます。

日々の消費カロリーを計測できる

Apple Watchユーザーの多くの人が活用しているのが消費カロリー、歩数などの運動量に関する計測機能です。運動不足になりがちな生活習慣の人が、健康のために身体を動かすために利用するツールとして活躍しています。

マラソンなどのある程度本格的にスポーツをしている人も利用しています。地図上で走行・歩行した経路を表示して記録することもできますので、人気があります。

心拍数測定・心電図機能などが使える

Apple Watchを使っていて命拾いした事例などが複数報告されています。心臓の状態を計測していて、緊急時にはSOSを発信する機能もあるためです。また転倒時にSOSを発信する機能もあります。

もちろん専用の医療機器ではありませんので、心臓発作を常に発見できるわけではありませんが、心臓の状態をある程度把握できるだけでも価値が高いです。

睡眠時間を計測できる

睡眠時にもApple Watchを着用すれば、睡眠時間が計測できます。以前は、有料のアプリをインストールする必要がありましたが、最新のApple Watchならば標準でインストールされているApple純正アプリで睡眠時間を計測できます。

iPhoneに電話がかかってきた時に通知を受けられる

iPhoneに着信した時に音がならないようにマナーモードで使っている人は多いです。さらにiPhoneをカバンに入れていると、着信しても気が付かないことがあります。

そんな時にApple Watchを装着していれば、通知が来て振動で教えてくれます。もちろんApple Watchで直接通話することもできるので便利です。

アラームで音を出さずに振動で知らせてもらえる

朝、家族よりも早く起きる人は、目覚まし時計の音で他の家族まで起こしてしまうことがあります。そんな時にApple Watchを消音モードにしてアラームを設定すれば、振動だけで知らせてくれます。これは便利です!

Siriで簡単にタイマーや計算ができる

Apple Watchは画面が小さいので、指で操作するのも少々面倒です。慣れてくるとSiriで多くの操作ができます。私も毎日タイマーや計算などに利用しています。

まとめ

Apple Watchがいらない人の不満に感じる点と、いる人の使い方などについて紹介しました。後悔しないように、購入する前にチェックしてみましょう!

Apple Watchの中でSeries 3が最も安くてお買い得です!何ができるのか以下の記事でまとめました!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました