テニス

テニススクールで上達する方法!まとめ!上手くなりたい人必見

投稿日:

テニスは生涯スポーツです。プロやハイレベルのアスリートではなくても、自分なりのペースで長く楽しみたいですね。週に1回テニススクールでテニスするということも、その良い方法です。せっかくならばテニススクールで上達したくは無いでしょうか?その方法についてまとめました。

スポンサードリンク

テニススクールで上達しない理由と上達が早くなる練習方法

週に1回のテニススクールでのレッスンでは上達しないという意見もあります。その根拠は「圧倒的に練習時間が少ないから」「プロやトップアスリートなどに比べてモチベーションが低いから」などいろいろと言われています。しかし、週に1回のレッスンでプロを目指している人はいないでしょうから、比較対象として適当ではないでしょう。練習量が少ないことは確かですが、プロではありませんので、長く続けるには限度がありますし、週に1回でも上達しないというわけではありません。工夫次第では上達できます。その方法としては、まずインターネットなどを活用して、テニスの各ショットの打ち方について正しい知識を獲得しましょう。頭で理解してから身体を動かして覚え込ませるようにした方が効率良く技術を習得できます。またテニス大会などに出て試合をしてみることも効果があります。プロではありませんので、試合で負けても失うものはありませんが、負けると「勝ちたい!」という意欲が湧いてくるでしょう。そしてそのために何を練習すべきか理解できます。以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:テニススクールで上達しない理由と上達が早くなる練習方法

テニススクールの中級にも効果がある見て上達する方法

テニススクールで週に1回レッスンを受けている人は、圧倒的に練習量が少ないため、練習時間を増やせば間違いなく上達するでしょう。しかし、時間的にも費用的にもレッスンの回数を増やすことは難しいですね。そこでテニスコートの上で受けるレッスン以外に、テニスコート外でもできる上達方法を紹介したいと思います。その中の一つが「見て上達する方法」です。例えばトッププロのテニスの試合などはYouTubeなどでも簡単に観ることができます。トッププロと同じようなスーパーショットを真似するのはほとんど無理ですが、テニススクール生でも参考になる部分は多数あります。例えば、試合中にどれぐらいフットワークを使って動き回っているのか、どのようなテンポで動いているのかなどを知るだけでも、「自分でももっと動けるはず!」と気がつくと思います。また同じテニススクールの初級から上級までのどのクラスを見ても参考になります。自分が中級ならば、初級のレッスンを見ると「もっと早くテイクバックした方が良い」などと修正すべき点にすぐに気がつくでしょう。自分よりもレベルの高い人に自分のテニスを見てもらったら、同様に未熟なところがすぐにわかるということです。上級クラスのレッスンならば、「必ずスプリットステップしている」などと、自分がしっかりできていないような基本をしっかり抑えていることがわかるでしょう。特に現在自分が悩んでいる技術的なポイントにフォーカスして見てみれば、見るだけで学べる点が多数あるはずです。以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:テニススクールの中級にも効果がある見て上達する方法


スポンサードリンク

テニススクールで週1でも上達する習慣はこれ!

テニススクールで週1回レッスンを受けている人は、ほとんどの人がコートで練習できる時間が限られています。したがって、コート外でできる努力をすることで、上達のスピードを速くすることができます。その1つが上達するための習慣をつけること。具体的には(1)練習後にその内容を振り返り、ノートにまとめること、(2)練習前に目標を立て、目標を意識しながら練習を行うことです。これはテニスに限らず、一流のスポーツ選手ならばほとんどの人がやっていることですので、その効果は実証済みです。私も実践してみて効果を確認しました。振り返りをして課題を見出し、その解決方法を明らかにして、それを目標に設定して練習するわけですので、効果があった当たり前ですね。これを習慣化することが大切です。以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:テニススクールで週1でも上達する習慣はこれ!

テニススクールの中級から上達するためにプロのマネは効果ある?

