ライフ

テニスの感覚を戻すにはどうすればよい?素振りと予測と反応

投稿日:

テニススクールに週に1回レッスンを受けている中級クラスの人は、仕事などで都合が悪くてレッスンを休んでしまうと次のレッスンまで2週間ありますので、テニスの感覚を忘れてしまうことがあります。テニスの感覚を素早く取り戻して、実力を発揮するにはどうすれば良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

テニスの感覚を戻すにはどうすればよい?

2週間ぶりにテニスをすると感覚を忘れてしまうということを上で書きましたが、実際のところ1週間ぶりでも感覚を忘れてしまい、思い出すまで時間がかかります。テニススクールのレッスンでは、下手をするとレッスンの時間内に感覚を十分に取り戻せずに不完全燃焼のまま終わってしまうこともあります。こうなるとレッスンを受けても上達が難しくなってしまいます。できるだけ早く感覚を取り戻すための方法を自分なりに工夫しておくとテニスを存分に楽しめます。

試合などのプレッシャーがかかる時には、いつもならば簡単に打てるようにボールが打てなかったり、狙ったところに思い通りの回転・スピードのボールが打てなくてストレスが溜まることがあります。前述の素早く感覚を取り戻す方法を習得しておくと、試合中などでも比較的早修正できるようになるでしょう。

具体的な方法としては、コート外やウォーミングアップでやるべきことと、コート内でボールを打ちながらやるべきことの2段階に分けて説明します。

テニスの感覚を戻すには素振りとフットワーク

そもそも練習で磨き上げたテニスの感覚を忘れないようにするには、望ましくは毎日、ストローク、サーブ、ボレーなどのすべてのショットを練習するのが理想的です。しかし、プロテニスプレーヤーやハイレベルのアスリートでない限りはそのようなことはできないでしょう。そこで週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級クラスの人におすすめしたいのは、素振りとフットワークの練習を毎日することです。「毎日は難しい・・・」という方は、週に2~3回だけでも、やらない場合に比べたら格段の違いがあります。何もやらなければ1週間の間隔が空いてしまうので、1回やるだけでもその半分の期間に短縮できます。さらに2~3回となれば間隔を短くできますので効果が大きいです。

もちろん実際にコートに入って長時間ボールを打つことには及びませんが、その代わりに一つ一つの身体の動きを確認するように身体を動かせば、しっかり脳にインプットできます。素振りとフットワークの練習をこれだけやっておけば、コートに入ってボールを打つ時も案外身体が間隔を覚えていてくれるものです。


スポンサードリンク

テニスの感覚を戻すには目と予測と反応

テニスの難しいところは、対人競技であって、相手の動きをよく観察してどこにどのようなボールを打ってくるのかを予測し、実際に打たれたボールをよく見て素早く反応しなければならない点です。ラリーが続けば、これらが素早いテンポで繰り返されますので、一々考えてから実行するということではなく、集中し、無心で行えるようにならなければなりません。これは前述のような単純に自分の動きというだけでなく、目・意識と予測と反応によるものです。

久しぶりにテニスをするとこの感覚を取り戻すのに時間がかかります。まずテニススクールのレッスンなどでは、準備運動をしてから前のクラスのレッスンをよく見て、それに合わせて身体を動かしてみましょう。具体的には、相手の打つところをよく見て、フォアに来るのかバックに来るのかを予測・観察し、来たボールに合わせて素振りをしましょう(*テニススクールで周囲が狭く、他の人の邪魔になりそうならばラケットを持たずにやった方が良いでしょう)。相手が打つ時に「スピン」「スライス」などと頭の中で言ってみるのも良いでしょう。とにかく漫然と相手を見ないで、必死に観察し、予測し、来たボールに反応することが大切です。

実際にコートに入ってボールを打つ段階になったら、相手のボールの落下点とバウンド後の軌道を予測し、しっかり身体を移動させて自分の打点で打つことに集中しましょう。球際ギリギリまでフットワークを使い、ストロークを打つための自分のポジションを決めると時に、後ろ足の位置を決める時にタイミングを取るようにすれば間隔をつかみやすいでしょう。

まとめ

毎日思う存分テニスの練習をできれば良いのですが、多くのテニススクールに通う中級レベルの人には難しいことです。そのためレッスンの度にテニスの感覚を思い出すために時間がかかってしまうと思いますので、素早くテニスの感覚を取り戻す方法について紹介しました。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

病み上がりでテニススクールに行く時は体力の低下に注意

スポンサードリンク 人間であれば誰でも病気になります。病気になることは防ぎようがなく、恥じるべきことでもありません。特にインフルエンザのようにシーズンによっては1,000万人以上も発症するような病 …

気温とアスファルトの温度の関係は?最高気温よりずっと暑い?

スポンサードリンク 2018年7月23日に埼玉県熊谷市の観測点において、最高気温41.1℃を記録しました。この時点で観測史上国内最高の気温で、5年ぶりに更新されました。気温が40℃を超える猛暑です …

洗濯を楽にする方法!毎日のことなので積み重なると大きい!

スポンサードリンク 日常の家事は、よく考えると多くの時間と労力を使っています。それだけに少しだけでも時間を短縮したり、省力化できると、積み重なると膨大な時間と労力の節約になります。 以下に洗濯に関 …

熱中症対策としてのエアコンの設定温度は?正しい使い方はこれだ!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しく、毎年多くの人が熱中症で搬送されます。実は熱中症で搬送される人が出てくるのは真夏だけではありません。気温が上がり始める4月にも、まだ身体が暑さに慣れていな …

冬の節電・省エネ エアコン・カーテン・ウォシュレット

日本では、東日本大震災以降、節電の意識が高まり、多くの人の努力で着実に消費電力量が減っています。またエコカーの普及に象徴されるように、電気だけでなく、ガソリン・軽油などのその他のエネルギーについても省 …

最近のコメント