テニス

テニスのダブルスでバックハンドのリターンがポーチされる!

投稿日:2019年7月28日 更新日:

テニスの中級者で、バックハンドでスピン系のリターンが上手く打てず、基本的にスライスでリターンを打っている場合、相手前衛のポーチに捕まってしまうことがよくあります。これが何度も繰り返されると、自分のバックハンドのリターンが通用しないと考えてしまうこともあるでしょう。そんな場合の対処方法を紹介します。

スポンサードリンク

テニスのダブルスでバックハンドのリターンがポーチされる!

ダブルスの前衛がポーチをしようとする時は、届きそうなコース・間に合いそうなスピードのショットを狙います。ポーチに出るタイミングは、相手が打ってからでは遅いので、相手が打つ少し前にスタートを切らなければなりません。ポーチできるかどうかの判断は、相手後衛が打つ直前から相手を観察することにより行います。

具体的に言うと、まず相手がネットよりも低い打点で打つ時が狙い所です。ネットを越えさせるためには必ず下から上に持ち上げなければならず、ネット上で浮いてくることがあるためです。次に相手が強いスピンをかけて来ない時です。強いスピン回転がかかっているとネット通過後に急激に落ちますので、ポーチに出ても低い位置で打たなければならないケースが多くなり、逆に相手からオープンコートに打たれることがあります。さらに相手のリターンのスピードがそれほど速くない時です。ボールが遅いほどポーチで捉えられる可能性が高くなるためです。

以上のことを理解した上でバックハンドのリターンを考えてみましょう。まずバックハンドのリターンで強いスピンが打てず、スライスで打つのであれば、それほどスピードは速くないですし、ネット通過後に強い回転で沈むということもありません。さらにネットしないように少し高めのところを通してくれば、非常にポーチしやすいボールになることが多いわけです。つまり、前衛は、相手がバックハンドのスライスで、ネットより低い打点でリターンすると分かった時点でポーチしてくる可能性が高くなります。

特に、ポーチが成功したにもかかわらず、同じようなコースに同じようなスライスをリターンを続けていると、繰り返し狙われます。こうなってしまうとリターンするのも嫌になってしまいますね。相手前衛がポーチし難くなるような対処方法を試してみましょう。

バックハンドリターンのコースを増やす

バックハンドがスライスリターンしか打てない場合でも、比較的簡単に実行できる対処方法は、リターンのコースを増やすことです。基本となるクロスへのリターンに加えて、ストレートロブとストレートを打てるようにしましょう。

ストレートロブは、あまりベースラインギリギリを狙わない方が良いです。特にスピードのあるサービスをリターンする場合などは、ロブのコントロールは案外難しいものです。サービスラインとベースラインの間ぐらいに落ちれば十分です。高さは前衛を越えられる程度の高さが欲しいですが、相手前衛が下がって、ハイボレーしてくるような状況になっても良いでしょう。完全にロブで抜かなくても、相手が難しい状況で打つようにさせられれば十分です。

ストレートも、相手を抜けなくて良いです。ギリギリを狙わず、シングルスコートの内側に浮かさずに打てれば十分です。その代わり、ネットやアウトなどのリターンミスをしないように丁寧に打ちましょう。

これらのショットを、試合の早い段階で見せておけば、相手も簡単にポーチできなくなります。


スポンサードリンク

バックハンドリターンでクロスコートへ通す

前述のように、バックハンドのリターンをストレートロブやストレートに打てることを見せておけば、最初からほとんどコートの真ん中に立ちふさがるような極端なポーチはできなくなるでしょう。そうなると、クロスコートでもリターンを通せるコースが確保できてきます。

ダブルスのリターンでは深く返す必要はありません。サービスライン付近の深さで大丈夫です。サービスライン付近の深さを意識すれば、長過ぎてアウトになるリスクは下がります。そうするとポーチが届きにくいより角度のあるコースを狙いやすくなるでしょう。

さらにポーチされにくくするには、できるだけ前でリターンして、相手コートへ返るタイミングを早くすることです。この時にスイングスピードを上げてスピードボールを打とうとするとアウトしやすくなるので、あくまでもリターンするタイミングを早くすることが重要です。

ダブルスの試合において、完全にポーチを防ぐことは難しいです。どうしてもポーチをかわせないと感じたら、スライスで遅いボールを低く打つのも次善の策として使えるでしょう。スピードが遅いので、浮かさずにネットを越えられれば、その後にボールが落ちて相手の打点は低くなります。またスピードが遅いので、しっかりボレーしないとボレーのスピーどは上がりませんので、案外決め難くなるからです。

まとめ

テニスのダブルスでバックハンドのリターンがポーチされる場合の対処方法について紹介しました。少しずつスキルアップして、できることを増やしていけば、様々な状況に対処できるようになるでしょう。

テニスのダブルスで試合に勝つための方法については、こちらの記事「テニスのダブルスで勝つための戦術と練習!苦手な人は必見」でまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク


-テニス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テニスのストロークを安定させるには?中級からの必須技術

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルのクラスでは、フォアハンドストロークとバックハンドストロークのトップスピンやスライスの打ち方を練習し、レベルアップして上級を目指します。フラットドライ …

テニススクールの中級が上達するためには伸びしろ知る!

スポンサードリンク 週に1回のテニススクールのレッスンを受ける中級レベルの人は、もっともっと上達できます。しかし、限られた練習時間で早くレベルアップするためには工夫が必要です。このブログでも具体的 …

テニスのショートラリーのやり方!苦手な人は必見!

スポンサードリンク テニススクールのレッスンの最初に、ショートラリーから始めることが多いようです。ウォーミングアップの意味があることは十分理解していますが、正直なところ苦手だったので、ボレストやベ …

テニススクールで週1でも上達する習慣はこれ!

スポンサードリンク テニススクールで週1回レッスンを受けるだけでも、テニスは楽しめます。学生の頃に本格的にやっていなくても、初心者からレベルに応じて楽しめますし、何年も通っているとそれなりに上達す …

テニスのフォアハンドで相手のスライスを下がらずに打つ方法

スポンサードリンク テニススクールの中級では、ダブルスの試合を想定したショットの練習をします。ダブルスでは、相手のベースライン深くまで伸びてきたスライスを、下がらずにライジングで打ち返すショットを …

最近のコメント