テニスのプロの連続写真や動画を見て、週に1回テニススクールでレッスンを受けるだけで、プロのショット・動きを完全にコピーすることはできないでしょう。プロの練習量を見ても、体力的で大きな差があることがわかりますし、打ち込んできたボールの数も桁違いですので。しかし、それは中級レベルの人が上達するために参考にならないということではありません。真似をすると言っても「真似のレベル」というものがあります。プロの良い所を少しでも真似できれば、上達に役立つでしょう。またある動きを見て、その動きをコピーするということが、自分のイメージ通りに身体を動かすという点で良い練習になります。私の知り合いでシンクロナイズドスイミングをしている人がいますが、ご存知の通りシンクロでは音楽には指先まで気を配ってポーズを決める練習をしています。そのためその人が初めてテニスをしたところを見ていたのですが、上級者のフォームを真似して、数時間程度でかなりラリーができるところまでできてしまった驚いたことがあります。イメージを見て頭にインプットし、その通りに身体を動かしてみるということは必ず役に立つでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニススクールの中級から上達するためにプロのマネは効果ある?

テニスの動画を見て練習する方法!誰でも上達できる!

週に1回テニススクールでレッスンを受けている人が上達するには、テニスコートで練習できる時間以外の時間にどのように工夫して練習するかで大きな違いが出ます。別の記事でも「見て上達する方法」について紹介しましたが、YouTubeなどで見ることができるテニス動画を見て上達する方法について紹介します。まず真似をしたいトッププロの良い動画を探しましょう。できるだけ練習したいショットを絞って検索すると良いでしょう。試合の動画と練習の動画がありますが、打ち方を学ぶためには練習動画の方が繰り返し無理の無いフォームで打っていますので良いでしょう。動画には通常のスピードのものとスローモーションのものがあります。スローモーションの方が動きを正確にチェックできますが、動きのリズムがわかりにくいので通常のスピードの動画も見るようにしましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニスの動画を見て練習する方法!誰でも上達できる!

テニスで中級から上達する方法!上級への道

テニススクールで中級クラスから上級クラスに昇格するにはどうすれば良いのでしょうか?まずサーブ、ストローク、ボレーなどのすべてのショットを上級レベルで打てるようにしなければなりません。またそれらを使いこなせるだけの基礎体力も必要です。基本的には練習時間を増やすことがもっとも効果がありますが、テニススクールでレッスンを受けられるのが週に1回であるとすると、それ以外の時間にどのようなことをするかで差がつきます。具体的には、(1)毎日テニス動画あるいはテニスの雑誌の連続写真などを見る、(2)毎日素振り&フットワークの練習をする、といった方法がおすすめです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニスで中級から上達する方法!上級への道

テニススクールの中級が上達するためには伸びしろ知る!

テニススクールの中級レベルの人は、コーチやプロから見れば未完成のプレーヤーで、弱点だらけです。習得すべきテクニックがたくさんあることを少し見ただけですぐにわかります。中級レベルの人は、この事実を「伸びしろがたくさんある!」と受け止めましょう。まずやるべきことは、どのようなショットが打てるのか確認しましょう。例えば、中級ならばフォアハンドストローク、バックハンドストロークでスピンとスライスを練習するでしょう。まずは打てるのか打てないのか、打てるならばさらに高い打点、低い打点などの打点の高さによって分けたり、回転量やスピード、長さなどによって細かく分析すると良いでしょう。そうすれば、自分が次に習得したいショットがより具体的で明確になり、例えば「甘いボールを前に詰めて高い打点からフォアハンドで打ち込めるようになりたい」などのように目標を立てやすくなります。やりたいことが明確になれば、方法を調べられますし、練習によって習得できる可能性が高くなります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニススクールの中級が上達するためには伸びしろ知る!

テニススクールで上達しない人のための上達方法は?

