テニス

テニス上級者への道!フォアハンドストロークを武器にする!

投稿日:

テニスの中級者から上級者になるためには、著しく苦手・ほとんど打てないようなショットは無くし、一通りのショットを打てるようにならなければなりません。さらに上級者ならば、得意なショットを武器にしたいです。多くの人にとって、それはフォアハンドストロークです。以下に紹介します。

スポンサードリンク

テニス上級者への道!フォアハンドストロークを武器にする!

テニスのいくつかのショットの中で、フォアハンドストロークを得意としている人が多いです。そのためフォアハンドストロークは、その人にとってもっともスピードのあるボールを打てることが多く、最初はドライブ系のショットを打ちます。中級者でほとんどの場合、ドライブ系のフォアハンドを打つのであれば、少し成長が鈍っている可能性があります。上級になるためには、トップスピンなどの回転量の多いボール、回転量とスピードを適度にコントロールしたボールを習得して、コース・長さを狙って打てるようにしなければなりません。

さらに短く、甘いチャンスボールが来た時に、前に詰めてフォアハンドストロークで打ち込むことも必要です。前に詰めて打つので、バックアウトしないようにしっかり回転をかけて長さをコントロールをしなければなりません。

つまり、フォアハンドのスピンの回転量のコントロールが上級になるためには必須です。またどのような場面にどのようなボールを打つべきなのかを理解し、狙って打てるようになりましょう。それが「武器にする」ということです。

上級のフォアハンド!ダブルスでは相手の足元にスピンで沈める

ダブルスでは、雁行陣でベースライン付近から打つ時に、フォアハンドストロークで打つ場面がよくあります。クロス方向に打つのであれば、ベースライン深くまで打つ必要はなく、サービスライン付近にバウンドするようなボールが求められます。相手前衛にポーチされないコースとスピードが必要ですが、それほど速いボールを打つよりは、そこそこのスピードでアプローチショットとした方が良いことが多いです。スピードを抑えた方が自分が前に詰める時間を作れるからです。

こんな時に便利なのがスピン系のボールで、ネット上はギリギリではなくある程度上を通し、ネットを越えてから急激に落下して足元に沈められるからです。相手が前に詰めてきている時も、しっかりスピンをかける技術があればチャンスボールにならないように、相手にネットより低い高さで打たせることができます。これはストレート方向に打つ時も同様で、相手が極端に前に詰めていなければ足下に沈められるでしょう。

相手前衛が前に詰めている時には、相手のバック側にロブを上げるショットも有効です。これもクロス方向に打つような構えから、スピンをかけてロブを打てればギリギリまで相手に気づかれ難いですし、スピン回転のかかったロブを相手がバックハンド側でスマッシュするのも難しく、甘いボールが返ってくる確率も高くなります。さらにスピンがかかっていればバックアウトする確率も低くなるでしょう。

フォアハンドはスピンの回転量のコントロールで、沈めることができますので、ダブルスでは大きな武器になります。


スポンサードリンク

上級のフォアハンド!シングルスでは深く安定して打つ

上級者は、シングルスの試合でまずフォアハンドでループボールを相手コートベースライン深くに打てなければなりません。バウンド後にも高く跳ね上がれば、相手は後ろに止められ、打ち込んでくることができません。基本は相手コートのセンター付近に打つことですが、それができればバックハンド側に高くバウンドするボールを打ちましょう。バックハンド高い打点が得意でない相手ならば、甘いボールが返ってくることが多く、それを再度相手のバック側か、角度をつけてフォア側に打ち込んでいきましょう。

その時にフォアハンドで逆クロス方向(相手のバック方向)に打つ技術、ギリギリまでコースがわからないようにしてクロス方向に打つ技術、ショートクロスに打つ技術を習得したいです。いずれもスピンの回転量とスピードのコントロールが重要です。またドロップショットも上手く混ぜたいですね。

シングルスでは、相手も得意なフォアハンドを当然のことながら打ってきます。かなり速いボールであることもありますので、それをフォアハンドストロークで安定して深く返すことも、ゲームを作るという点では重要です。中級者でフォアハンドストロークでドライブ系のショットを中心に打っている人は、スピードボールを打ち返す時にドライブ系のショットで同じようにスピードボールで打ち返そうとしてしまいがちです。十分に準備ができて、タイミングが合えば打てなくはないのですが、少しでもタイミング遅れて食い込まれるとネットやバックアウトしたり、相手のチャンスボールになってしまうことが多いです。

普段からスピン系のショットを磨き、スピードボールもある程度スピンをかけて打つ練習をしましょう。スピンをかけるということは、スピードボールを後ろから前に押すような打ち方ではなく、スイング方向とボールの飛ぶ方向にズレが有り、バックアウトせずにコートに収められる確率が高くなります。またスピンをかけることで軌道が高くなり、ネットする確率が下がります。バウンドも高くなりますので、相手も攻め込みにくくなり、ラリーを続けるには身につけたい打ち方です。

まとめ

テニスの上級者になるために「フォアハンドを武器にする」をテーマとして解説しました。単純にスピードを出すだけが重要ではなく、安定性を確保しながら、相手が打ち難いところへ打つことが重要です。そのためにはスピンの回転量のコントロールとスピードのコントロールが重要です。またスピードのあるボールをドライブで強く打ち返すことは難易度が高いので、上手くスピンをかけて打ち返せるようにしたいです。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのダブルスでバックのスライスでも相手のポーチを防ぐには?

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルでも、安定して威力のあるバックハンドを打てる人はかなり少ないです。まずは相手コートに返球することが必要ですので、特に片手バックハンドの人はスライスで返 …

テニスのフットワークを鍛える方法!中級レベルからできる

スポンサードリンク テニスでは相手が打ってきたボールを追いかけて打ち返し、相手コートに入れなければなりません。トッププロの試合を見ていると、強烈なショットを打たれても、コースを読んで素早いフットワ …

テニススクールの中級からレベルアップするために体力アップ!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人は、レッスンを受ける程度の体力はあると思いますが、一般的にはさらに上のレベルを目指すためには不十分なことが多いように思 …

テニスのダブルスで勝つための戦術と練習!苦手な人は必見

スポンサードリンク テニスのダブルスの試合で、スピードボールをバンバン打つ試合経験の少ない若い人が、試合経験豊富な中年ぐらいの女性にあっさり負けるということは珍しくありません。体力的には若い人の方 …

テニススクールで上達する方法!まとめ!上手くなりたい人必見

スポンサードリンク テニスは生涯スポーツです。プロやハイレベルのアスリートではなくても、自分なりのペースで長く楽しみたいですね。週に1回テニススクールでテニスするということも、その良い方法です。せ …

最近のコメント