週に1回テニススクールでレッスンを受けている中級レベルの人で、何年もレッスンを受けているのに「上達しない」と悩んでいる人は多いです。そんな人の参考になればと思い、このブログではいろいろな上達法を紹介しています。ここでは比較的簡単で、誰にでも効果がありそうな上達法を紹介します。スクールの中級レベルの人は、圧倒的に練習量が少ないため、上達が難しいです。それは「練習量を増やせば上達できる」ということでもあります。これは誰が考えても王道ですね。そのためもっとも効果が得られる可能性が高い方法は、週に1コマのレッスンから2コマに増やすことです。しかし、社会人の場合、週に2回テニススクールに行くことは難しい方も多いでしょう。そこでおすすめなのが2コマ連続でレッスンを受けることです。スクールによっては2コマ目が割引になることもあります。スクールのレッスンを受けるには、当然のことながらスクールに行って着替え、準備運動をしてからレッスンを受け、終わった後に着替えて帰宅します。週に2回スクールに行くと、コート上でのレッスン以外の部分も2回やらなければならないことに比べ、2コマ連続ならばレッスン時間だけが2倍になってその他は変わりません。つまり、時間を効率よく使えることがわかります。また週に1回では、レッスンの最初はボールに目を慣らし、身体が動きを思い出すまでにある程度の時間を使ってしまいます。2コマならば、2コマ目は最初から身体も目も良い状態で練習できますので、練習の質も上がり、技術の習得に役立ちます。練習テーマを定めてレッスンを計画的に実施しているスクールならば、同じ日の同じ中級レベルならば、コーチは違っても練習テーマが同じことが多いです。1コマのレッスンの中で例えばトップスピンの練習をするとしても実質的に打てる球数は限られています。2コマ連続ならばおおよそ2倍の球数を打てるので、習得しやすくなります。また同じ技術を別々のコーチから微妙に異なる教え方で習うと、どちらかの方が自分に受け入れやすいこともよくあります。さらに2コマ連続でレッスンを受けることで、体力的には間違いなく強化されます。このようにいろいろなメリットがある2コマ連続のレッスン受講をおすすめしたいです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニススクールで上達しない人のための上達方法は?

テニススクールで上達するためには自分で打ち方を学ぶ!

テニススクールでは、もちろんコーチからテニスのレッスンを受けることができます。しかし、中級レベルのクラスでは、通常は1クラスに12〜15人程度のスクール生が居て、限られたレッスン時間の中で自分自身が受けられるレッスンの時間・球数は限られています。通常は、それぞれのレッスンの時にコーチが模範を数球打って見せて、「はい、このように打って下さい!」といったやり方で行われるでしょう。しかし、テニスというものは奥が深く、例えばフォアハンドストロークのトップスピンの打ち方でも、数球見本を見せてもらったからと言ってすぐに理解できるものでもないでしょう。やはり、自分でテニス動画を見たり、テニス雑誌の連続写真&解説を読んで理解するなどして、自分の頭にインプットすることが必要です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニススクールで上達するためには自分で打ち方を学ぶ!

テニスの中級から上達するために予測を磨く!パターン練習も!

テニススクールで練習をしている中級者が上達しないと悩んでしまう原因の1つに、練習パターンに慣れて無意識のうちに練習を効率良くこなす動きになってしまうことがあります。練習では、次のおおよそどの辺りにどのようなボールが来るかわかりますので、そのような構えと動きになってしまうということです。このことは、試合あるいは試合形式の練習をしてみると痛感します。試合では相手が次にどこへどのようなボールを打つのかわかりません。そのため相手の打つタイミングに合わせてスプリットステップをして、どの方向へも動き出せるようにしなければなりません。そしてより対応力を向上させるためには「予測」必要なのです。予測が百発百中ということはありませんが、ボールが実際に自分の所へ来る前に少しでも何らかのことを予測できれば、上手く対応できるようになります。試合であれば、どこへ打ったら相手がどこへ打ち返してくるのかおおよそパターンがあるはずです。試合の序盤から観察することで予測の精度が上がります。また相手のスイングを見ていれば、スピンなのかスライスなのかわかるでしょう。そうすればバウンドする前にバウンド後の軌道がおおよそ予測できるはずです。以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:テニスの中級から上達するために予測を磨く!パターン練習も!

テニススクールの中級から攻撃パターンを覚えて上達する

テニススクールの中級レベルの人は、それぞれのショットの練習では良いボールを打てているのに、試合や試合形式の練習になるとどこにどのようなボールを打てば良いのかよくわからず、負けてしまうことが多いです。そのような人は、テニスには定石となる攻撃パターンがあること、それを実践するためにどのようなショットをどこへ打てばよいのかを理解することで、ほぼ間違いなくレベルアップできます。良いショットを打つというよりは、ボールをコントロールして、有利に試合を進めるために打つという意識に修正することが重要です。そしてその攻撃パターンに持ち込むために、第一打をミスしないことが大切です。中級レベルではアンフォーストエラーが多く、4回相手コートに返球できれば相手が先にミスしてくれる確率が高いからです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニススクールの中級から攻撃パターンを覚えて上達する

テニススクールの中級から着実にレベルアップする方法

テニススクールの中級の人で、最近の1年間に客観的に自分が上達した点を言えないようであれば、上達が止まっている可能性が高いです。どうすれば着実に上達して上級を目指せるのでしょうか?テニススクールでは通常はレベル分けされており、それぞれのレベルで習得すべきポイントがあります。つまり、それらを習得しないと上級へ上げてもらえないわけです。もちろんそれらのポイントを習得できるように練習メニューが作られています。したがって、毎回のレッスン前に練習メニューを確認し、テニス動画などを見て予習すること、レッスン後に自分ができていないことを振り返って確認しておくことが大切です。しっかり練習してこれらを習得していることをコーチに見せれば、上級へ昇格する日も近くなるでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニススクールの中級から着実にレベルアップする方法

テニススクールで上級クラスに昇格するためには?

テニススクールの中級レベルの人ならば、誰でも上級レベルになれるのでしょうか?週に1回テニススクールで何年かレッスンを受けていて、現在中級レベルの社会人が、その練習量のままプロを目指すということはまず無理でしょう。プロは膨大な練習を積んできてプロになっていますので、それと同等の練習をせずに同じレベルのプレイをすることはほぼ不可能です。しかし、テニスは生涯スポーツですので、アマチュアとして目指せるレベルとして、テニススクールの上級クラスは十分に狙える範囲内です。つまり、上級クラスと言ってもそれが最高峰ではなく、スクールによってはトーナメントクラスなどのさらに上のクラスが存在するからです。中級レベルと上級レベルの技術的な差を理解し、上級にふさわしい技術を習得する必要があります。それから案外見落とされやすいのがスプリットステップです。上級者はほぼ全員スプリットステップをやっていますが、中級者はできていない人が多いです。この差がすべてのショットに影響してきます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:テニススクールで上級クラスに昇格するためには?

まとめ

テニススクールで上達するための方法についてまとめました。中級レベルの人は「伸びしろ一杯」です。何か1つでも習得できれば確実に上達できます。一歩一歩成長していきましょう!

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのスランプ脱出法!中級者向け!実証済みの方法です!

スポンサードリンク テニスをやっていれば、誰でも調子の良い時と悪い時があります。しかし、調子の悪い時が続くようであれば、それはスランプなのかもしれません。スランプの脱出法とそもそもスランプにならな …

テニスのボレーで速い球への対処方法は?予測・準備が重要

スポンサードリンク テニスのレベルが上ってくると、相手もスピードのあるボールを打つようになってきます。ボレーの基本練習では、それほど速くない球でしっかり練習していても、スピードボールが飛んで来ると …

テニスのリターンの打ち方!中級レベルのための勝つ方法

スポンサードリンク 週に1回テニススクールに通ってレッスンを受けている中級レベルの人は、本格的にテニスをやっている人に比べると圧倒的に練習時間が少なく、上級に上がるためには練習不足です。コートで練 …

テニスシューズはオールコートを選べば良いの?アシックスは?

スポンサードリンク テニスをするためにテニスコートに入る時には、テニスシューズを履かなければなりません。テニスは「足ニス」と言われるぐらいフットワークが大切で、テニスコートのサーフェイスに適したテ …

テニスのダブルスでボレーはコースを狙う!ワイドとセンター!

スポンサードリンク 週に1回テニススクールの中級でレッスンを受けていると、何となくナイスショットを打つことに意識が行ってしまい、試合に勝つためのショットの打ち方・組み立ての練習がおろそかになってし …

最近のコメント